メールマガジンの登録受付を開始しました
スマツー ロゴ

ドラゴンクエストウォークに最適なスマホ5選!アプリが快適に遊べる推奨スペック

スマホ

  更新日:2020.01.25 

スマホ ドラクエウォークスマホ

「ドラクエGO」「DQウォーク」「ドラクエウォーク」の愛称でも親しまれているアプリゲーム「ドラゴンクエストウォーク」は、現実世界をドラゴンクエストの世界と重ね合わせ、スマホを持って歩くことで冒険を進めていく位置情報RPG。日本各地にある特定のランドマークで発生するイベント目的に、全国へ旅行に行く人がいるほど人気のゲームです。

本記事では、これからドラクエウォークを始める人やスマホの買い替えを検討している人に向けて、おすすめの新作Android端末5機種を紹介します。ドラクエウォークの必要動作環境や推奨スペックについても解説していますので、ドラクエウォークを快適に楽しみたい人はぜひ参考にしてください。

  • ドラクエウォークの必要動作環境はAndroid4.4 OS 以上、iOS10.0以上
  • ドラクエウォークの推奨スペックはAndroid OS 8.0以上、iOS 12.0以上
  • ドラクエウォークは充電の消費が大きいため、バッテリー持ちに優れたスマホがおすすめ

ドラクエウォークの動作可能端末・推奨スペック

スマホで動画を見る
ドラクエウォークでは現実世界を歩くことでストーリーが進んだり、クエストが発生したり、家を建てることができたりと、まるで人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の世界が現実世界に飛び出してきたような感覚を味わえます。

ドラクエウォークに最適なスマホを利用すれば、高性能なCPUでアプリのかくつきや処理のもたつきを感じる心配がなく、マップ移動時の操作も快適。また有機ELなどのディスプレイで、戦闘画面の美しいグラフィックを堪能できるのも魅力です。

必要動作環境

まずはドラクエウォークの必要動作環境をiPhone、Androidでそれぞれ紹介します。

必要動作環境とはアプリを起動するのに最低限必要なスペックのこと。下記表を参考に、自分のスマホがドラクエウォークの必要動作環境を満たしているか確認してください。

■Android

OS Android4.4 以上
メモリ(RAM) 2GB以上

■iPhone

OS iOS10.0 以降
対応機種 iPhone5s 以降

上記のスペックを満たしていれば、iPhone、Androidともにドラクエウォークをプレイできます。詳細については「ドラゴンクエストウォーク」公式サイトを参照してください。

ドラクエウォークの推奨スペック

続いてドラクエウォークをプレイするスマホの推奨スペックを紹介しましょう。必要動作環境がアプリを起動するのに最低限必要なスペックであるのに対して、推奨スペックはドラクエウォークを快適に操作しながらプレイするために必要な環境のことを指します。

■Android

OS Android 8.0以上
RAM 4GB以上
CPU Qualcomm Snapdragon 660、HUAWEI Kirin 710、Exynos 9810以上

■iPhone

OS iOS 12.0以上
推奨機種 iPhone 7以上

AndroidならAndroid 8.0以上でRAMが4GB以上iPhoneならiOS 12.0以上のiPhone7以降の端末で快適にドラクエウォークをプレイできます。その他の機種でもドラクエウォークで遊ぶことは可能ですが、快適にプレイしたいなら推奨スペックを満たしたスマホを利用するのがおすすめです。

ドラクエウォークにおすすめのSIMフリースマホ端末

続いてドラクエウォークをプレイするのにおすすめのSIMフリースマホランキングを紹介します。紹介する機種は以下の5種類です。

ドラクエウォークは長時間プレイすることが多く、バッテリーの消費が大きいためバッテリーの持ちに優れたスマホがおすすめ。必要スペックはそれほど高くないため、リーズナブルな価格帯のスマホでも十分に楽しめます。

ZenFone 6

ZenFone 6

■端末スペック

機種名 ZenFone 6
発売日 2019年8月23日
本体価格 69,500円〜
ディスプレイ 6.4インチ IPS
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 855
メモリ 6GB/8GB
ストレージ 128GB/256GB
カメラ メインカメラ:4,800万画素
2ndカメラ:1,300万画素
バッテリー 5000mAh
DSDS DSDV
おサイフケータイ ×
防水防塵 ×

参照: 「ZenFone 6 スペック

■編集部が推奨するZenFone 6のおすすめポイント

  • 180度回転する「フリップカメラ」で高画質な自撮り、フリーアングル撮影、パノラマ撮影が可能
  • 画面占有率92%の「オールスクリーン ナノエッジディスプレイ」搭載、大画面でゲームや動画視聴が楽しめる
  • 急速充電に対応した5000mAhの大容量バッテリーで一日中遊んでもバッテリー切れの心配なし

ZenFone 6は180度回転する「フリップカメラ」が特徴的なハイスペックスマートフォン。0.5秒でスムーズに立ち上がるフリップカメラで新次元の写真撮影が可能です。フリップカメラを背面に搭載しているため前面にはノッチがなく、6.4インチの大画面でドラクエウォークを楽しめます。5000mAhの大容量バッテリー内蔵で、充電切れを気にする必要もありません。

ZenFone 6は下記リンクから送料無料で購入できます。

スマツーストアで購入する

▼ ZenFone 6について詳しい性能や機能はこちらの記事を読んでください

OPPO R17 Pro

OPPO R17 Proレビュー

■端末スペック

機種名 OPPO R17 Pro
発売日 2018年12月21日
本体価格 53,370円〜
ディスプレイ 6.4インチ 有機EL
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 710
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ アウトカメラ:1200万画素+2000万画素
インカメラ:2500万画素
バッテリー 2×1850mAh(約3700mAh相当量)
DSDS DSDV
おサイフケータイ ×
防水防塵 ×

参照: 「OPPO R17 Pro スペック

■編集部が推奨するOPPO R17 Proのおすすめポイント

  • 超急速充電「SuperVOOC」に対応、充電時の負荷を下げるツインバッテリー内蔵がゲームプレイ時の発熱も抑える
  • 指紋センサーはディスプレイの中に内蔵、顔認証システムも搭載しており状況に応じて使い分けが可能
  • AIを搭載したトリプルカメラがどんなシーンも繊細に描写、実際に見たままの景色を写真に残せる

OPPO R17 ProのCPUはクアルコム社のSnapdragon 710で、ドラクエウォークはもちろん3Dゲームプレイ時にもストレスを感じません。超急速充電に対応したツインバッテリーが、ドラクエウォークプレイ時に気になりがちな本体の発熱を抑えてくれます。ミストグラデーションはブルーとパープルが混ざり合った美しいデザインで、人と被らないデザインのスマホを持ちたい人におすすめです。

OPPO R17 Proは下記リンクから送料無料で購入できます。

スマツーストアで購入する

▼ OPPO R17 Proについて詳しい性能や機能はこちらの記事を読んでください

Galaxy A30

■端末スペック

機種名 Galaxy A30
発売日 2019年6月6日
本体価格 43,200円〜
ディスプレイ 約6.4インチ 有機EL
SoC(CPU) Exynos 7904
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ アウトカメラ:約1300万画素+500万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー 3900mAh
DSDS ×
おサイフケータイ
防水防塵 IPX5/IPX8 / IP6X

参照: 「Galaxy A30 スペック

■編集部が推奨するGalaxy A30のおすすめポイント

  • 水滴型のノッチが狭額ベゼルを実現、6.4インチの有機ELディスプレイで美麗なグラフィックを堪能できる
  • デュアルメッセンジャー機能で、仕事用とプライベート用にLINEアカウントを2つ作ることが可能
  • 防水・防塵・おサイフケータイと日常生活に欠かせない機能をすべて搭載

Galaxy A30は3900mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、バッテリーの消費が大きいドラクエウォークプレイヤーにおすすめ。有機ELディスプレイや防水・防塵・おサイフケータイ、指紋認証・顔認証両対応など、価格はリーズナブルであるもののユーザーが欲しい機能を備えており、コストパフォーマンスに優れた機種です。

公式ページを見る

▼ Galaxy A30について詳しい性能や機能はこちらの記事を読んでください

AQUOS zero SH-M10

AQUOS zero SH-M10

■端末スペック

機種名 AQUOS zero SH-M10
発売日 2019年4月9日
本体価格 90,695円〜
ディスプレイ 約6.2インチ 有機EL
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 845
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ アウトカメラ:約2260万画素
インカメラ:約800万画素
バッテリー 3130mAh
DSDS ×
おサイフケータイ
防水防塵 IPX5/IPX8 / IP6X

参照: 「AQUOS zero SH-M10 スペック

■編集部が推奨するAQUOS zero SH-M10のおすすめポイント

  • 146gの薄く軽いボディで、スマホを長時間持って歩いても疲れない
  • 背面パネルの素材はアラミド繊維「テクノーラ」で、スマホでの重い処理中にも手に熱を感じにくい
  • 2つの電源ICを搭載し、充電中の発熱を抑える「パラレル充電」で充電しながらでもスマホでコンテンツを楽しめる

AQUOS zero SH-M10は約6.2インチの有機ELディスプレイと3130mAhのバッテリーを持っていながらも、本体重量146gという軽さが特徴のスマートフォン。背面素材に採用されたアラミド繊維テクノーラパラレル充電で、モバイルバッテリーで充電しながらドラクエウォークを遊んでも発熱に悩まされる必要がありません。

AQUOS zero SH-M10は下記リンクから送料無料で購入できます。

スマツーストアで購入する

▼ AQUOS zero SH-M10について詳しい性能や機能はこちらの記事を読んでください

HTC U11

■端末スペック

機種名 HTC U11
発売日 2017年7月7日
本体価格 59,000円〜
ディスプレイ 5.5インチ
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 835
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:1600万画素
バッテリー 3000mAh
DSDS ×
おサイフケータイ
防水防塵 IPX7 / IP6X

参照: 「HTC U11 スペック

■編集部が推奨するHTC U11のおすすめポイント

  • 側面を強めに握ることで特定の機能を呼び出す「エッジ・センス」を搭載、欲しい機能を一瞬で呼び出せる
  • ひとりひとりの聞こえ方に合わせて音をチューニングする「HTC Uソニック・ハイレゾ」を採用
  • CPUは高性能なSnapdragon 835で、ゲーム中でもかくつきや処理の重さを感じる心配なし

HTC U11の特徴はスマホの側面をひと握りするだけで特定の機能を呼び出せる「エッジ・センス」で、画面をタップしたり音声入力したりするよりも圧倒的なスピードでアプリを起動できます。ホーム画面を自由にカスタマイズ可能で、ホーム画面にこだわりがある人にもおすすめ。防水防塵やおサイフケータイ、世界最高水準のカメラも搭載したハイスペックスマートフォンです。

公式ページを見る

▼ HTC U11について詳しい性能や機能はこちらの記事を読んでください

まとめ

ドラクエウォークの必要動作環境や推奨スペック、おすすめのAndroid端末5機種を紹介してきました。

ドラクエウォークは中毒性が高く、長時間遊べるゲームです。推奨スペックを満たしたスマホを使って、ストレスなく快適に楽しむことをおすすめします。

既にドラクエウォークをプレイしていて機種変更を検討している場合は、ドラクエウォークがスムーズに動作することはもちろん、自分が欲しい機能を備えているかどうかを確認して、最適なスマホを選択しましょう。

最後に本記事をおさらいします。

  • ドラクエウォークの必要動作環境はAndroid4.4 OS 以上、iOS10.0以上
  • ドラクエウォークの推奨スペックはAndroid OS 8.0以上、iOS 12.0以上
  • ドラクエウォークは充電の消費が大きいため、バッテリー持ちに優れたスマホがおすすめ

投稿者名: ryo スマホ