人気機種を緊急値下げ!限定SALE開催中
スマツー ロゴ

Apple TVでできることを徹底解説!価格・機能・おすすめの使い方

iPhone

  更新日:2020.06.27 

iPhone Apple TV
限定セール限定セール

皆さんApple TVというAppleデバイスを聞いたことあるでしょうか。Apple TVはテレビのことではなく、小さくて四角形のデバイス製品です。Apple TVを使うと、動画や映画、写真の振り返り、アプリゲームまで大画面のテレビで楽しむことができます。他にもサブスクリプションで音楽を聴くことができたり、iPhoneの画面をミラーリングできたりと使い方は様々です。

本記事ではApple TVで何ができるのか分からない人、使い方を知りたい人に向けて、Apple TVの価格や使用するために必要な物、おすすめの使い方などを紹介します。他にもApple TV HDとApple TV 4Kの比較をしたり、Apple TV+とは何かについて説明したりしているので最後まで読んでください。

  • Apple TVはテレビに繋げていろんなことができるオプションデバイス
  • 約1,000円しか変わらないのでApple TV HDよりApple TV 4Kがおすすめ
  • Apple TVを使えばテレビでYouTubeが観れたり、写真をテレビに写して家族と共有できたりする

Apple TVの機能とは

スマホのミラーリング設定方法

Apple TVとはテレビ本体のことではなく、テレビに繋げて様々なことができるオプションデバイスのことです。専用のリモコンを使って操作することができ、設定すればiPhoneから操作することも可能です。

Apple TVを使ってできることはたくさんありますが、例えばテレビの大画面でYouTubeやNetflixなどの映像を見たり、いつもスマホで遊んでいるアプリゲームを楽しんだりなどが挙げられます。Apple TVはApp Storeに対応しているので、アプリゲームがApple TVに対応さえしていればインストールすることが可能です。また、iPhoneの写真をテレビで見る機能もあります。

これからApple TVについて詳細に説明していきます。

Apple TVを使うために必要なもの

まずApple TVを利用するためには、必要な物がいくつかあります。

  • テレビ
  • HDMIケーブル
  • ネット環境
  • Apple ID

以上の物は最低限必要なので自分で用意しましょう。テレビは4K対応テレビではなくても大丈夫ですが、4Kの映画が観れない点に注意してください。Lightning-USBケーブルは同梱されていますが、HDMIケーブルは別売です。HDMI入力可能でハイビジョン(720p)かフルハイビジョン(1080p)に対応したものを用意しましょう。ネット環境は有線LANでもWi-Fiの無線接続でも大丈夫です。ただし、できるだけ安定した速度のネット環境を準備しましょう。

プラスアルファとして、AppleデバイスやApple TVアプリがあると便利です。Apple TVアプリではiTunesはもちろんのこと、Netflixなどのサブスクに加入していればそこで提供される動画などもApple TVアプリ1つで見ることができます。また、Appleデバイスがあればミラーリングすることができるので、画面をそのままテレビに映し出せて便利です。

Apple TV 4KとApple TV HDの価格・スペック比較

現在販売されているApple TVにはApple TV 4KとApple TV HDがあります。両者はどう違うのか比較するので、購入を検討している人は本記事を参考にしてください。

特徴 Apple TV 4K Apple TV HD(第4世代)
発売日 2017年9月22日 2015年10月26日
カラー ブラック ブラック
本体価格(容量別) 19,800円/32GB
21,800円/64GB
18,400円/32GB/td>
サイズ (幅×高さ×厚さ) 35×98×98mm 35×98×98mm
重さ 425g 425g
CPU 64ビットアーキテクチャ搭載
A10X Fusionチップ
64ビットアーキテクチャ搭載
A8チップ
解像度(公式のビデオフォーマット部分参照) H.264/HEVC SDRビデオ:最大2160p、60fps HEVC SDR:最大1080p、30fps
オーディオ(各Dolbyのスペック) Dolby Digital 5.1
Dolby Digital Plus 7.1サラウンドサウンド
Dolby Atmos
Dolby Digital 5.1
Dolby Digital Plus 7.1サラウンドサウンド
リモコン Siri Remote Siri Remote
Bluetooth規格 Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
Wi-Fi規格 MIMO対応802.11ac Wi-Fi、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz) MIMO対応802.11ac Wi-Fi
出力端子 HDMI 2.0a、ギガビットEthernet HDMI 1.4、10/100BASE-T Ethernet、USB-C
充電方法(本体/リモコン) コンセントに接続して使うので充電なし/
Lightning-USBケーブルでパソコンに接続、USB電源アダプタを使ってコンセントに接続
コンセントに接続して使うので充電なし/
Lightning-USBケーブルでパソコンに接続、USB電源アダプタを使ってコンセントに接続
同梱物 Apple TV 4K、Siri Remote、電源コード、Lightning-USBケーブル、マニュアル Apple TV HD、Siri Remote、電源コード、Lightning-USBケーブル、マニュアル

Apple TV 4K (32GB)⇨⇨Apple TV 4Kについてはこちらから
⇨⇨Apple TV HDについてはこちらから

両者の特徴について表でまとめましたが、特徴的な違いとしては以下の点が挙げられます。

  • Apple TV 4Kの方が解像度が高い
  • Apple TV 4KではDolby Atmosに対応している
  • Apple TV 4KではBluetooth 5.0
  • Apple TV 4Kは同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)対応

名前の通り、Apple TV 4Kでは4Kに対応しており高画質で映画を見ることができます。Apple TV 4Kは4K対応のテレビではなければ4Kの高画質で観ることはできませんが、使用することは可能です。これまでのサラウンドサウンドでは前後左右の音情報を反映していましたが、Dolby Atmosでは前後左右に加えて頭上方向や高さ方向の音情報が追加されています。より一層再現度の高い音質で聴くことができます。

また、Apple TV 4KではBluetooth 5.0になっておりBluetooth 4.0より接続範囲が格段に広がり、通信速度や転送速度も早くなっています。ワイヤレスイヤホンを設定する際の互換性ですが、基本的にBluetoothは上位互換となっています。Bluetooth 4.0対応のワイヤレスイヤホンはApple TV 4KとApple TV HDでも使用することができますが、Bluetooth 5.0対応のものをApple TV HDで使用することはできません。

Apple TV 4KとApple TV HDでの価格差は、同じ32GBならば1,000円ほどなので、購入するならばApple TV 4Kの方がおすすめです。Apple TV 4Kには32GBと64GBの2つの容量がありますが、iPhoneやMacと異なりほとんど容量を使用する機会はありません。ただし動きの速度は多少64GBの方が良いので、少しでも反応速度を速くしたい人は64GBがおすすめです。

Apple TVでできること・おすすめの使い方

スマホのミラーリング

ではApple TVを手に入れたらどんな楽しみ方ができるのか、Apple TVの機能を使ってできることについて紹介します。Netflixで映画をみたり、アプリゲームをしたりなど、普段スマホを使ってしていることがテレビでできるようになり充実した時間を過ごせるので、参考にしてください。

Apple TV+やNetflixの映画をテレビで簡単に見られる

Apple TVを使えば、Netflixなどのサブスクリプションで視聴できる映画もテレビの大画面で見ることができます。Apple TVで提供されている主な動画配信サービスアプリには下記のような物が挙げられます。

・Apple TV+
・Netflix
・Amazon Prime Video
・U-NEXT
・iTunes
・Hulu
・Abema TV
・FOD(フジテレビ・オンデマンド)
・dTV
・ビデオパス
・GYAO!
・TED
・Twitch
・Rakuten TV
・niconicoTV
・ビデオマーケット
・バンダイチャンネル
・劇場三昧
・J Sportsオンデマンド
・テレビ東京ビジネスオンデマンド

これらのコンテンツがテレビで操作して視聴することができるなんて魅力的ですよね。4Kコンテンツに対応している動画配信アプリには、iTunes StoreやAmazon Prime Video、Netflix、U-NEXT、Apple TV+があります。ちなみに、YouTubeの解像度はHD(1080p)までです。

Apple TV+はApple社が提供している動画サービスで、Apple TV+独自の動画コンテンツのみを配信しています。現在は2019年9月11日以降にApple製品を新規購入した場合、1年間無料で見放題です。ただし、製品をセットアップして3ヶ月以内に申し込むことが条件となります。Apple TV+の詳細については公式サイトをご覧ください。

⇨⇨Apple TV+についての詳細はこちらから

4K+Dolby Atmosを体感するならiTunesでレンタル・購入がおすすめ

Apple TVは様々な動画配信サービスに対応していることは先述しましたが、4KやDolby Atmosで映画を見たい場合はiTunesでレンタルまたは購入することがおすすめです。iTunesは4KやDolby Atmosに対応している映画が配信されているので、映画館で観ているかのような迫力で楽しむことができます。「蜜蜂と遠雷」などの日本映画から「ジョーカー」などの海外映画まで幅広く配信されています。現在どんな映画が配信されているかはiTunes公式サイトからご覧ください。
⇨⇨現在配信されているタイトルはこちらから
また、iTunesで海外映画を購入すると、字幕と吹き替え版がセットになっている物が多いのも魅力的です。

4KやDolby Atmosで見るにはそれぞれ対応している映画コンテンツを購入しないと意味がありません。しかし現在はフルHDのみの配信でも、購入していれば後々配信されたときに追加料金なく4KやDolby Atmosで見ることもできます。

iPhoneで撮影した写真・動画をテレビで見られる

Apple TVとiCloudフォトライブラリを利用すれば、iPhoneやGopro、デジカメなどで撮影した写真や動画もテレビで見ることができます。例えば家族で子供やペットの写真を見たいとき、友達と旅行の写真を見返したいときなどに利用して、スライドショーで楽しく写真を見返しましょう。4K対応テレビを使えば、4Kで撮影したビデオを高画質で見ることも可能です。

Apple TVで写真アプリの写真やビデオを見る方法は下記の通りです。

  1. iPhoneとApple TVを同じiCloud写真アカウントにリンクする
  2. Apple TVの「写真」アプリを開き、メニューバーで「メモリー」カテゴリを表示する
  3. メモリーを選択して動画や画像を見る

AirPlayでiPhoneやMacの画面をミラーリングする

AirPlayを使えばiPhoneなどのApple製品から Apple TV対応のスマートテレビやスピーカーにビデオや音楽をストリーミングできたり、デバイスの画面をそのままミラーリングすることができたりします。ミラーリングとはiPhoneやiPad、Macの画面をそのままテレビに映し出すことです。

例えば、パソコンで作業をしているときにiPhoneで調べ物をすることがありますよね。そのとき、ミラーリングを使えばテレビをサブディスプレイとして使うことができます。他にも会社などの集まりでプレゼンテーションをする場合、ミラーリングすればMacで作成したスライドをそのまま映し出すことが可能です。ミラーリングの詳しい使い方は公式サイトを参考にしてください。
⇨⇨AirPlayの詳しい使い方はこちらから

AirPlayで出力される解像度はHD(1080p)までです。

ゲームや音楽など様々なアプリがテレビ画面で楽しめる

Apple TVでゲームや音楽など様々なアプリをテレビの大画面で楽しむことができます。例えばどんなアプリがApple TVで利用することができるのか、いくつか紹介します。

  • Podcast
  • iBook Story Times
  • ミニオンラッシュ
  • Spotify
  • FINAL FANTASYシリーズ

「ミニオンラッシュ」や「FINAL FANTASY」などのアプリゲームはApple TVで遊ぶことができます。いろんなゲームがApple TVでできますが、容量が少ないゲームが中心のようです。コントローラー対応のゲームであれば、PS4のデュアルショックコントローラーやAppleデバイス対応のコントローラーを接続して遊ぶこともできます。Apple TVでゲームを楽しみたい人は「Apple Arcade」もおすすめ。「Apple Arcade」では月額600円で100種類以上のゲームを広告なしで楽しめます。また、iPhoneユーザーならば最大6人まで家族で共有できるのでお買い得です。無料体験期間もあるので、ぜひ試してみてください。

⇨⇨Apple Arcadeについてはこちらから

「Podcast」もApple TVで使用可能です。「Podcast」には無料の動画やラジオなどが配信されており、学習系のコンテンツが豊富です。「iBook Story Times」ではテレビの大画面で絵本の読み聞かせをしてくれるので、子供がいる人におすすめのアプリです。

以前から「iTunes」や「Apple Music」には対応していたApple TVですが、2019年からサブスクリプションの「Spotify」も対応し、Apple TVとiPhoneをワイヤレス接続することで利用できます。Apple TVのApp Storeから「Spotify」をインストールした後、iPhoneやMacのブラウザからログインしてペアリングしたら接続できます。

Siri対応のリモコンで音声操作ができる

Apple TVではSiriに対応しているリモコン「Siri Remote」や「Apple TV Remote」を使えば音声操作することが可能です。テキストやユーザー名、パスワードなどを入力するときにSiriボタンを長押しすれば音声認識することが可能です。他にも、字幕を表示したいときには「字幕を表示して」、消したいときには「字幕を消して」とSiriに頼めば切り替えてくれます。

吹き替え版に変更したい場合は、コンテンツを再生画面でタッチパネルを上から下へスワイプし「オーディオ」のタブを開けば変更可能です。

「Siri Remote」や「Apple TV Remote」にはボタンが5つあり、上部はタッチパネルとなっています。ボタンはメニュー、Siri、一時停止/再生、Apple TV App/ホーム、音量調節です。タッチパネルはiPhoneを使う時と同様にスワイプさせれば、画面上での行き来やスクロールが簡単にできます。

また、iPhoneやiPad、Apple WatchでもApple TVを操作できます。本記事では代表してiPhoneをリモコンに設定する手順を紹介します。

  1. iPhoneとApple TVを同じWi-Fiに接続する
  2. Apple TV Remoteをコントロールセンターに追加してコントロールセンターを開く
  3. 「Apple TV」のアイコンを選択する
  4. Apple TVに表示される4桁のコードをiPhoneに入力する

Apple TVはこんな人におすすめ

ここまで読んでApple TVを購入するか迷っている人もいるでしょう。もちろん自分でApple TVが必要かじっくり考えることも大切ですが、どのような人にApple TVがおすすめかいくつか紹介するので参考にしてください。

  • iPhoneやiPadなどAppleデバイスを愛用している人
  • 動画配信アプリに加入している人
  • 子供がいる人や家族が多い人
  • 友人が自宅に集まる機会が多い人
  • 普段YouTubeを観る時間が長い人
  • 映画好きの人

上記で紹介した項目の中からいくつか当てはまる人は、Apple TVを購入すれば確実に日々の生活が充実します。家族が多い人、自宅が友人の溜まり場となっている人はテレビでYouTube見たり、旅行の写真や動画をみんなで見ることができるのでApple TVの購入をおすすめします。よく考えて購入を決めてください。

Apple TV 4Kの公式ページをみる

Apple TVの接続方法(初期設定)

Apple TVを使うためには、まずテレビと繋げる必要があります。接続方法は下記の通りです。

  1. Apple TVを電源に差し込みHDMIケーブルでテレビに接続する
  2. Apple TV Remoteのタッチパネルをスワイプして言語と国または地域を設定する
  3. iOSデバイスまたは手動で自宅のWi-Fiに接続し、Apple IDでサインインする
  4. TVプロバイダにサインインする
  5. その他細かい設定を行う

基本的な初期設定方法は以上です。

紹介した方法で接続できない場合、一度Apple TVを電源から外して接続し直したり、別のWi-Fiに接続したりしてやり直してみてください。リモコンが使えなくて設定できない場合、充電されていない可能性があります。充電されていても反応しないときはメニューボタンと音量を上げるボタンを同時に2秒間長押ししてみてください
⇨⇨設定方法や設定できないときの対処方法についてはこちらから

まとめ

本記事では、Apple TVの使い方について説明しました。

Apple TVとは普段iPhoneやMacで行っていることを大画面のテレビでできるようになるデバイスのことです。Apple TV自体はテレビではなく、テレビやHDMIケーブル、ネット環境、Apple IDは各自で準備する必要があります。Apple TVにはApple TV 4KとApple TV HDの2種類がありますが、Apple TV 4Kでは4Kの高画質に対応していたり、音にも奥行きがあったりするのでAooke TV 4Kの方がおすすめです。容量についてはそこまで速度にこだわらない場合、32GBで十分です。

Apple TVのおすすめの使い方はいろいろありますが、映画をテレビで観ることができたり、iPhoneで撮影した写真や動画をテレビで見ることもできます。また。AirPlayでiPhoneやMacの画面をミラーリングすることができるのでプレゼンテーションにも便利です。ゲームや音楽などのアプリをテレビ画面で楽しむこともできます。いろんな点を加味して、ぜひApple TVの購入を検討してください。

最後に本記事のおさらいをしましょう。

  • Apple TVはテレビではなく、テレビで様々なことを可能にできるオプションデバイス
  • Apple TVには2種類あるが解像度やサウンド性能の高いApple TV 4Kがおすすめ
  • 通信速度にこだわりがない限りは32GBで十分楽しめる
  • 家族が多い人、Apple製品を持っている人、自宅が友人の溜まり場になっている人におすすめ

投稿者名: kurage iPhone