日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

【Androidスマホ】アプリの権限が変更できないときの対処法!権限の種類・設定方法

スマホの使い方

  更新日:2020.08.31 

スマホの使い方 Androidアプリの権限変更

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

Androidスマホで、アプリの権限が変更できないときの対処法について紹介します。Androidでは、Google Playからアプリをダウンロードしてアプリを開くと、権限の許可を求められ、アプリによって権限の種類や数は異なりますが、権限ごとに許可を付与する必要があります。新しいアプリをダウンロードする度に、アプリの権限について、よくわからずに適当に設定してしまったという人も多いのではないでしょうか。

アプリの権限は、設定アプリで後から変更や確認ができます。アプリの権限がどうなっているのか確認したい人や、変更したい人はぜひチェックしてください。

  • アプリによって権限の種類や数は異なるが、各項目ごとに設定が可能
  • アプリの権限は設定アプリからいつでも何度でも変更が可能
  • アプリの権限の変更ができない時は、アプリのアップデート、キャッシュの削除、OSのバージョンアップを試す

Androidスマホのアプリの権限とは

スマホと手

Androidスマホの「アプリの権限」とは、インストールしたアプリがそれぞれ、端末の情報や機能にアクセスできるようにすることです。端末の情報とは、カメラやマイク、連絡先など様々で、例えばSNSアプリなら直接写真を撮って投稿したいならカメラの権限を許可、既に撮影している写真を投稿したいならメディアの許可、動画など音声付きのデータを投稿したいならマイクの許可が必要となります。

ただし、連絡先や位置情報など、個人情報が分かる情報にアクセスを許可することで、個人情報の流出の危険性もあるため注意が必要です。アプリによっては、連絡先や位置情報などの権限を許可しないと、アプリが正常に動作しない場合もあるため、必要に応じて許可をするようにしてください。安全に使うためには、アプリの開発元が信頼できなさそうなアプリは、極力使わないようにし、アプリをアンインストールすることも大切です。

Google Playストアでアプリをダウンロードする前に、「権限」の欄を確認することで、アプリを使うのに必要な権限の確認ができます。

アプリの権限の種類一覧

アプリの権限の種類は、以下の通りです。

権限の種類 有効にすると可能になる操作 アプリの例
電話 電話の発信など LINEなど
通話履歴 通話履歴の読み込み 通話アプリなど
連絡先 連絡先の読み込み LINEなど
マイク マイクからの音声録音 LINE、Instagramなど
SMS SMSメッセージの送信など +メッセージなど
ボディセンサー 心拍数などのヘルスデータの読み込み ダイエットアプリなど
身体活動 歩数などのバイタルデータの取得 歩数計など
カメラ スマホカメラを使った撮影 Instagramなど
ストレージ ストレージ内のデータの読み込み
ストレージへの保存
Instagramなど
位置情報 位置情報へのアクセス マップなど
カレンダー カレンダー内のイベントの読み込み カレンダー、ToDoリストなど

アプリの権限には種類があり、アプリによって求められる権限は様々です。1つのアプリに対して複数の権限を求められる場合もありますが、種類ごとに権限を許可するかどうか選択ができるので、必要な機能のみを見極めて許可を行うようにしてください。

アプリの権限を管理する方法

アプリの権限を個別に管理する方法を紹介します。Androidスマホはメーカーや機種によって、多少手順が異なるため、詳しくは公式サイトなどを参照にしながら設定を行ってください。

「設定」からアプリ一覧を表示する

 アプリの権限変更

アプリの権限の変更は、「設定」アプリからインストール済のアプリ一覧を表示してください。機種によって異なりますが、「設定」>「アプリと通知」で、インストール済のアプリ一覧が表示されます。

その中から権限を変更したいアプリを見つけてください。Galaxyなど機種によっては一覧表示されている状態で検索窓から入力して探せます

アプリを選んで権限を確認・設定を変更する

 アプリの権限変更
 アプリの権限変更

権限変更をしたいアプリが見つかったら、「権限」や「許可」という項目をタップします。すると、該当のアプリに必要な権限が一覧で表示されるため、オン・オフを切り替えるだけで権限の許可・拒否が可能です。

権限はすべて拒否してしまうと、アプリ自体の機能が使えなくなる場合もあり、例えば天気予報やマップなどの位置情報が無いと使えないアプリで、位置情報の権限をオフにしてしまうと、アプリが使えなくなってしまうため、必要な権限は付与するように注意してください。もしオフにして、アプリ起動後に権限がないので使えないといったエラーが表示された場合は、再度変更が可能です。

アプリの権限が変更できないときの対処法

スマホを使う女性

アプリの権限が変更できないときは、アプリやスマホ本体の動作に不具合があるため、以下の対処法を試してみてください。

アプリをアップデートする

アプリが最新版でない場合は、アプリのアップデートを行ってください。アプリのアップデートは、Google Playストアのメニューアイコンから、「マイアプリ&ゲーム」をタップし、アップデートしたいアプリの更新が可能です。

アプリをアップデートする場合は、アプリが起動している状態ではアップデートができないため、アプリを終了する必要があります。ホームボタンを押すだけでは、アプリは終了しておらず、バックグラウンドで起動している状態となっているため、マルチタスクボタンを押して、表示されるアプリを全てスワイプし、アプリを終了させてください。

アプリのキャッシュを削除する

アプリのキャッシュがたまると端末の動作が重くなる場合があるため、ストレージからアプリのキャッシュを以下の手順で削除してください。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「アプリと通知」>「○個のアプリをすべて表示」をタップ
  3. キャッシュを削除したいアプリをタップ
  4. 「ストレージとキャッシュ」>「キャッシュを削除」

キャッシュを削除すると、全てのページの読み込みが再読み込みとなるため、初回の読み込みに時間がかかったり、データ量を消費したりするので注意が必要です。ログインが必要なアプリの場合は、ログイン情報もリセットされるため、再ログインが必要となります。IDやパスワードを忘れている場合は、確認してからキャッシュを削除するようにしてください。

Androidスマホを再起動・OSのバージョンアップを行う

一時的な不具合の場合は、Androidスマホの再起動で改善される場合があります。OSが最新バージョンでない場合は、OSのバージョンアップを行ってください。現在のOSが最新版であるか、アップデート更新情報を確認する方法は、以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「システム」>「システム情報」>「システムアップデート」をタップ
  3. 現在のOSを確認する

OSのバージョンアップの詳しいやり方は、以下の記事をご覧ください。

まとめ

本記事では、Androidスマホでアプリの権限が変更できないときの対処法について紹介しました。アプリの権限は、アプリごとに種類や数が異なりますが、利用するアプリやアプリ内のサービスによっては、必要の無い権限もあります。連絡先や位置情報などを必要無いのに許可してしまうと、個人情報の流出に繋がる恐れもあるため、必ずアプリごとに権限をしっかりと設定するようにしましょう。

アプリの権限は、設定アプリからいつでも確認・変更ができるため、アプリの権限を確認・変更したい人は、本記事を参考に設定を見直してください。最後に本記事のおさらいをして、アプリの権限の変更についてより理解を深めましょう。

  • アプリの権限には種類があり、それぞれできることが異なる
  • 新しいアプリをダウンロードして初めて起動するとアプリの権限を求められる
  • アプリによっては必ず許可をしないと使えない権限もある
  • アプリの権限の確認・変更は「設定」アプリからいつでも行える
  • アプリの権限の変更ができないときは、アプリのアップデート、キャッシュの削除、OSのバージョンアップを行う

投稿者名: スマツー編集部 スマホの使い方

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す