日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

Googleアシスタントの使い方!勝手に起動するときに無効化する設定方法

スマホの使い方

  更新日:2020.06.24 

スマホの使い方 Google アシスタント

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

iPhoneの音声検索「Siri」のように、Androidスマホには、音声検索の「Googleアシスタント」があります。Googleアシスタントはスマートフォンに「OK Google」と呼びかけることで起動します。指示通りにアプリを起動してくれたり、質問に対して様々な情報を提供してくれます。

本記事では、Googleアシスタントの初期設定方法や便利な使い方について説明しています。
さらに、Googleアシスタントが勝手に起動してしまうときの対処法として、Googleアシスタントをオフにして無効化する方法、アプリを停止して完全無効化する方法の2つを紹介します。Googleアシスタントがいらない人や、消す方法を知りたい人は本記事を読んでください。

  • Googleアシスタントを使えばハンズフリーで様々なことができる
  • GoogleアシスタントはiPhoneでも使用可能
  • Googleアシスタントが誤作動する場合はオフにするか完全無効化の2択

Googleアシスタントとは

スマホと女性

Googleアシスタントとは、Googleが開発したAIアシスタントのことを言います。「OK Google」と話しかけることでGoogleアシスタントが起動して、音声で読み上げた指示に応えてくれたり、会話したりすることができます。例えば「OK Google 〇〇さんに電話して」と呼びかけると、電話帳に入っている人ならば自動で発信してくれます。

基本的にはGoogle検索の音声入力バージョンなのでGoogleアシスタントにお願いして検索することもできますし、自分のスマホに入っているLINEなどのアプリを起動して音声操作することも可能です。

初期設定で自分の声を登録する

まず、Googleアシスタントを使用するためには自分の声を登録することが必須です。初期設定を行う前に確認しておきたいのが自分のスマホが対応しているかどうか。iOSとAndroidの対応機種は以下の通りなので、確認してみましょう。

  • iOS 10以降のiPhone
  • Android5.0以降搭載のスマホ

Googleアシスタントの初期設定方法は下記の通りです。

Googleアシスタンスの初期設定
Googleアシスタンスの初期設定
  1. Googleアプリを開く
  2. 右下の「その他」のアイコンをタップ
  3. 「設定」「音声」の順にタップし「Voice Match」をタップ
  4. 「Ok Google」をオンにして、自分の声を登録する

上記の方法で初期設定したもののうまく音声認識できない場合は、上記手順で「Voice Match」を開き、「音声モデルを再認識」から再設定してみましょう。

スマートスピーカーであるGoogle Homeでは最大6人の声を登録することができます。Google Homeで音声を登録したい場合は、Google Homeアプリを使います。自身のGoogleアカウントをリンクさせて音声登録したら完了です。

Googleアシスタントの声を女性から男性に変更したい場合、Google Homeアプリで右下の「アカウント」を開きます。その後、「設定」「アシスタント」「アシスタントの音声」の順に選択し、オレンジ色の方にチェックすれば変更できます。

iPhoneでもGoogleアシスタントが使える

Googleアシスタントと聞くとAndroidスマホで使うイメージが強いですが、実はiPhoneでも使用することができます。iPhoneで使用する際の設定手順は以下の通りです。

  1. App StoreからGoogleアシスタントアプリをインストール
  2. Googleアシスタントのアプリを開く
  3. Googleアカウントでサインイン(アカウントを持っていない場合は作成)
  4. 「Siriに追加」で完了

iPhoneでのGoogleアシスタントの使い方は、Googleアシスタントアプリを開いて「Ok Google」と話しかけるだけです。ハンズフリーで使用したい場合は、「Hey Siri」と話してSiriを起動させた後に「Ok Google」と呼びかけると使用できます

⇨⇨「Googleアシスタント」はこちらからインストール

Googleアシスタントは基本的にPCでは使用することができません。ただし、Macでは「MacAssistant」というソフトウェアを利用すればGoogleアシスタントが利用できるので、MacでGoogleアシスタントを使いたい人は利用してください。

Googleアシスタントが勝手に起動するときの対処法

「Ok Google」と呼びかけていないのにGoogleアシスタントが勝手に起動してしまうこともあります。Googleアシスタントの誤作動に対する対応策としてはGoogleアシスタントをオフにするかアシストアプリを停止して完全無効化するかの2択です。オフにする方法ではGoogleアシスタントの機能はオフになりますが、すぐオンにできるように画面上にバナーが現れます。バナーを消すには、Googleアシスタントを完全無効化する必要があります。

オフにしたり無効化したりするともちろん音声検索もできなくなるので、音声検索が必要ない人だけ設定しましょう。

Googleアシスタントをオフにする

Googleアシスタントが誤作動してしまうことは度々あります。誤作動すると困る状況のときはGoogleアシスタントをオフにすることをおすすめします。Googleアシスタントをオフにする主な手順は以下の通りです。Android端末の種類によって少し異なる場合もありますが、大体の手順は同じなので参考にしてください。

  1. Googleアシスタントの画面を開く
  2. 右上のメニューボタンを押す
  3. 「設定」を開く
  4. 「スマートフォン」を開く
  5. 「Googleaアシスタント」をオフにする

以上の方法でGoogleアシスタントをオフにすることができます。オフにするだけならば、スマホの画面上に現れるバナーから簡単にオンにすることができるので便利です。

アシストアプリを停止して完全無効化する

Googleアシスタンス無効化
Googleアシスタンス無効化

Googleアシスタントをオフにして無効化する方法は紹介しましたが、無効にしても「Googleアシスタントがあなたの生活をサポートします」という文言と共にオンにすることのできるバナーが表示されます。バナーを非表示にして消したい人は完全無効化しましょう。Googleアシスタントの機能を完全に停止させる主な手順は以下の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「アプリと通知」「デフォルトアプリ」の順に開く
  3. 「アシスタント機能と音声入力」をタップ
  4. 「アシストアプリ」を「なし」に設定する

※スマートフォンの機種によって手順が異なる場合があります(画像はGalaxy S7edgeの場合)

Googleアシスタントの使い方

スマホを使う女性

Googleアシスタントの初期設定が完了したら、次は本格的にGoogleアシスタントを利用していきましょう。

Googleアシスタントの起動方法は基本的に「Ok Google」と話しかけることです。「Ok Google」の声が本人と一致すると自動で画面ロック解除され、音声入力に進みます。「OK Google」と話かけた後、スマホが振動して「認識しています…」と表示されれば起動の合図です。他にも、ホームボタンを長押ししたり電源ボタンをダブルクリックすることでもGoogleアシスタントを起動することができます。「キャンセル」と言えば、その時点での動作をキャンセルすることも可能です。

Googleアシスタントが起動したら音声認識が作動します。ぜひ面白い質問をしてみて遊んでください。本記事ではGoogleアシスタントの便利な使い方をいくつか紹介します。

目的地までのルートや現在地周辺の情報を音声検索する

Googleアシスタンスで経路検索

Googleアシスタントでは、目的地までのルート検索や現在地周辺の情報などを音声検索することができ、カーナビ以上の機能を果たしてくれます。Googleアシスタントは”寿司”にまつわるテレビCMがお馴染みで、CM中でもGoogleアシスタントにルート検索させる場面がありますよね。

場所に関係する質問方法について、下記の表でいくつか紹介します。

経路検索 「新宿から渋谷までの行き方は」
渋滞状況 「浅草寺までの交通状況を教えて」
近くのお店を調べたい 「近くのコンビニを教えて」
現在地を知りたい 「ここはどこ」
おすすめスポットを知りたい 「鎌倉のおすすめスポットを教えて」
次の電車・バスの時刻が知りたい 「一本あとの電車はいつ」
フライトの検索 「ヒースロー空港行きのフライトを探して」

Googleアシスタントでは以上のような質問に対応しています。経路検索や現在地の情報などは、位置情報をもとに検索しGoogleマップを利用して地図上に示してくれます。他にも次の電車やバスなどもリアルタイムで表示してくれるため、電車に乗り過ごしてもすぐに検索することができます。場所に関する質問は日常的に使うことが多いので、位置情報はオンにしておきましょう

リアルタイムの会話を翻訳をする(通訳モード)

日本で外国人に話しかけられたり、海外旅行先で何か伝えたかったりするときに言葉が通じず困った経験はありませんか。Googleアシスタントでは、リアルタイムの会話を音声翻訳することもできます。ただし、Google翻訳のアプリをインストールしている必要があるので、下記のリンクからインストールしておきましょう。

⇨⇨「Google翻訳」のインストールはこちらから

リアルタイムの会話を通訳して欲しい場合は、下記のように話しかければ音声翻訳してくれます。

  • 「私の中国語の通訳になって」
  • 「中国語を話すのを手伝って」
  • 「中国語を翻訳して」

対応言語は、英語、中国語、スペイン語、タイ語、ベトナム語、フィリピン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語など、約30言語ほど。日本人が訪れる主な観光地はほとんどの国で対応しています。海外旅行先のホテルでトラブルが起こりフロントに伝えたいとき、道に迷ってしまって現地の人に尋ねたい時などにぜひ利用してください。

明日の天気を調べる

Googleアシスタンスで天気を調べる

Googleアシスタントでは、場所を特定した天気予報はもちろんのこと、明日の花粉情報なども調べられます。

  • 「明日の天気は」
  • 「火曜日の新宿区の天気は」
  • 「明日は傘いる?」

以上のような質問方法で天気を知ることができます。具体的な地域を言わない場合、デバイス内に登録されている自宅住所での天気を教えてくれます。もちろん、特定の日にち、特定の場所の天気を知ることもできます。例えば手が離せない忙しい朝、傘を持って外出するべきか知りたいときに利用してください。天気の他にも気温や花粉状況、お花見状況など様々な情報を知ることも可能です。

アラームやリマインダーを設定する

Googleアシスタンスでアラーム設定
Googleアシスタンスでアラーム設定

アラームやリマインダーの設定もGoogleアシスタントで可能です。

  • 「明日の6時にアラームをセットして」
  • 「10分のタイマーをセット」
  • 「毎週月曜日の7時にアラームセットして」
  • 「2時間後にメールするってリマインダーして

以上のように話しかけることでアラームやタイマーをセットできたり、リマインダーの設定をすることができます。タイマーをセットした場合、タイマーがあと何分で鳴るか質問することも可能。また、リマインダー機能では「自宅に着いたら電話するようにリマインダーして」などリマインダーを受け取る場所まで設定することができます。手動でアラームの日時を設定するのは結構面倒なので、ぜひGoogleアシスタントを使ってください。

アプリを起動して電話をかけたり音楽を再生する

Googleアシスタンスで電話をかける
Googleアシスタンスで音楽をかける

他のアプリを起動して電話をかけたり音楽を再生したりすることもできます。

  • 「元気の出る曲を再生して」
  • 「春菜に電話をかけて」
  • 「SMSで太郎にありがとうってメッセージを送信して」
  • 「YouTubeではじめしゃちょーの動画を再生して」
  • 「パズドラを開いて」

電話をかけたいとき、電話帳に登録している人ならば名前を言えば発信することができます。音楽を聴きたいときは上記のように「元気の出る曲を再生して」などアバウトな指示でもおすすめの音楽を流してくれます。他にも特定のアーティストや曲名を挙げて音楽を流すことも可能です。音楽に関する指示は、標準ではGoogleプレイミュージックから再生されますが、各サブスクでも再生可能です。特定のアプリ名を伝えるとスムーズに開きます。

他にもゲームやSNSなどのアプリを開くこともできるので実践してください。

GoogleアシスタントでLINEを送信・返信する方法

Googleアシスタントを利用すれば、ハンズフリーでLINEを送信することもできます。ただし、Googleアシスタントを使ってLINEを送るためにはLINE側で設定する必要があります。LINEアプリのホームタブから「設定」「Google アシスタント」の順にタップし、「LINE友だちを連絡先に追加」にチェックしましょう

LINEのトーク画面を開いて受信メッセージを読むことも可能ですし、具体的なメッセージを送信することもできます。メッセージを送信したい場合は、まず「OK Google, 春菜にLINEを送って」と話しかけます。Googleアシスタントから「春菜さんにメッセージを送信します。メッセージは何にしますか?」という音声ガイドが入ったら、送りたい内容を口にしましょう。

その他、Googleアシスタントの使い方は下記のリンクにて説明されているので確認してください。
⇨⇨GoogleアシスタントでLINEを使う方法はこちらから

まとめ

本記事ではGoogleアシスタントの設定方法や使い方、誤作動を起こしたときの対処方法について紹介しました。

GoogleアシスタントとはGoogleが開発したAIアシスタントのことで、iPhoneのSiriのような機能を果たします。iOS 10以降のiPhoneやAndroid5.0以降搭載のスマホでは対応していますが、パソコンでは基本的に対応していません。Macの場合は「Mac Assistant」というソフトウェアを利用すれば使えます。Googleアシスタントを使用するためには自分の声を登録することが必須なので、本記事内で紹介した手順に沿って登録してください。

「Ok Google」と話しかけていないのにも関わらず、Googleアシスタントが誤作動を起こすことがあります。誤作動の対処方法としては、Googleアシスタントをオフにするかアシストアプリを停止して完全無効化する方法があります。Googleアシスタントをオフにする方法では、すぐにオンにすることができますがスマホのホーム画面にバナーが表示されます。バナーが邪魔な人は完全無効化してください。

最後に本記事のおさらいをしましょう。

  • Googleアシスタントを使うとハンズフリーでいろんな操作が可能
  • iOS 10以降のiPhoneやAndroid5.0以降搭載のスマホで対応
  • Googleアシスタントが誤作動したときはオフにするか完全無効化する

投稿者名: kurage スマホの使い方