Amazonギフト券5,000円分が10名に当たる!
スマツー ロゴ

スピードテストアプリを比較!おすすめの回線速度測定アプリ5選

スマホアプリ

  更新日:2020.05.22 

スマホアプリ スピードテストアプリ

本記事では、スピードテストアプリ(回線速度チェッカー)のおすすめを5つ紹介します。

自宅のWi-Fiの通信速度を調べたい、光回線に変えたけど本当に速度が上がったのか確認したいといったときスピードテストアプリがあると便利です。

アプリによっては電波強度をヒートマップ化するものや、接続率や遅延を自動取得する便利な機能もあります。

基本的な使い方やおすすめポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • アプリならWi-Fiが強い場所をスポット化できる
  • Googleで「スピードテスト」と検索すれば、その場で通信速度が診断できる
  • 光回線の通信速度の平均値がわかる

スピードテストアプリでできること

スマホ速度
スピードテストアプリを使うと、以下のようなことができます。

アプリを使えば、自宅のWi-Fi速度などが簡単に測定可能になります。
回線を変える前と後で、どのくらい速度が変わったのかも確認できるので便利です。

通信速度の測定を繰り返せば、遅くなりがちな時間帯や場所などもある程度把握できます。
そのため遅くなりがちな時間帯は使用を避けるなど、対策が取りやすいです。

回線速度を気軽に測定・管理できる

スピードテストアプリのいいところは、回線速度を気軽に測定・管理できるところです。
これまで測定した通信速度は履歴として残るので、時間帯や場所ごとの比較ができます。
数回測定すれば、だいたいの目安がわかるようになります。

回線速度の測定や管理を行うメリットは、以下の通り。

  • 通信が遅い原因を探れる
  • 外出先で速度が速い場所を把握できる
  • Skypeなどを使った打ち合わせで、通信が途切れないように工夫できる

通信速度はMbps(メガビーピーエス)という単位で表されます。
速度には「上り」「下り」の2種類あり、見方を簡単に説明すると上りはデータ送信の速度で、下りは受信速度です。

インターネットで調べものなどをするときは、下りの速度が重要になります。
回線速度(Mbps)についての詳細や、快適な速度の目安は、以下の記事にまとめているのでご覧ください。

https://sma-2.jp/mag/mbps

自宅の回線速度を平均値と比較できる

スピードテストを行えば、自宅の回線速度を一般的な平均値と比較できます。
平均値と比べて自宅の回線速度が極端に遅い場合は、なんらかの原因があるはずです。

まずは回線速度を測定する時間帯や場所を変えて、何度か測定してみてください。
必要に応じて、Wi-Fiルーターの置き場所を変えたり、無線LANの中継器を利用しましょう。

Googleで「スピードテスト」と検索して速度診断する

Googleスピードテスト
Googleスピードテスト

アプリをダウンロードするのは面倒、簡単にスピードテストがしたいという人はGoogleの「インターネット速度テスト」がおすすめです。

使い方は簡単で、Googleの検索窓に「スピードテスト」と打ち込むだけ。
アプリをダウンロードする必要もないため、その場で回線速度がチェックできます。

ただし履歴機能など、詳細な情報を得るための機能はありません。
より詳しく調べたい場合はアプリがおすすめです。

人気のスピードテストアプリを比較

ここでは、記事内で紹介するアプリ5つの比較表を作成しています。
アプリの概要をまとめて確認したい人は、ぜひこちらで確認してください。

アプリ名 特徴 価格 履歴機能 速度の比較
Speedtest 回線を契約する前に速度が検証できる 無料
ドコモスピードテスト 通信量を抑えて速度測定ができる 無料
Wi-Fiミレル ヒートマップを作成し、電波が強い場所を視覚化 無料 × ×
RBB SPEED TEST 接続率や遅延の自動取得 無料
Speedcheck Internet Speed Test 20秒でワンタップ測定 無料

回線速度は測定するアプリによって、結果が異なる場合があります。
これはアプリが悪いという話ではなく、そもそも速度の正確な値を測るのが難しいからです。

スピードテストの結果に影響を与えるのは、大きくわけて以下3つ。

  • スピードテストサーバーの混雑
  • 基地局の混雑
  • ユーザー付近の電波状況

上記3つの条件を統一するのは難しく、それがアプリや測定回数によって結果が違う原因と言われます。

特に都会は基地局が集中しているため、測るたびに違う基地局と繋がる可能性も。
こういった事情から、スピードテストアプリで計測した数値は参考程度にとどめるのがいいでしょう。

出来る限り正確に知りたい人は、複数アプリで計測して平均値を出すのがおすすめです。

おすすめのスピードテストアプリ5選

おすすめのアプリ5つの特徴や、おすすめポイントを1つずつ紹介していきます。
iPhone・Androidそれぞれのダウンロードリンクも載せているので、気になるアプリがあればダウンロードしてください。

Speedtest

1つ目に紹介するのは「Speedtest」です。

アプリの特徴

  • 契約通りのスピードになるか検証
  • 接続の一貫性をリアルタイムでグラフ化
  • 単一接続テストでファイルのダウンロードがシュミレーションできる

Speedtestは、iOS 10.0以降のiPhone・iPad・iPadtouchに対応しています。

世界中にあるテストサーバーが選択できるため、回線を契約する前に速度を検証できます。
一般的に速いと言われる回線も、環境によって速度が異なるため自宅でどのくらい速度がでるのか確認が必要です。

測定もワンタッチで出来るので、簡単に使えるアプリを探している人にもおすすめ。

アプリの概要

価格 履歴機能 速度の比較機能
無料

ドコモスピードテスト

2つ目に紹介するのは、「ドコモスピードテスト」です。

アプリの特徴

  • docomoのWi-Fiスポットが検索できる
  • 「ライトモード測定」が使える
  • ドコモ以外でも利用可能

ドコモスピードテストは、NTTdocomoが提供するアプリです。
アプリにはドコモと名前がついていますが、他の回線速度も測定できます。

ドコモスピードテストは「ライトモード測定」機能が搭載されており、通信量を抑えながらの速度測定が可能です。
回線速度だけでなく、最寄りのドコモショップやドコモWi-Fiスポットなども検索可能。

ドコモユーザーに、特におすすめしたいアプリです。

アプリ概要

価格 履歴機能 速度の比較機能
無料

Wi-Fiミレル

3つ目に紹介するのは、「Wi-Fiミレル」です。

アプリの特徴

  • Wi-Fiの電波強度を0~100の数値で表示
  • ヒートマップの作成
  • 混雑状況の確認

Wi-Fiミレルは、Wi-Fi電波を視覚化するアプリ。
電波強度を0~100の数値で表示でき、数字が大きいほど強いという意味なので単純でわかりやすいです。

また場所ごとにヒートマップも作成でき、家や学校などの全体的な電波強度が把握できます。

Wi-Fiの無線チャンネルの混雑具合も確認できるので、空いているチャンネルを設定すれば通信がスムーズになります。
場所ごとの強度を把握したい人や、強度を数値化して確認したい人におすすめです。

アプリ概要

価格 履歴機能 速度の比較機能
無料 × ×

RBB SPEED TEST

4つ目に紹介するのは、「RBB SPEED TEST」です。

アプリの特徴

  • 測定履歴の平均と全国平均の比較
  • 接続率や遅延の自動取得機能
  • 測定履歴が200件保存できる

RBB SPEED TESTは、自分で測定した通信速度の平均値と全国平均値が比較できるアプリ。
自宅のWi-Fiが速いのか、遅いのか全国平均値を目安に確認できます。

測定結果は200件保存できるので、長期間に渡って電波の波を把握することも可能です。
電波の接続率や遅延情報も、設定をオンにしていれば自動取得してくれます。
詳細な検証がしたい人におすすめです。

アプリの概要

価格 履歴機能 速度の比較機能
無料

Speedcheck Internet Speed Test

最後に紹介するのは、「Speedcheck Internet Speed Test」です。

アプリの特徴

  • 20秒以内にワンタップでテスト可能
  • 転送にかかる時間の計測
  • 履歴の検索ができる

Speedcheck Internet Speed Testは、Appleデバイスのみ対応のスピードテストアプリ。

速度の計測はワンタップで開始でき、20秒以内に終了します。
とても早くて簡単なので、ささっと調べたいときに便利です。

測定履歴は検索が可能で、特定の条件で比較がしたいときデータを探す手間が省けます。
結果には非公開コメントを添えることも可能なので、いつどこで測定したデータなのかも管理しやすいです。

また通信速度だけでなく、測定結果に基づいたアプリのパフォーマンスなども予測してくれます。

■Speedcheck Internet Speed Test
iOSアプリダウンロード

アプリの概要

価格 履歴機能 速度の比較機能
無料

まとめ

本記事では、おすすめのスピードテストアプリを5つ紹介しました。

今は自宅や外出先で、Wi-Fiを利用する機会も多いです。
日頃からスピードテストをしておくと、動画視聴やオンラインゲームの際に遅くてイライラせず済みます。

スピードテストアプリは無料で使えるアプリが多いので、ぜひ試してみてください。

最後に内容のおさらいです。

  • アプリをダウンロードしたくない人はGoogleのインターネット速度テストがおすすめ
  • 回線速度の平均値がわかる
  • 時間帯や場所を変えて測定して、速度が安定する場所を見つけるのがおすすめ
  • 投稿者名: takanashi スマホアプリ