人気機種を緊急値下げ!限定SALE開催中
スマツー ロゴ

新聞アプリのおすすめ5選!料金比較・選び方【iPhone・Android】

スマホアプリ

  更新日:2020.06.05 

スマホアプリ 新聞 アプリ
限定セール限定セール

毎朝時間に追われる社会人にとって、ゆっくり新聞を読むには時間が足りないこともありますよね。
しかし、iPhoneやAndroidスマホ、タブレットに新聞アプリを導入すれば、電車通勤移動中も手軽に新聞が読めます。紙の新聞から電子版アプリに変えるだけで、かさばらずに済むのでおすすめです。

本記事では、各新聞社が提供するおすすめの新聞アプリを紹介します。各新聞社ごとに料金が異なるので、比較しながら自分好みの新聞アプリをインストールしてはいかがでしょうか。

  • 無料版アプリもあるので試し読みにもおすすめ
  • キーワード検索で知りたい情報もすぐに見れる
  • 通知機能で最新の情報を取得できる
  • SNSで情報を共有しやすい

新聞アプリの選び方

新聞アプリ

新聞アプリは各新聞社が提供していますが、アプリの操作性やUIデザイン、アプリ内機能、料金はさまざま。また、各アプリごとに朝刊と夕刊の更新タイミングも異なります。

ここでは新聞アプリの選び方のコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

新聞アプリを選ぶポイントは、以下の3つです。

それぞれ確認していきましょう。

無料版でどこまで使えるのか確認する

一般的に新聞は購入して読むものですが、新聞アプリでは無料で読めるものもあります。

なぜ無料で新聞が読めるのかと疑問に思いますよね。その理由は、読める内容に制限があるからです。

新聞が無料で読めるなら有料版を買う理由はありませんが、無料版の新聞アプリだと一部の情報しか載っておらず、紙面全部を読むことはできません。

毎月、紙の新聞購読をする場合は月額4000円ほど料金がかかりますが、有料版アプリは月額1000円~3000円で読めるため新聞を取るよりも安く同じ情報を得られます。

新聞社によっては無料会員登録をした人に限り、1日1本の記事が無料で読めるサービスを提供しているところもあります。無料版は試しにどんな使い心地かを確認できるので、上手く活用して自分が使いやすいアプリを選ぶようにしましょう。

キーワード検索ができると便利

新聞アプリにキーワード検索があると目的の記事が見つけやすくて便利です。

新聞紙の場合、自分が読みたい記事や知りたい情報を目で探さなければなりませんが、アプリならキーワード検索で簡単に見つかります。

キーワード検索にかければ余計な情報を飛ばして、知りたい情報だけを真っ先に読めます。時間がない朝でもキーワード検索で素早く情報を得られるのでおすすめです。

通知機能・オフライン・バックナンバー対応がおすすめ

新聞アプリを選ぶ際、通知機能・オフライン・バックナンバーに対応したアプリを選ぶとより快適に利用できます。

通知機能を搭載した新聞アプリなら朝刊や夕刊の更新タイミングにあわせて画面に通知が行われるため、情報を見逃す心配がありません。

もし電波が届きにくい地下鉄を利用していて電車移動中も新聞が読みたい場合は、ダウンロードしてオフラインで閲覧できる機能がついたアプリを選ぶのがおすすめ。データ通信量の節約にもなるので、月末にギガ不足になりがちな人も安心です。

紙面のバックナンバーに対応したアプリなら、うっかり見逃してしまっても見返せます。新聞ダイジェストを購読している場合、月に1度の刊行を見逃してしまってもバックナンバー対応アプリなら心配ありません。

また、新聞アプリはTwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのSNSを使って情報をシェアできるため、最新のトップニュースを他者と意見交換したり情報共有をしたいときに便利です。

おすすめの新聞アプリ5選

スマホと人物

ここでは各新聞社が提供する公式のおすすめ新聞アプリを紹介します。

もし好みの新聞がある場合は、その新聞社が提供している電子版アプリを試してみることをおすすめします。とくに愛読している新聞がなく、料金で選ぶなら月額料金が安い毎日ビューアー(毎日新聞)を試してはいかがでしょうか。

アプリはiPhoneやAndroidスマホ、タブレットに導入できるので、電車移動で新聞を読みたい人はぜひ各アプリを比較して自分に合う新聞アプリを利用してください。

そのほかに天気・災害情報をリアルタイムで通知するアプリや、日本だけでなく英語のニュースなど世界中の情報を取得したい人は以下のニュースアプリを併せて確認ください。

日本経済新聞 紙面ビューアー

1つ目のおすすめ新聞アプリは、日本経済新聞 紙面ビューアーです。

■特徴・機能・メリット

  • ダウンロードすれば圏外でも読めるオフライン対応
  • 記事の保存をワンタッチで可能
  • 過去30日分まで閲覧可能

日本経済新聞 紙面ビューアーは会員登録が必要な新聞アプリで、サンプルお試しが用意されているため試し読みができます。

朝刊夕刊、地域経済、日経産業新聞、日経MJをアプリ内にまとめてあるので、目的に応じて情報の取得が可能です。

キーワードを登録しておけば、ピックアップしてくれるので得たい情報を素早く見つけられます。過去30日分まで閲覧できるので、うっかり見逃してしまっても安心です。オフラインにも対応しているので、圏外になりやすい地下鉄でも新聞が読めます。

■日本経済新聞 紙面ビューアー
iOSアプリをダウンロードAndroidアプリをダウンロード

■日本経済新聞 紙面ビューアーの価格と主な機能

価格 月額4,300円
キーワード検索
オフライン対応
バックナンバー 朝刊・夕刊30日分
通知機能 ×

毎日ビューアー

2つ目のおすすめ新聞アプリは、毎日ビューアーです。

■特徴・機能・メリット

  • 過去6日分のバックナンバー
  • 検索の機能で快適に知りたい情報を知れる
  • 全国の地方版・号外・日曜版も閲覧可能

毎日ビューアーは毎日新聞が提供している新聞アプリ。無料の会員登録をし、毎日新聞の購読申し込みをしている購読者向けのコンテンツです。

検索機能を搭載し、オフラインにも対応しているので電波のない場所でも快適に新聞が読めます。バックナンバーは6日分まで閲覧できるので、過去の記事を遡って読むこともできます。

■毎日ビューアーの価格と主な機能

価格 月額980円
※最初の1ヶ月:100円
キーワード検索
オフライン対応
バックナンバー 6日分
通知機能

産経プラス

3つ目のおすすめ新聞アプリは、産経プラスです。

■特徴・機能・メリット

  • ビジネスマンにおすすめのニュースが充実
  • 記事はクリップ保存が可能
  • 事前にデータを読み込んでいれば圏外でも閲覧可能

産経プラスは政治や国際情勢、経済、エンタメ、スポーツ速報など幅広い情報を取り扱う新聞アプリで、ビジネスマンが気になる情報を得られるので働く社会人におすすめです。

7時・12時・18時・21時の計4回の通知が届くので、最新のニュースに気づきやすく見落とす心配はありません。気になるニュースもクリップ保存ができるため、あなただけのお気に入りリストが作成できます。オフラインにも対応しているため、電波のない圏外エリアでも新聞が読めます。

アプリ内には過去の記事も掲載されていますが、詳しいバックナンバー本数は記載がないため要注意。

■産経プラスの価格と主な機能

価格 無料
キーワード検索 ×
オフライン対応
バックナンバー
通知機能

朝日新聞デジタル

4つ目のおすすめ新聞アプリは、朝日新聞デジタルです。

■特徴・機能・メリット

  • デジタルの会員によって読める記事と使える機能が異なる
  • プッシュ通知で最新情報をお届け
  • 無料会員でも有料記事を規定の数だけ読める

朝日新聞デジタルは会員によって料金と読める記事、使える機能が異なるアプリ。一番安いシンプルコースなら980円で有料記事が月300本も読めるのでお手頃です。

無料会員でもある程度のコンテンツを利用できるため、試しに新聞アプリを利用して使い心地を知りたい人におすすめ。記事のカテゴリも充実しているの好きなジャンルの記事がいつでも読めます。

無料版は情報に制限がありますが、有料版なら読める記事数が無制限だったりアプリ機能が拡張されます。

■朝日新聞デジタルの価格と主な機能

価格 無料
シンプルコース:月額980円
ダブルコース:月額1,000円+新聞購読料金
デジタルコース:月額3,800円
キーワード検索
オフライン対応
バックナンバー 過去2週間分
通知機能

産経新聞HD

5つ目のおすすめ新聞アプリは、産経新聞HDです。

■特徴・機能・メリット

  • キーワード検索・オフラインに対応
  • 毎朝5時に更新
  • 過去3か月分のバックナンバーを閲覧可能

産経新聞HDは毎朝5時に新しい情報を届けてくれる新聞アプリ。つい見逃してしまっても過去3か月分のバックナンバーが閲覧できるので便利と評判です。

紙面データを事前にダウンロードしておけば、電波が届かない場所でも読めます。ただしダウンロードはWi-Fi環境下で行うことを推奨されています。

一面が無料で読めますがスマホ画面だとレイアウトのサイズに合わないことがあるためタブレットでの利用がおすすめです。

■産経新聞HDの価格と主な機能

価格 月額1,575円
キーワード検索
オフライン対応
バックナンバー 過去3カ月分
通知機能

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、各新聞社が提供する公式の電子版新聞アプリを紹介しました。新聞アプリは電車移動中も読めるメリットがあり、場所も取らないので通勤移動中の読み物におすすめです。アプリだからこそ簡単にSNSで情報を共有したり、最新情報が入手しやすい環境なため常に最先端の情報を取捨選択できます

無料版の新聞アプリなら初めて利用する人の試し読みに向いているので、まずは1度インストールして満足できたら有料版に切り替えると良いでしょう。

最後に、本記事のまとめをおさらいします。

  • 電子版新聞アプリなら場所もとらず、電車移動中も読める
  • 無料版は試し読みにおすすめ
  • 通知機能で最新の情報を取得

投稿者名: aya スマホアプリ