日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

iPhoneの通話録音の方法!アプリやガジェットを使った方法・注意点

iPhone

  更新日:2020.08.31 

iPhone iPhoneの通話録音

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

本記事では、iPhoneで通話を録音する方法を紹介します。

電話中のやりとりを録音したい場合、ボイスレコーダーや通話録音アプリを使うことで通話録音ができます。当サイトではキャリアが提供しているサービスや録音ガジェット、アプリなどおすすめの録音方法をまとめたのでぜひ参考にしてください。

記事後半には、iPhoneで通話録音する際の注意点について触れているので併せて確認していきましょう。

  • iPhoneの通話録音なら録音アプリ・通話録音サービスがおすすめ
  • iPhoneの画面収録機能はキャリア回線の電話録音ができない
  • アプリを使った通話録音はグループ通話契約が必須

iPhoneで通話を録音する方法

スマホを持つ人物

iPhoneには通話録音が標準機能にないため、通話中の会話を録音するには録音サービスやアプリを活用する必要があります。

プリインストールされている「ボイスメモ」は通話録音アプリではないため、電話のやりとりは録音できないので要注意です。

iPhoneで通話を録音する方法は、以下の4つが挙げられます。

それぞれ録音方法が異なるので、上から順番に確認していきましょう。

キャリアの通話録音サービスを使う

1つ目のおすすめ録音手段は、キャリアの通話録音サービスを活用する方法です。

キャリアの通話録音サービスはドコモ・au・ソフトバンクが提供している録音サービスで、キャリア回線を使った通話を自動で録音してくれます。録音された音声はファイル化され、受信サーバーに保存・管理されます。その後、利用者が受信サーバーにアクセスすることで事後確認できる仕組みです。

そのため、利用するには通話録音サービスの契約だけでなく、受信サーバーの用意も必要になります。

各キャリアごとの利用料金は、以下の表を確認ください。

ドコモ au ソフトバンク
初期費用 無料
※事務処理手数料2,000円
3,000円 10,000円
月額基本料 500円 500円 400円
詳細 通話録音サービスについて 通話録音サービスについて 通話録音サービスについて

キャリアの通話録音サービスは、基本的に法人向けサービスとなります。

ボイスレコーダーなどの録音ガジェットを使う

2つ目のおすすめ録音手段は、録音ガジェットを使う方法です。

ボイスレコーダーなどの録音ガジェットを使えば、別途契約や月額料金が発生しないので安く済ませられるメリットがあります。録音ガジェットの中でもおすすめの商品が「StickPhone(スティックフォン)」です。

  • iPhoneの通話を自動録音できる
  • MP3形式で高音質録画が可能
  • パソコンへダイレクトに接続可能
  • 録音データをパソコンに保存可能

StickPhoneはネット通販サイトにて販売されているボイスレコーダー。Bluetooth接続でスマホとペアリングして録音を行います。パソコン機器と接続すれば録音データをパソコンに保存できるので利便性の高いボイスレコーダーとして評価されています。

録音した音声はMP3形式で保存され、高音質で再生できるので聞き取りやすいのが特徴です。また、Bluetooth通話にも利用できるのでスマホを取り出す手間もありません。

StickPhone(スティックフォン)の概要は、以下の表をご覧ください。

商品名 スマホ通話レコーダー(Bluetooth)StickPhone
価格 15,780円
サイズ 20mm×113mm×11.5mm
重量 20.5g
充電 約2時間
スピード充電対応
録音方法 モードスイッチを「MOBILE」にすると自動で録音が開始
通話を終了すると録音が終了

StickPhoneは、音質に優れ、スマホやパソコンにも接続できるボイスレコーダーを求めている人にぴったりの録音ガジェットです。
気になる人は、以下から購入を検討してはいかがでしょうか。

⇨⇨通販サイトで購入する

通話録音アプリを使う

3つ目のおすすめ録音手段は、通話録音アプリを使う方法です。

アプリを使って録音する方法は、別途キャリアのグループ通話契約が必要です。現在、auやソフトバンクのみグループ通話契約が可能でドコモは対応していません。

auとソフトバンクのグループ通話オプションは、以下の表を参考にしてください。

オプション名 月額料金
au 三者通話サービス 200円/月
ソフトバンク グループ通話 200円/月

どの通話録音アプリを選べば良いか悩んだら「通話録音-保存して聞く」がおすすめです。多機能を搭載しており高音質のため、会話のやりとりを聞き直すときに重宝します。

3日間の無料トライアル期間があるので、試しに自分で使ってから納得いく録音アプリを選びたい人にぴったりです。ただし、3日間の無料期間後は有料の月額・年額課金制になり、自動更新されるので注意が必要です。

■通話録音-保存して聞く(2020年7月23日時点)
iOSアプリをダウンロード

iPhoneの画面収録機能を使う

4つ目のおすすめ録音手段は、iPhoneの画面収録機能を使う方法です。

画面収録はiPhoneで流れる音声や音楽、画面の映像を録画する機能です。

アプリのインターネット回線を利用した通話なら録音できる場合があるので、無料で通話録音したい人に向いている方法です。ただし、インターネット通話によっては対応しておらず、録音できないこともあるので1度試してみることをおすすめします。

  1. 設定からコントロールセンターを開き、「コントロールをカスタマイズ」をタップ
  2. 「画面収録」を追加し、コントロールセンターに画面収録が追加されていることを確認
  3. 先に画面収録機能をオンにして、アプリを起動して通話を開始
  4. 通話終了後にコントロールセンターから画面収録をオフにすると録音完了

iOSバージョン11以降の機種であれば画面収録機能が利用できます。画面収録を終えると自動で動画として写真アプリ内に保存されるのでいつでも会話内容を聞き返せます。

ただし、長時間の通話の場合は動画時間が長くなるため、スマホ本体の容量が少ないと失敗することがあります。そのため、長時間の録画・録音をする際は空き容量を確保してから画面収録するようにしましょう。

iPhoneで通話録音するときの注意点

スマホを持つ人物

iPhoneで通話録音するときの注意点をいくつか紹介します。

通話録音する際に気をつけるべきポイントは、以下の点が挙げられます。

  • 無断で通話を録音しない
  • 録音するときは相手の許可を取ること
  • 会話内容を悪用しない(SNSに無断で載せない)

通話録音は後から会話の内容を聞き返すのに便利ですが、使い方を誤ると相手のプライバシーを侵害してしまう場合があります。

そのため、通話を録音する際は無断で通話を録音せずに事前に相手に許可を取ることが大切です。

しかし、許可を得たとしても録音した内容を無断でSNSや第三者に漏らしてしまうと電波法違反として罰せられることも。録音データの使い方には十分気をつけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、iPhoneを利用している人に向けて通話録音の方法を紹介しました。個人で通話録音をするなら「ボイスレコーダー」や「通話録音アプリ」がおすすめです。ボイスレコーダーはネット通販サイトでも販売されているので、誰でも簡単に録音手段が整います。また、通話録音アプリなら別途契約が必要になりますが録音の準備に手間がかからないので便利です。

iPhoneの画面収録機能はキャリア回線の電話には向いていませんが、LINEなどメッセージアプリを使った通話が多いときに役立ちます。ぜひ、自分の目的に合った通話録音方法を見つけてください。

最後に、本記事のまとめをおさらいします。

  • iPhoneの通話録音なら「録音アプリ」「録音ガジェット」がおすすめ
  • 手ごろで持ち運びしやすい録音ガジェットならボイスレコーダーが便利
  • iPhoneの画面収録機能はキャリア回線の電話録音ができない
  • アプリを使った通話録音はグループ通話契約が必須

投稿者名: スマツー編集部 iPhone

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す