日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

Googleアカウントにログインできない原因と対処法!機種変更時の注意点

スマホの使い方

  更新日:2020.08.31 

スマホの使い方 Googleアカウントにログインできない

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

Googleアカウントにログインができない原因と対処法について紹介します。iPhoneやAndroidスマホ、パソコンで、GmailやGoogleフォトなどにログインして利用をしようとしたときや、機種変更でGoogleアカウントにログインができずに困っていませんか。

Googleアカウントにログインができない原因の多くは、メールアドレスとパスワードの間違いですが、2段階認証の認証コードが届かない場合や、エラーが出る場合など、原因は様々です。本記事ではGoogleアカウントにログインできない原因ごとに対処法を紹介しますので、Googleアカウントにログインできずに困っている人はぜひチェックしてください。

  • パスワードは半角・全角、大文字・小文字で区分されるため入力時は注意
  • 電話番号や再設定用のメールアドレス、バックアップコードなどの設定をしておくと安心
  • 対処法を試してもログインできない場合はアカウントの新規作成をする

Googleアカウントにログインできない原因と対処法

スマホを使う人物

本記事では、Googleアカウントにログインできない主な原因と対処法について、以下の項目を紹介します。

Google公式サイトでも状況別の詳しい対処法の確認が可能なので、公式サイトも参考に対処してください。

パスワードを忘れた場合

パスワードを忘れてログインができない場合は、アカウントの復元ページからパスワードの再設定を以下の手順で行ってください。

  1. 「パスワードをお忘れの場合」を選択する
  2. 最後に覚えているパスワードを入力する
  3. 最後に覚えているパスワードを入力して次へ
  4. 電話番号を入力して認証コードを受け取る
  5. 認証コードを入力する
  6. 新しいパスワードに変更する

パスワードに全く心当たりが無い場合などは、パスワード入力画面で「別の方法を試す」を選択すると、登録しているメールアドレス宛に認証コードが送られてきます。自分で設定している質問が表示される場合もあるので、登録時に設定した情報を入力してください。

上記の手順でパスワードを変更する前に、パスワードの入力に誤りが無いかを確認することも大切です。大文字・小文字、半角・全角を間違っている場合も、誤りだと判断されるため、入力欄の目のマークを押してしっかりと確認しながら入力を行ってください。

メールアドレスを忘れた場合

Googleのメールアドレス(ユーザー名)を忘れた場合、アカウントの復元ページから登録している電話番号もしくは再設定用のメールアドレスと登録名がわかれば認証コードでログインが可能です。Androidの人で既に端末でGoogleアカウントにログインしている場合は、「設定」>「アカウントと同期」>「Google」からメールアドレスの確認ができます。

同じようにGmailなどのアプリで既にログインをしている場合は、各アプリ内からメールアドレスが確認できるので、試してみてください。もしメールアドレスが全くわからず、登録している電話番号や再設定用のメールアドレスを設定してない場合は、新しくメールアドレスを取得しましょう。

アドレス・パスワードがあっているのにログインできない場合

メールアドレスもパスワードも間違っていないのにログインができない場合で、エラーが表示される場合は、もう1度ページを更新したり、Cookieがオフになっている場合はCookieをオンにしてから再ログインをしてみてください。ログインし直しても同じエラーが表示される場合は、アカウントの復元ページからアカウントの復元が必要です。

アカウントの復元には、本人確認のための質問に答えたり、認証コードの入力をする必要があります。ログイン時にページが更新されて表示されない場合などは、ブラウザが最新バージョンでない可能性があるため、ブラウザの更新を行ってから再ログインを試みてください。

2段階認証で認証コードが届かない場合

Googleアカウントの2段階認証とは、通常はパスワードのみでログインをするところ、セキュリティを強化するために、パスワードに加えてメッセージもしくは音声通話で届いた認証コードを入力して認証を行う方法です。2段階認証を有効にしていた場合、ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力した後、送られてくる認証コードの入力が必要です。

認証コードはメールアドレスもしくは登録している電話番号へのSMSで送信されますが、認証コードが届かない場合は迷惑メールのフォルダを確認してください。それでも届いていない場合は、「別の方法を試す」から電話で認証コードを受け取る方法もあります。

メッセージでも電話でも認証コードを受け取れない場合は、バックアップコードの利用もしくはバックアップ用の電話番号に認証コードを送っての利用ができますが、いずれも事前に設定が必要です。バックアップコードは、自動生成されたパスコードを1回限りで利用できる方法で、事前に発行しておいたコードを入力する必要があります。バックアップ用の電話番号は、別途登録してある電話番号宛に認証コードを送る方法です。

どちらの設定も未設定の場合は利用できないので、その場合はアカウントの復元ページからアカウントの復元が必要です。

機種変更により認証コードが確認できない場合

Googleアカウントに設定しているメールアドレスがキャリアのメールアドレスなどで、機種変更時にメールアドレスが変わって2段階認証の確認コードが届かない場合、電話番号が変わっていなければ音声通話で届いた認証コードを入力して認証が行えます。携帯電話番号が変わっている場合は、バックアップコードの利用もしくはバックアップ用の電話番号に認証コードを送ることが可能です。

バックアップコードもバックアップ用の電話番号も、事前に設定が必要なため、設定をしていない場合や、設定したけれどバックアップコードがわからない場合は、アカウントの復元ページからアカウントの復元が必要です。

何回もログインに失敗してロックがかかった場合

スマホを使う人物

ログイン画面で何回もログインに失敗してロックがかかった場合、解除されるまで待つしかありません。解除されるまでの時間は明確にはなっておらず、最大で24時間程度かかるため、注意が必要です。

次にロックがかかるのを防ぐために、ロックが解除されたらメールアドレス(ユーザーID)もしくはパスワードの再設定を行ってください。再設定やアカウントの復元はアカウントの復元ページから行えます。

複数のアカウントでログインしている場合

1つの端末に複数のアカウントでログインをしている場合は、現在ログインをしているアカウントで固定されている可能性があるため、1度ログアウトしてから他のアカウントでログインを試みてください。端末から他のアカウントでログアウトをすることで、新しいアカウントでログインが可能になる可能性が高いです。

新しいアカウントでログインができた後に、今まで使っていたアカウントでも再度ログインを行えば、複数のアカウントを使い分けて利用できます。

Googleアカウントが他人に乗っ取られた場合

突然ログインができなくなった場合は、Googleアカウントが他人に乗っ取りされた可能性があります。乗っ取られている可能性がある場合は、以下の手順でGoogleアカウントを取り戻す(復元)作業を試みてください。

  1. アカウントの復元ページへアクセスする
  2. メールアドレスを入力して次へ
  3. 「パスワードをお忘れの場合」を選択する
  4. 最後に使っていたパスワードを入力する
  5. 本人確認のための質問に答える
  6. 新しいパスワードに変更する

本人確認のための質問は、アカウントを作った月日や設定した内容などを問われるため、できるだけ多くの質問に答えてください。もし、質問に答えても復元されなかった場合でも、何度か試してみることが大切です。

アカウントを無事取り戻すことができたら、不正利用が起こらないように、セキュリティの強化の設定を行ってください。2段階認証をオンにしておけば、ログイン時に毎回認証コードの入力が必要となるため、第三者のログインを防げます。2段階認証に加えて、再設定用の予備のメールアドレスの設定をしておくと、もしログインができなくなった時に、予備のメールアドレスでログインが可能です。

一時的なエラーの場合

メールアドレスとパスワードがあっているのに、エラーメッセージが表示される場合は、以下の項目を試してみてください。

  • ブラウザとアプリの両方でログインを試してみる
  • 違うブラウザアプリで試してみる
  • アプリやOSが最新バージョンでない場合はアップデートを行う
  • ネットワークが不安定な場合は通信環境が良い場所で試す
  • スマホを再起動してみる

上記を行っても改善されない場合は、Googleのシステム障害の可能性もあります。公式の情報や他に同じ症状が出ている人がいないかSNSなどで確認をし、システム障害の場合は、改善されるまで待ってから再度ログインをしてみてください。

アカウントが無効・停止されている場合

メールアドレスとパスワード正しいのにログインができず、アカウント停止・無効のエラーメッセージが表示されたり、その旨のメールを受信した場合は、アカウントが無効・停止されている可能性があります。Gmailで大量のメールを送ったり、アカウントに自動ログインするプラグインを利用したりしていると、規約違反に触れてアカウントが無効・停止される場合があります。

Googleアカウントが無効・停止になった場合は、ログイン画面から「復元を試す」を選択して、画面に従って入力をしていくことで、復元をするための審査がGoogleで行われます。審査に無事通れば復元完了、もし審査に通らなかった場合はアカウントを新規作成するしかありません。

Googleアカウントを削除してしまった場合

Googleアカウントを誤って削除してしまった場合、一定期間であれば復元が可能です。一定期間というのは明記されていないため、削除してしまった場合はできるだけ早く復元手続きを行ってください。削除してしまったGoogleアカウントの復元方法は以下の通りです。

  1. アカウントの復元ページへアクセスする
  2. 復元を試みるには「次へ」を選択する
  3. パスワードを入力する
  4. 作成した時期の入力or「別の方法を試す」で認証コードを受け取る

新しいGoogleアカウントを作成する方法

ここまで紹介した対処法を試してもログインができなかった場合、Googleアカウントを新規作成してください。ただし注意点として、新しいGoogleアカウントにGmailやGoogleフォトなどのデータ引き継ぎはできません

新しいGoogleアカウントの作成方法は以下の通りです。

  1. Googleアカウント登録ページへアクセスする
  2. 名前、メールアドレス、パスワードを入力する
  3. 生年月日などを入力する
  4. 利用規約に同意する

途中で電話番号や再設定用のメールアドレスの入力画面が出てきますが、設定をしておくと、今後ログインができなくなった場合に便利です。そのほか、Googleアカウントの初期設定の方法(名前・プロフィール写真の変更方法など)についての詳細は、以下の記事を御覧ください。

まとめ

本記事では、Googleアカウントにログインできないときの原因ごとに対処法を紹介しました。多くの原因はパスワードとメールアドレスの入力間違いですが、中にはログイン情報があってるのにログインができない場合もあります。Googleアカウントにログインできずに困っている人は、本記事で紹介した対処法を試してみて、それでもログインができない場合は、Googleアカウントの新規作成を検討してください。最後に本記事のおさらいをして、Googleアカウントにログインできない原因と対処法について理解を深めましょう。

  • パスワードは、大文字・小文字、半角・全角が区別されるので入力間違いに注意
  • パスワードを忘れた場合は再設定を行う
  • メールアドレスがわからない場合は電話番号もしくは再設定用のメールアドレスと登録名でログイン可能
  • アドレス・パスワードがあっているのにログインできない場合は、ページの更新やCookieをオンにして試す
  • 2段階認証の認証コードが届かない場合は音声通話で認証コードを受け取る
  • 機種変更時は認証コードを受け取る用のメールアドレスに注意
  • 何回もログインに失敗するとロックがかかり最大24時間ログインできないので注意
  • 複数のアカウントでログインしている場合は、一旦ログインしているアカウントをログアウトして試す
  • アカウントを乗っ取られた場合はアカウントの復元を行い、復元後はセキュリティを強化する
  • 一時的なエラーの場合はブラウザ、アプリでログインやOS・アプリのアップデート、再起動などを試す

投稿者名: スマツー編集部 スマホの使い方

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す