日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

AirDropの使い方!相手が表示されないときの対処法・設定

iPhone

  更新日:2020.08.31 

iPhone Air drop

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

AirDropを使えば、Wi-Fi環境がない場所でもギガ数を消費せずにiPhone同士で写真、位置情報、URLといった、さまざまなデータの送受信(共有)ができます。GB単位の大きなデータでもサクサク送れるので機種変更の際、新しい端末へ写真を移すのに便利です。

過去に「AirDropで見知らぬ人に画像を送る」「電車内でのAirDrop迷惑行為」というニュースをやっていたので、名前だけは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。本記事では、AirDropの使い方について紹介します。使い方を覚えれば、とっても便利なのでぜひマスターしてください。

  • Apple製品同士ならGB数を食わずデータの共有が可能
  • 写真・位置情報・音楽など送れるデータはさまざま
  • 音楽は1つずつしか送れない

AirDropとは

iPhone
AirDrop(エアドロップ)とは、iPhone・Mac・iPadといったApple製品専用のサービスです。近くにいるデバイス同士でデータを共有できるため、相手の連絡先がわからなくても共有が可能になります。

デバイス同士を直接繋げるため、高速なデータ転送が実現します。大きなファイルデータを送る際は、特に重宝するサービスです。

Androidでは使用できませんが、Androidビームという類似サービスがあります。

AirDropで送受信できるデータ

AirDropで送受信できるデータは、ざっと以下のようなものがあります。

  • 写真や動画
  • 連絡先
  • メモ
  • SafariのURL
  • マップの場所
  • iTunesStoreの曲や映画
  • AppStoreのアプリ
  • ボイスメモ

こうしてみると、ほぼ全てのデータを送受信できることがわかります。

特に音楽をパソコンなしで転送できるのは嬉しいところ。自宅にパソコンがない人でもAirDropを使ってiPadなどに共有できます。

ただしAirDropは1曲ずつしか転送できないため、複数共有したい場合は何度も作業する必要があります。

AirDropの対応機種

AirDropはApple製品のみに対応しています。iPhone・iPad・Macどれでも使えますが、前提条件としてiPhoneとiPad端末はiOS7以上、MacはOS X Lion (10.7) 以上である必要があります。

■iOS7以上に対応してる機種は以下の通り。

  • iPhone 5以上
  • iPad (第4世代)
  • iPad mini
  • iPod Touch (第5世代)

■MacのOS X Lion (10.7) 以降に対応している機種は以下の通り。

  • MacBookPro (Late2008)
  • MacBookAir (Late2010)
  • MacBook (Late2008のポリカーボネートモデル以外)
  • iMac (Early2009)
  • Macmini (Mid2010)
  • MacPro

最新のiPhoneやMacだったらAirdrop(エアド)が利用できます。筆者はフィットネスジムで筋肉自慢やフィットネス女子が筋肉を鍛える動画や筋肉ブログやおすすめプロテインをAirdropでやり取りしている光景をよく見ます。

MacProは一部Airmac Extremeカードが必要なものがあります。

Android端末では利用できない

AirDropは残念ながらAndroid端末で利用できません。

しかし、Android端末にはOSバージョン4.1以降から「Androidビーム」というAirDropと類似した機能が追加されています。このAndroidビームというサービスを使うとNFCチップが搭載されているAndroid端末同士を近づけると相手に画像を送信できます。

NFCチップありきの機能なので、どちらか一方の端末に搭載されていないと反応しないので気を付けてください。

AirDropの使い方

スマホを使う男女
それではAirDropを使った共有のやり方を説明していきます。

それぞれの細かい操作については、これから説明するので必要な項目を確認してください。

AirDropの表示・設定手順

まずは受信側・送信側どちらもAirDropの設定をしましょう。

AirDropの設定手順は以下の通りです。

  1. コントロールセンターを表示する
  2. Wi-FiとBluetoothの設定をON
  3. インターネット共有をオフにする
AirDropが送受信できるのは9メートル以内の範囲に限られます。Wi-Fi設定をオンにする必要はありますが、Wi-Fiスポットに繋ぐ必要はありません。

AirDropの受信設定は「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」の3つから選べます。
それぞれの違いを表にまとめたので、参考にしてください。

設定 状態
受信しない AirDropを一切受信しない
連絡先のみ 連絡先に登録してる相手からのみAirDropを受信
相手のiCloudアカウント(Apple ID)情報を登録しておく必要がある
すべての人 連絡先の登録有無に関わらずAirDropを受信
AirDropは使用時のみオンにしましょう。通常は「受信しない」に設定しておくことで、問題となったAirDrop迷惑行為など、不特定多数からの受信を防げます。

参照:AirDropの設定について

AirDropの送信設定

AirDropを使ったデータの送り方は簡単です。以下の3ステップで送れます。

  1. 共有したいデータを開く(画像など)
  2. 「共有マーク」を押す
  3. 共有できる相手が表示されるので名前をタップ

連絡先を共有したい場合のみ、共有マークが表示されません。連絡先下部の「連絡先を送信」から共有する必要があります。

AirDropの受信設定

受信側はデータを送ってもらう前に、AirDropによるデータの受信を許可しておく必要があります。

受け取り方と設定方法は、以下を参考にしてください。

  1. コントロールセンターを表示してネットワーク設定部分を3Dタッチか長押し
  2. AirDropのアイコンをタッチ
  3. 送信側の連絡先を登録してるなら「連絡先のみ」、登録していないなら「すべての人」を選択

「受信しない」に設定した場合はAirDropをすべて拒否、「連絡先のみ」に設定した場合は登録している人以外からのAirDropを拒否できます。

知らない人から不快な画像を受信してしまうのを防ぐためにも、「連絡先のみ」に設定しておくのがおすすめです。

MacでAirDropを使う方法

MacでAirDropを使用する方法は2種類あります。

1つずつ手順を説明するので、やりやすい方法で試してください。

FinderコンテツからAirDropを送る手順

  1. Finderのメニューバーから「移動」を選択
  2. 「AirDrop」を開くとAirDropを送れる相手が表示される
  3. 送りたいファイルを選択
  4. 送りたい相手にドラッグする

共有機能を使う手順

  1. 送信したいファイルを開く
  2. Appの中の「共有」ボタンをクリックする
  3. 「AirDrop」を選択
  4. 「AirDrop」のダイアログで送信相手を選択
  5. 相手がファイルを受け取ったら「完了」

AirDropで相手が表示されないときの対処法

スマホを使う男性
AirDropが送れない・受信できないなど使えなくて困っている場合は、これから紹介する内容を確認してください。

iCloud・連絡先の登録名を確認する

Airdropの送信相手がiCloudに登録している名前と、自分が(相手を)連絡帳に登録している名前が違うと検出可能な相手に表示されないことがあります。お互いに登録名を確認してみてください。

相手のAirDrop設定を確認する

AirDropでデータを送るには、相手のAirDrop設定が「すべての人」または「連絡先のみ」になっている必要があります。

設定が「連絡先のみ」の場合は、自分のiCloudアカウントを相手に登録してもらってください。電話番号とメールアドレスが登録されていれば大丈夫と思いがちですが、iCloudアカウントの情報を登録してもらわないと検出されない仕組みです。

また忘れがちなのが、iCloudへのサインイン。
送信側と受信側どちらのデバイスでもiCloudにサインインしておくことが必要なので、サインインできているか確認してください。

以下でiPhoneとMacそれぞれでのサインイン方法を紹介します。

サインインする前に、必ず最新にOSにアップデートしておきましょう。

■iPhoneでのサインイン方法

  1. 設定を開く
  2. iPhoneにサインインをタップ
  3. AppleIDとパスワードを入力する
  4. 画面右上の「次へ」をタップ
  5. 2段階認証を設定している場合は、SMSで送られてくる確認コードを入力
  6. iPhoneのパスコードを入力

■Macでのサインイン方法

  1. システム環境設定から「iCloud」を選択
  2. AppleIDとパスワードを入力
  3. 「続けるには…」とポップアップが出るのでMacのパスワード入力
  4. 「OK」を押す
  5. 使用項目が出るので、必要なものにチェックを入れる

相手のデバイスとの距離を近づける

AirDropが送受信できる距離は、9メートル以内です。

範囲内にいるのに送受信できない場合は、Wi-FiとBluetoothのオンオフを試しましょう。コントロールセンターを出して、それぞれのアイコンをタップするだけです。

それでも改善されないなら、デバイスを再起動してください。

まとめ

AirDropの使い方や、使えないときの対処法について紹介しました。

Apple製品同士なら通信料をかけずに大きい容量の写真などが高速で共有できます。プロのカメラマンに写真を撮ってもらったときなど、データ量の大きいものを送るときに便利です。

音楽に関してのみ、1曲ずつの共有となるので注意してください。

最後に本記事のおさらいです。

  • AirDropを使えるのはApple製品のみ
  • 送受信できるのは9メートル以内
  • 送受信側がWi-FiとBluetoothをオンにしておく必要がある
  • 共有ネットワークはオフにする
  • 受信側が「連絡先のみ」に設定する場合は名前が同じか確認する
  • 連絡先にiCloudアカウントを登録しておく必要がある

投稿者名: スマツー編集部 iPhone

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す