日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

【iPhone】勝手に電話をかけてしまう原因と対策方法

iPhone

  更新日:2020.07.05 

iPhone iphone 勝手に電話

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

iPhoneユーザーの人なら一度は誤作動を経験したことがあるのではないでしょうか。iPhoneの誤作動でも困るのが、勝手に電話がかかることです。友達や家族ならまだしも、会社の人や電話をかけたくない相手にかけてしまうことは避けたいですよね。

本記事ではそんなトラブルを避けるために、iPhoneで勝手に電話をかけてしまう原因と対処法について紹介します。iPhoneユーザーの人は全員、一度読んで今後iPhoneが誤作動で発信しないように対策してください。

  • 勝手に電話をかけてしまう主な原因は、誤タップとSiriの誤作動
  • 子供が勝手に電話をかけてしまうこともあるので注意が必要
  • iPhoneを使わないときはスリープ状態にしておく

iPhoneで勝手に電話をかけてしまう原因

スマホを使う人物

iPhoneで勝手に電話をかけてしまう原因としては下記のようなものが挙げられます。

iPhoneで勝手に電話がかかってしまいウイルスを疑う人もいるかもしれませんが、基本的に電話の誤発信はウイルスではなく誤作動が主な原因です。バックやポケットで誤タップが起きたり、Siriが誤作動を起こしたりします。また、小さな子供がいる人は子供が勝手に電話をかけてしまうことも考えられます。画面ロックやSiriの機能を制御すれば解決できるので、後から紹介する「iPhoneの誤発信を防ぐ対策方法」を参考にしてください。

バッグやポケットの中で誤タップが起きるから

バックやポケットにiPhoneを入れていて、取り出したら何らかのアプリが起動していたり急に音楽が鳴り始めたりという経験はありませんか。そんな経験がある人は注意が必要です。

勝手に電話かけてしまう主な原因としては、バッグやポケットの中で誤タップが起きることが挙げられます。iPhoneの画面をロックしないままバッグやポケットに入れてしまうと、勝手に着信履歴から発信してしまったり、電話番号を入力してしまったりする可能性も。
普段スマホを使った後にスリープ(画面ロック状態)にする習慣のない人は注意しましょう。

Siriが誤作動を起こすから

Siriが誤作動を起こして勝手に電話をかけてしまう可能性もあります。また、音声コントロールが作動する可能性もあります。iPhoneには音声コントロールという機能があり、Siriとは全く別の機能です。Siriはネットに接続されているときのみ起動しますが、音声コントロールはオフラインでも起動します。Siriを無効化にしているから大丈夫だと思っていても、Siriの代わりに音声コントロールが働くようになっているので気をつけましょう

電話の話などはせず全く違う言葉を発した場合も、Siriや音声コントロールがが誤って聞き取ってしまい、勝手に電話をかける可能性もがあるので注意が必要です。

子供が勝手に電話をかけてしまうから

子育て中の人なら、ちょっと目を離した隙に自分のiPhoneを操作されていたという経験があるのではないでしょうか。子供は親の使っているものに興味を持ったり、スマホへの憧れもあったりと、勝手にiPhoneをいじってしまうことが多いです。また、忙しいと画面を閉じずにiPhoneを放置してしまうこともありますよね。

画面認証や指紋認証にしていて、画面ロックしているから大丈夫と安心してはいけません。緊急SOSなら認証なしで開くので緊急電話をかけてしまう可能性があります。子供の行動には注意が必要です。

iPhoneの誤発信を防ぐ対策方法

スマホを使う人物

それでは、どのようにすればiPhoneの誤発進を防ぐことができるのでしょうか。対策方法としては下記のようなものが挙げられます。

iPhoneの画面ロック・パスコードを必ず設定する

まずはiPhoneの画面ロックを設定しましょう。画面ロックには顔認証、指紋認証、パスコードの3種類があります。顔認証(Face ID)はiPhone Xから搭載されている機能で、目、鼻、口などを判別して画面ロックを解除するため誤作動を起こすことはありません。指紋認証(Touch ID)はiPhone Xより前の機種で使える機能で、ホームボタンで指紋を認識します。どのiPhoneでもパスコードを設定することも可能です。

iPhoneの機種によって設定方法は異なりますが、iPhone Xの場合では「Face IDとパスコード」から設定可能です。設定方法を調べてから設定してみてください。

画面をロックせずに放置してしまう人は自動ロックを設定しておくと便利です。設定アプリの「画面表示と明るさ」から設定できて、ロックまでの時間は30秒、1分、2分、3分、4分、5分の中から設定することができます。

指紋認証の詳細はついては下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

https://sma-2.jp/mag/iphone-fingerprint-authentication

Siri・音声コントロールをオフに設定する

Siriの誤作動によって勝手に電話がかかってしまうことは先述しました。そこで、誤発信を防ぐためにSiriや音声コントロールをオフにすることも対策として挙げられます。Siriと音声コントロールをオフに設定する手順としては下記の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「ホームボタン」または「サイドボタン」をタップ
  4. 「押したままにして話す」の項目をオフにする

Siriの機能自体をオフにしたくない場合は、以下の2つの方法でSiriの誤作動を防ぐことができます。

  • 音声入力で発信する機能「音声ダイヤル」のみをオフにする方法
  • ロック解除中のみSiriをオンにする方法

音声ダイヤルをオフにする方法は、設定アプリから「Face IDとパスコード」を開いてパスコードを入力し「音声ダイヤル」をオフにするだけです。

ロック解除中のみSiriをオンにする方法は、設定アプリの「Siriと検索」から「ロック中にSiriを許可」をオフにするだけです。先ほど紹介した方法ではロックを解除しても音声操作で電話することはできませんが、この方法ならロック解除中は発信できます。ロック解除中はSiriを使いたいという人におすすめの方法です。

電話発信だけではなくその他の場面でもSiriを使わない人は、完全無効化する方法もあります。完全無効化したい場合は以下の手順に沿って試してみてください。

  1. 設定アプリから「Siriと検索」をタップ
  2. 「”Hey Siri”を聞き取る」「サイドボタンを押してSiriを使用」「ロック中にSiriを許可」の3つをオフにする

着信履歴をロック画面に表示させない

iPhoneでは、着信履歴の通知がロック画面に表示されるようになっています。かけ直すつもりがなくても、この通知をタップしてしまうと着信相手に電話をかけてしまいます。ポケットの中やバッグの中にiPhoneを入れていることが多い人は、着信履歴をロック画面に表示させないのも1つの手です。

設定方法は下記の通りです。

  1. 設定アプリを開き「通知」をタップ
  2. 「通知」欄の「ロック画面」についているチェックを外す

ただし、着信履歴に気付きにくくなってしまうという欠点もあるので、バナーやアプリのバッジなどをこまめにチェックするようにしましょう。

電話アプリをフォルダの中に移動させる

電話アプリをフォルダの中に移動させることでも、勝手に電話をかけてしまうミスを防ぐことができます。電話アプリはデフォルトでは、ホーム画面1番下のドックに固定されています。ここに設定していると誤って触れてしまった場合に、すぐ電話アプリが開いてしまい誤作動を起こしやすいです。

しかしフォルダの中に電話アプリを入れれば、2回タップしないとアプリが開かないため誤作動を起こす確率も減ります。電話をかける際の手間が増えてしまうというデメリットはありますが、誤作動を防ぎたい人は移動させてみてください。

iPhoneを必ずスリープ状態にしてしまう

誤発信を防ぐ上で1番簡単な方法はiPhoneをスリープモードにして、バッグやポケットにしまうことです。スリープモードとは、iPhoneの画面を消灯してロック画面した状態のことです。電源を切るわけではないので、iPhoneを手前に傾けたりサイドボタンを押せばすぐに起動させることができますが、ワンタップで誤発信してしまうトラブルは防ぐことができます。

ロックを解除すれば、スリープモード移行前の状態に戻ることが可能です。また、先述したようにパスコードやFace ID、Touch IDを設定しておけば、より誤発信を防ぐことができます。ただし、通話後にアプリを終了するして履歴画面のままスリープ状態にしてしまうと、何らかの拍子にスリープ解除されたとき、電話がかかってしまう可能性があるので通話アプリは終了させてからスリープ状態にしましょう。

まとめ

本記事では、iPhoneで勝手に電話をかけてしまう原因と対策方法について紹介しました。

iPhoneで勝手に電話をかけてしまう原因としては、バッグやポケットの中で誤タップが起きる、Siriの誤作動、子供が勝手に電話をかけてしまうという3つが考えられます。これらを防ぐ方法として、本記事では5つの方法を紹介しました。まずは、iPhoneの画面ロックとパスコードを設定することです。画面ロックすれば誤タップはもちろんのこと、子供が勝手に電話をかけてしまうことも避けられます。

Siriの誤作動を防ぎたい場合は、Siriや音声コントロールをオフに設定しましょう。誤タップによる発信を防ぐ方法としては、他にも着信履歴をロック画面に表示させない、電話アプリをフォルダの中に移動させる、iPhoneをスリープ状態にすることなども挙げられるので実践してみてください。

最後に本記事のおさらいをしましょう。

  • iPhoneで勝手に電話をかけてしまう原因は、誤タップ、Siriの誤作動、子供が操作することの3つ
  • 画面ロックとパスコードを設定すれば、誤タップと子供による誤発信は防げる
  • Siriの誤作動はSiriと音声コントロールをオフにして予防
  • 着信履歴をロック画面に表示させない、電話アプリをフォルダの中に移動、iPhoneをスリープ状態にすることも重要

投稿者名: kurage iPhone