人気機種を緊急値下げ!限定SALE開催中
スマツー ロゴ

エイスース

エイスースのニュース

2019年03月08日
ASUS JAPAN株式会社

連続待受時間約35日間の驚異的なスタミナを実現したSIMフリースマートフォン「ZenFone Max (M2)シリーズ」を発表

ASUS JAPAN株式会社は、最長約35日間の連続待受時間を実現した、驚異的なスタミナを備えるSIMフリースマートフォンZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)とZenFone Max(M2) (ZB633KL)、合わせてZenFone Max (M2)シリーズの2製品、専用ケースの「ZenFone Max(M2) (ZB633KL) Clear Soft Bumper」を発表いたしました。3製品共に2019年3月15日(金)より販売を開始する予定です。

ZenFone Max (M2)シリーズの最大の特徴は、大容量バッテリーと共にZenFone Maxシリーズで初搭載のAIカメラ※1で、撮影モードを自動選択するAIシーン分析機能や、ほぼフレームレスのオールスクリーンディスプレイに、ゲームなどでも性能の不足を感じさせないオクタコアCPUの搭載など、バランスのとれたスペックや便利な搭載機能も大きな特徴となっています。

発表製品の主な特徴
驚異的なバッテリー持ちを実現した大容量バッテリー
スマートフォンとしては最大クラスの大容量バッテリーを搭載し、驚異的なバッテリー駆動時間を実現しました。上位モデルのZenFone Max Pro (M2)では、5,000mAhのバッテリーで最長約35日間の連続待受と最長約23時間(Wi-Fi通信時)の連続Webブラウジングが可能です。また、スタンダードモデルのZenFone Max (M2)は4,000mAhのバッテリーで、最長約33日間の連続待受と最長約22時間(Wi-Fi通信時)の連続Webブラウジングが可能となっています。さらに、内蔵バッテリーをモバイルバッテリーとして使用できる、便利なリバースチャージ機能を搭載しました。この機能を使えば、ほかのスマートフォンやBluetoothイヤホンなど、USB給電に対応した機器を充電することができます。
ZenFone Max (M2)シリーズなら、バッテリー切れの心配をすることなく思い切りスマートフォンを使うことができます。

誰でも簡単に本格的な写真を撮影できるAIカメラ
ZenFone Max (M2)シリーズは、カメラ機能もとても高性能です。AI※1によるシーン分析機能を搭載しており、ピープルモードやフードモードやフラワーモードといった13種類の撮影モードから、被写体に最適なモードを自動で選んで撮影してくれます。めんどうな操作や設定は必要なく、被写体にレンズを向けて撮影するだけで、驚くほど綺麗な写真を簡単に撮影することができます。また、アウトカメラには深度測定用のレンズとのデュアルカメラを備えており、簡単にボケ感のあるポートレート写真を撮影することができます。

高性能なオクタコアCPUの搭載で軽快な動作を実現
ZenFone Max (M2)シリーズは、2製品共に高速なオクタコアCPUを搭載しており、軽快な動作を実現しています。ZenFone Max Pro (M2)が搭載するミドルハイクラスのQualcomm® Snapdragon™ 660はグラフィックス性能が高く、ゲームでの使用も快適です。ZenFone Max (M2)が搭載するミドルクラスのQualcomm® Snapdragon™ 632はコストパフォーマンスが高く、日常で使用するさまざまなアプリを快適に動作させることができます。どちらの製品も4GBのメインメモリを搭載し、メモリ不足に悩まされることもありません。

先進的でスタイリッシュなオールスクリーンディスプレイ
本体の表側は、カメラ部分と下のフレーム部分以外がすべて液晶ディスプレイになっている、とても先進的かつスタイリッシュで高級感もあります。画面占有率はZenFone Max Pro(M2)は90%、ZenFone Max(M2)で 88%、とフレームがほとんどないので本体サイズは画面サイズそのものに近く、大変コンパクトです。上位モデルのZenFone Max Pro (M2)には、平均で1mの高さから粗い表面に連続して15回落としても破損を免れる最新のCorning® Gorilla® Glass 6を使用しており、デザイン性だけでなく堅牢さも併せ持っています。

輝く美しさとシンプルな美しさ
上位モデルのZenFone Max Pro (M2)には、どの角度から見ても美しい光の反射を生み出す、光沢のある16層のレイヤーコーティング(16 Wave finish)を施してあり、常に美しく輝く背面デザインとなっています。一方、スタンダードモデルのZenFone Max (M2)は、上質感のあるマットな表面処理を施してあり、シンプルで高級感のあるデザインに仕上げてあります。

DSDVとmicroSDのトリプルスロットで使い勝手をさらにアップ
DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)に対応しているので、2枚のSIMを挿して1台のスマートフォンで2つの電話番号や4G通信の同時待ち受けが可能です。仕事用の電話番号とプライベート用の電話番号を1台で使用したり、通話用のSIMとデータ通信用のSIMを1台で使い分けたりなど、より便利にスマートフォンを活用できます。さらに、2TBの容量まで対応可能のmicroSDカードスロットを搭載しているので、市販のmicroSDカードでストレージの拡張を行うことができます。

指紋認証と顔認証でいつでもどんなときでも素早くロックを解除
本体のロック解除は、指紋認証と顔認証のどちらにも対応しており、状況に応じてどちらでも解除できます。たとえば手袋をしているときには顔認証を使い、暗い場所では指紋認証を使うといった、その場に適した認証方法でロックの解除を行うことができます。

※1 ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)のAIカメラを使用するためには、最新FOTAへのアップデートが必要になります。