日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

Galaxy A30の価格・スペックレビュー!日常使いに十分な性能

スマホ

  更新日:2020.08.31 

スマホ GalaxyA30のレビュー

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

Galaxy A30は、大画面有機ELディスプレイと大容量バッテリーを搭載したミドルレンジスマホです。

サムスン製のスマートフォンで、日本での発売日は、2019年6月6日です。Galaxy A30は、au、UQ、JCOMの販売店から購入できます。

本記事では、Galaxy A30のスペックレビューを詳しく紹介。どんな人におすすめの端末なのか、徹底解説します。

  • 低価格でコスパの高いミドルレンジスマホ
  • 大画面の有機ELディスプレイと大容量バッテリーを搭載
  • メモリ・ストレージが4GB/64GBで、日常使いにぴったりのスペック

Galaxy A30のスペックと価格

機種名 Galaxy A30
カラー ブルー、ブラック、ホワイト、レッド
本体価格 約32,000円〜
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約75.0×160.0×8.2mm
重量 約176g
OS Android 9 Pie
SoC(CPU) Exynos 7904
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
SIMカード nanoSIM
バッテリー 3900mAh
ディスプレイ 6.4インチ 有機EL
カメラ アウトカメラ: 約1300万画素+500万画素
インカメラ: 約800万画素
通信速度 受信時最大260Mbps
送信時最大50Mbps
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
USB USB Type-C
SDカード microSDカード 最大512GB
センサー モーション、照度、近接
通信方式
発売日 2019年6月6日

Galaxy A30は、3万円台の低予算で買える端末にもかかわらず、6.4インチの大画面有機ELディスプレイや、超広角レンズつきのデュアルカメラを搭載したコスパ最強スマホです。

CPUはサムスン独自のエンジン「Exynos 7904」搭載で、日常使いにぴったりなミドルスペックです。

Galaxy A30の販売店舗は、au、UQモバイル、JCOMです。月々のスマホ料金をお得に使うなら、UQモバイルでSIMとセットで購入するのがおすすめです。

Galaxy A30の口コミ評判

では、実際のGalaxy A30の口コミ評判を見ていきましょう。ツイッターから一部の口コミ評判を紹介します。


実際にGalaxy A30で撮影した写真を見ると、水族館のような暗い場所でも、白飛びや黒つぶれがなく、鮮明で綺麗な写真が撮れています。他の機種(Pixel 3)と比較した写真では、Galaxy A30の方が明るく鮮やかに撮れていることがわかります。

Galaxy A30の指紋認証センサーは背面についていて、スマホを持ったときに指をかざすだけで画面ロック解除ができます。慣れれば問題なく操作できるので、安心してください。

Galaxy A30の悪い口コミ評判として、ワイヤレス充電ができない点を指摘する口コミがありました。

iPhone XSや、Galaxy S10、S10+など、最近はワイヤレス充電可能な機種もありますが、Galaxy A30は、従来のUSB Type-Cのケーブル充電なので、ワイヤレス充電に慣れている人は、少し不便に感じる場合があります。
しかし、Galaxy A30は、3900mAhの大容量バッテリー搭載で、急速充電対応のため、そこまで充電ストレスを感じることはないので安心してください。

Galaxy A30の特徴・メリット

Galaxy A30は、ディスプレイ・バッテリー・カメラのすべてが値段以上のクオリティーです。Galaxy A30のスペックの特徴について、順番に紹介します。

6.4インチの有機ELディスプレイを搭載

Galaxy A30は、ミドルレンジモデルでは珍しい有機ELディスプレイを搭載。しずく型ノッチを採用したベゼルレスモデルで、フルスクリーンで有機ELの高精細な映像が楽しめるのが最大の魅力です。

カラーバリエーションも豊富で、ブルー、ブラック、ホワイト、レッドの4色を展開しています。光沢仕上げされたボディは手触りもよく、シンプルなデザインで値段以上に高級感のある見た目です。

急速充電に対応した大容量バッテリー

Galaxy A30は、3900mAhの大容量バッテリーを搭載。1日中、電池切れの心配なしでSNSやYouTubeの動画が見られます。

充電する際も、15Wの急速充電に対応しているため、スピード充電が可能です。Galaxy A30はワイヤレス充電非対応ですが、充電時間が短いのでそこまでストレスは感じません。

超広角レンズが搭載されたデュアルカメラ

Galaxy A30のアウトカメラは、F値1.9の標準レンズ(1300万画素)と、超広角カメラ(500万画素)のデュアルカメラを搭載。人物・風景・食事・夜景など、19種類のシーンを自動識別して、最適な彩度や明るさでシャッターが切れます。
撮り直しアラート機能では、撮影した写真がピンぼけしていたり、目をつぶっていたりすると、自動的にカメラ画面で通知されるので、すぐに撮り直しができます。

超広角カメラは123°の広角レンズで、人間の視野と同じくらいの範囲を一度にパノラマ撮影できます。旅行先で見たままの景色をそのまま写真に残したいときや、家族や友達と大人数で写真を撮るときに大活躍すること間違いなしです。

800万画素のインカメラでは、自撮りフォーカスでボケみのあるポートレート写真が撮れます。おしゃれなフィルターやステッカーも使えるので、一発でインスタ映えする写真が撮れます。

顔認証・指紋認証付きでセキュリティ面も優秀

Galaxy A30の画面ロック解除は、顔認証と指紋認証の方法があります。

顔認証は完全に個人にカスタマイズされたセキュリティなので、端末ユーザーだけがアクセスできます。画面を見るだけですぐにロック解除されるので、満員電車など身動きが取りづらい場所でも、スムーズにスマホを開けます。

Galaxy A30の指紋認証センサーは、スマホの背面に設置されています。スマホを持ち上げたときの自然な動作ですぐに画面ロック解除できるのが便利です。

おサイフケータイと防水防塵に対応

Galaxy A30は、FeliCa搭載のおサイフケータイです。通勤定期をモバイルSuicaで使っている人は、Galaxy A30でも使えるので安心してください。

さらに、防水防塵機能がついているので、海やプールにも気軽に持っていくことができます。お風呂でドラマを見たり、キッチンでレシピ動画を見ながら料理をするときも便利です。

Galaxy A30のデメリット

Galaxy A30を購入する前に、いくつか注意点を確認しておきましょう。

それぞれのGalaxy A30のデメリットについて、詳しく説明します。

DSDS/DSDVに非対応

Galaxy A30は、2枚のSIMカードは同時に使えません。デュアルSIMデュアルスタンバイ、デュアルSIMデュアルVoLTEは非対応です。

Galaxy A30のSIMスロットは、SIMカード1枚と、マイクロSDカード1枚に対応しています。SDカードは最大512GBまで対応可能なので、Galaxy A30で撮った高画質写真や4K動画をたくさん保存できます。

ミドルクラスのCPU性能で高負荷ゲームには不向き

Galaxy A30のCPUは、サムスン独自のプロセッサ「Exynos 7904」を搭載しています。

SNSやウェブ検索、動画再生、音楽ストリーミングなど、日常使いにはぴったりのミドルスペックですが、一部の高負荷ゲームでは、動作が少し重くなる場合があります。

3Dグラフィックの音ゲー、オンラインRPG、FPS・TPSゲームなどの高負荷ゲームをいくつもガッツリ遊びたい人は、より高性能なスペックを保持したスマートフォンを購入するのがおすすめです。

Galaxy A30とAQUOS sense2 かんたんのスペック比較

Galaxy A30と、同時期の2019年6月に発売された「AQUOS sense2 かんたん」の端末スペックを比較しました。どちらも本体価格は3万円台で、ミドルスペックのスマホです。

ディスプレイは、Galaxy A30が6.4インチの大画面有機ELに対して、AQUOS sense2 かんたんは、約5.5インチの省エネIGZOディスプレイです。

バッテリー容量とカメラ機能を比較すると、Galaxy A30はAQUOS sense2 かんたんの約1.5倍のバッテリー容量を搭載しています。カメラ機能も、Galaxy A30はデュアルカメラを搭載しているため、より高性能です。

Galaxy A30は、有機ELディスプレイと大容量バッテリーを兼ね備えているため、スマホでNetflixなどの映画やドラマ、YouTubeの動画を頻繁に見る人におすすめです。
スマホのサイズや重さを重視して選ぶなら、より軽量でコンパクトサイズのAQUOS sense2 かんたんの機種がおすすめです。

Galaxy A30とAQUOS sense2 かんたんのスペック比較表は、以下の通りです。

機種名 Galaxy A30 AQUOS sense2 かんたん
カラー ブルー、ブラック、ホワイト、レッド ブライトシルバー、ミントグリーン、クリアホワイト
本体価格 約32,000円〜 32,400円〜
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約75.0×160.0×8.2mm 約71.0×148.0×9.4mm
重量 約176g 約155g
OS Android 9 Pie Android 9 Pie
SoC(CPU) Exynos 7904 Qualcomm Snapdragon 450
メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
SIMカード nanoSIM nanoSIM
バッテリー 3900mAh 2700mAh
ディスプレイ 6.4インチ 有機EL 約5.5インチ IGZOディスプレイ
カメラ アウトカメラ: 約1300万画素+500万画素
インカメラ: 約800万画素
アウトカメラ: 約1200万画素
インカメラ: 約800万画素”
通信速度 受信時最大260Mbps
送信時最大50Mbps
受信時最大150Mbps
送信時最大50Mbps”
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
USB USB Type-C USB Type-C
SDカード microSDカード 最大512GB microSDカード 最大512GB
センサー モーション、照度、近接
通信方式 au回線に対応
発売日 2019年6月6日 2019年6月14日

参照: Galaxy A30のスペック詳細
参照: AQUOS sense2 かんたんのスペック詳細

Galaxy A30がおすすめの人

最後に、筆者が考える「Galaxy A30がおすすめの人」は以下の通りです。

  • 価格が安くてコスパがいいスマホがほしい人
  • ミドルクラスのスペックで十分な人
  • 大画面の有機ELディスプレイで高画質な動画を楽しみたい人
  • セキュリティが安全なスマホほしい人
  • 防水防塵・おサイフケータイ機能を使いたい人

上記に当てはまる人は、今すぐGalaxy A30に買い替えましょう。

公式ページに移動する

まとめ

本記事では、Galaxy A30のスペックレビューを紹介しました。

Galaxy A30は、日常的にぴったりのスペックで、ディスプレイ・バッテリー・カメラが値段以上のクオリティーです。お得な価格で有機ELディスプレイの圧倒的な映像美を体験したい人は、今すぐ購入してください。

本記事で紹介した内容は、以下の通りです。

  • 低価格ながら、有機ELディスプレイ搭載のコスパ最高スマホ
  • 急速充電対応で、ストレスなく充電できる
  • 見たままのそのままの景色を撮影できる超広角レンズつき
  • 画面ロックは、顔認証・指紋認証でセキュリティが強い
  • 高負荷ゲーム以外なら快適にプレイできる

投稿者名: スマツー編集部 スマホ

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す