SIMフリースマートフォン全品送料無料
スマツー ロゴ

BIC WiMAXの特徴・メリットを解説!速度制限・解約方法

モバイルWiFi

  更新日:2020.03.24 

モバイルWiFi bic-wimax

BIC WiMAX(ビックワイマックス)とは、ビックカメラが提供しているWiMAXの通信サービスです。

BIC WiMAXは店舗でのみ申し込みができますが、わざわざ店舗に行く前にBIC WiMAXの特徴や評判を確認しておきたいという人も多いのではないでしょうか。

本記事ではBIC WiMAXのサービス内容やメリット・デメリット、速度制限や解約方法についてをまとめて紹介します。

BIC WiMAXの契約を検討している人は、ぜひチェックしてください。

  • BIC WiMAXはビックカメラなどの店頭で契約できる
  • 料金プランはギガ放題のみだが契約期間が選べる
  • 解約は電話もしくは郵送で可能

BIC WiMAXの特徴・メリット

ビックカメラの店舗
BIC WiMAX SERVICEの特徴やメリットは下記の通りです。

全国のビックカメラ店舗などで申し込みできる

BIC WiMAXの契約は、機種変更の場合はインターネットもしくは電話からの手続きができますが、新規契約は店舗での申込みのみ可能です。

取り扱いしている家電量販店は下記の通りです。

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ電気

参照:BIC WiMAX取り扱い店舗

申し込みをしたい人は近くの店舗へ行って契約をする必要があります。

店舗契約のメリットは、契約手続きやWi-Fiルーター端末の初期設定をスタッフが手伝ってくれることや、ルーター端末の実機確認ができて、即日受け取り・利用開始できる点です。
ネット申し込みだと、通常、申し込みから利用開始までに2日〜3日かかるので、今すぐWiMAXを使い始めたい人におすすめです。

料金プランはギガ放題のみ

BIC WiMAXの料金プランはギガ放題のみです。

ギガ放題は月間データ量の上限がなく、使い放題でつかえるプランです。

契約期間(最低利用期間)は3年間、2年間(自動更新あり・なし)、期間条件なしから自由に選べ、選ぶ期間によって料金が変わります。

BIC WiMAXの料金プランは使い放題の代わりに月額料金が高くなるため、あまりデータ量を必要としていない人にとっては、料金プランが選べないという点はデメリットとなります。

3年契約ならLTEオプションが無料

LTEオプションとは、WiMAX2+の電波だけでなくauの4G LTE通信が使えるオプションです。

auの4G LTE通信はエリアが広く、屋内や地下などの電波の届きにくい場所でも繋がりやすい特徴があります。

下記は、通常料金とLTEオプションを利用した場合の料金を比較した表です。

料金体系 3年契約 2年契約 契約期間なし
通常料金 3,880円 3,880円 4,050円
+LTEオプション時 3,880円 4,885円 5,055円

BIC WiMAXでは3年契約の場合のみLTEオプションが無料で使えるため、屋内や地下など電波の届きにくい場所での利用がメインとなる人は3年契約がおすすめです。

公式サイトをみる

BIC WiMAXの料金プラン

BIC WiMAXの料金プランは下記の通りです。

料金プラン 3年 2年 期間条件なし
事務手数料(初回登録料) 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金 3,880円 3,880円< 4,050円
端末代金 一括払い:15,000円
端末アシストプラン:500円×30回
一括払い:15,000円
端末アシストプラン:500円×30回
一括払い:15,000円
端末アシストプラン:500円×30回
LTEオプション 無料 1,005円/月 1,005円/月

参照:BIC WiMAXの料金プラン

BIC WiMAXはギガ放題プランのみですが、契約期間が選択でき、選ぶ契約期間によって月々の利用料金が異なります。

2年契約プランは自動更新ありか自動更新なしかを選べますが、自動更新なしの場合は26ヶ月目以降の料金が4,050円/月と高くなるので注意してください。

契約に必要となる事務手数料(初回登録料)や、端末代金はどの料金プランを選んでも同じ料金が必要です。

BIC WiMAXはキャッシュバックキャンペーンや特典はないので、注意してください。

BIC WiMAXの通信速度

ワイモバイルとUQモバイルの速度比較
BIC WiMAXの通信速度について調査した結果を下記の表にまとめました。

機種名 通信速度
W06 USB接続:下り最大1.2Gbps
Wi-Fi接続時:下り最大867Mbps
W05 下り最大758Mbps
上り最大112.5Mbps
WX04 下り最大440Mbps
W04 下り最大440Mbps
WX03 下り最大440Mbps
W03 下り最大370Mbps
WX02 下り最大220Mbps

BIC WiMAXの通信速度は、ハイスピードプラスエリアモードを利用することでより速い速度で利用できます。

利用する機種によって最大速度が異なり、実際の通信速度は通信環境や混雑状況によって異なりますが、機種を選ぶときは機種ごとの最大速度も参考にしてください。

通信制限(速度制限)がかかる条件

BIC WiMAXでは下記の場合に、通信速度制限が発生します。

  • 前日までの直近3日間で10GB以上通信を行った場合
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GB超えの通信を行った場合

BIC WiMAXはデータ量に制限がなく使い放題のプランですが、前日までの直近3日間で10GBを超えると通信制限が発生します。

通信速度制限は18時〜翌日2時頃にかけて、通信速度が1Mbpsに制限され、直近3日間のデータ消費量が10GB未満になれば解除されます。

速度制限にかかると速度は遅いですが、時間帯が夜間だけなので、それ以外の時間は通常の速度で利用可能です。

ハイスピードプラスエリアモード利用時は使い放題ではなく、7GBまでのデータ量が設定されています。

ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合は通信速度制限にかかり、通常のハイスピードモードも通信速度が遅くなるので注意してください。

BIC WiMAXの申し込み方法

BIC WiMAXを申し込むには近くの店舗に行って手続きを行います。

通常店舗での契約となるため、即日開通ができルーターを持ち帰りができますが、店舗によっては在庫状況や混雑状況によって時間がかかる場合があるため、注意してください。

BIC WiMAXの申し込みの手順は下記の通りです。

  1. 近くの店舗へ申し込みをしに行く
  2. WiMAX2+端末や料金プランの選択をする
  3. 審査完了後ルーターを受け取る

BIC WiMAXを申し込むときには、本人確認書類とクレジットカードが必要です。

契約当初はクレジットカードでの契約しかできませんが、あとから支払い方法を口座振替に変更が可能です。

BIC WiMAXの契約は店舗での契約となるため、SIMカードの差し込みや、初期設定などは店頭のスタッフが行います。

難しい設定などは必要なく、店頭のスタッフに従って手続きをするだけなので、ややこしい手続きを自分でしたくない人におすすめです。

BIC WiMAXの解約方法

BIC WiMAXを解約する場合、電話もしくは郵送で手続きが可能です。

下記にそれぞれの解約方法の概要をまとめましたので、参考にしてください。

解約方法 電話 郵送
必要なもの サポートセンターへの電話
(受付時間:9:00〜21:00)
「解約届」の記入と送付
解約日 電話当日〜30日以内で指定可能 投函日より6営業日以降〜30日以内で指定可能

BIC WiMAXを解約する場合は、利用料金は日割り計算となるため、いつ解約しても問題ありませんが、更新月以外の解約の場合解約違約金が発生するため、日にちに余裕を持って解約手続きを行ってください。

LTEオプションなどのオプションはBIC WiMAXを解約すると自動的に解約されますが、日割り計算はされないため注意が必要です。

BIC WiMAXで購入した端末は返却不要のため、必要ない場合は自治体の指示に従って処分をしてください。

BIC WiMAXの解約違約金(契約解除料)

BIC WiMAXでは契約をしている期間によって、契約解除料(手数料)が発生します。

BIC WiMAXの契約解除料について下記の表にまとめました。

契約期間 3年 2年(自動更新あり) 2年(自動更新なし) 機関条件なし
契約満了月 37ヶ月目 25ヶ月目 25ヶ月目 なし
更新月 38ヶ月目 26ヶ月目 なし なし
解約金なしの期間 37ヶ月目の末日〜39ヶ月目 25ヶ月目〜27ヶ月目 26ヶ月目以降 いつでも
解約金 9,500円 1,000円 1,000円 なし

上記の表のようにBIC WiMAXでは契約期間によって契約期間ならびに契約解除料が異なります。

3年契約は契約解除料が9,500円発生しますが、2年契約の場合は解約金が1,000円と安く設定されています。

2年自動更新ありの場合も、3年契約に比べて更新期間が3ヶ月あり、より安心して利用できる点がメリットです。

解約をするタイミングは、解約期間なしの期間がおすすめですが、締め日に解約を行うと無駄なく利用できるのでおすすめです。

契約解除料は解約時だけでなく、料金プラン変更の場合も契約解除料が必要となるため注意してください。

BIC WiMAXとUQ WiMAXの違い

BIC WiMAXとUQ WiMAXの違いを下記の表にまとめました。

比較表 BIC WiMAX UQ WiMAX
月額料金 3,880円〜 3,880円〜
料金プラン ギガ放題 ギガ放題
UQ Flatツープラス ギガ放題
端末代金 15,000円 15,000円
契約期間 3年・2年・期間なし 3年・2年・期間なし
解約金 9,500円もしくは1,000円 ギガ放題:1,000円
UQ Flatツープラス ギガ放題:9,500円〜19,000円
申込方法 店舗 店舗・インターネット

BIC WiMAXとUQ WiMAXは月額料金は同じで、プランも3年契約・2年契約(自動更新あり/なし)・契約期間なしから選べます。

大きな違いは、BIC WiMAXは、店舗でのみの契約となりますが、UQ WiMAXは、インターネットでも契約ができます。

回線は同じWiMAX回線のため、通信エリアや通信速度、速度制限のルールなどに違いはありません。

BIC WiMAXは下記のような人におすすめです。

  • 申し込みや初期設定などに不安がある人
  • 即日開通・受け取りをしたい人
  • 端末を実際に見てから選びたい人

まとめ

本記事ではBIC WiMAXのサービス内容や評判を調査し、メリット・デメリット、速度制限や解約方法についてをまとめて紹介しました。

BIC WiMAXは、ビックカメラやソフマップ、コジマ電気の店舗で契約ができるWiMAXです。

インターネットでは契約はできませんが、実際に店頭で製品を見てから購入できたり、店頭スタッフにわからないことを聞けたりするので、手続きに不安がある人におすすめです。

店舗契約のため、初期設定を自分でする必要もなく、即日開通・受け取りができるので、早く契約をしたい人もBIC WiMAXを選択してはいかがでしょうか。

最後に本記事のおさらいをしてBIC WiMAXについて理解を深めましょう。

■BIC WiMAXの特徴・メリットについて

  • BIC WiMAXはビックカメラなどの店舗で契約ができる
  • 料金プランはシンプルにギガ放題のみだが契約期間が選べる
  • 3年契約の場合LTEオプション(1,005円/月)が無料で使える
■BIC WiMAXの基礎情報について

  • BIC WiMAXの料金プランは通常3,880円/月
  • 2年契約(自動更新なし)は26ヶ月目以降は4,050円/月
  • 契約期間なしは4,050円/月
  • 事務手数料はどの契約期間でも3,000円必要
  • 端末代金は一括15,000円もしくは分割払い(500円×30回払い)
  • 前日までの直近3日間で10GBを超えると通信速度制限にかかる
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えると通信速度制限にかかる
  • ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限にかかると通常のハイスピードモードも通信速度制限になる
■BIC WiMAXの申し込みと解約について

  • 申し込みは店舗で行い、手続きは店頭スタッフが行ってくれる
  • 店頭申込時には本人確認書類とクレジットカードが必要
  • 支払い方法は後日口座振替に変更が可能
  • BIC WiMAXの解約は電話もしくは郵送で行える
  • 電話の場合電話をした当日〜30日以内で解約日を指定できる
  • 郵送の場合は投函日より6営業日〜30日以内で解約日を指定できる
  • 解約金は3年契約は9,500円、2年契約は1,000円が必要

投稿者名: missan モバイルWiFi