SIMフリースマートフォン全品送料無料
スマツー ロゴ

iPhone買い替えの時期・タイミングを徹底解説!おすすめの機種

iPhone

  更新日:2020.03.21 

iPhone iphone買い替え

古いiPhoneを使い続けると、OSアップデートの対象外となるため、セキュリティが脆弱になり危険です。本記事では、iPhoneの買い替え時期の目安や、ベストなタイミングについて解説します。

最新機種を最もお得に買える時期や、iPhoneを機種変更する前にやるべきことも紹介します。
また、現在、古いiPhone(iPhone6、7、8シリーズ)を使っている人向けに、買い替えにおすすめのiPhone機種も紹介するのでぜひ参考にしてください。

  • アップデート対象外になったら今すぐ買い替え
  • 旧機種を安く買うなら9月がおすすめ
  • パソコンがなくてもiCloudでバックアップできる

iPhoneの寿命は3年から4年

iPhoneと男性

公式発表でのiPhoneを買い替えるべき時期は、約3年程度と言われています。

iPhoneには定期的にアップデートプログラムが配信されており、古い機種から対象外になっていきます。

現段階で「iOS13」アップデートプログラムから対象外になった機種は以下の通り。

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5s

OSがアップデートされないとセキュリティ面が弱くなり、遠隔操作や個人情報流出の被害にある危険性が高くなります。
そのため寿命がまだきていない使える端末でも、アップデート対象外になったタイミングで機種変更しましょう。

また以下のような症状が出た場合も、iPhoneの買い替え時です。おおよそ3年〜4年以上使うと、以下のような症状がでる場合が多いです。

  • バッテリーの持ちが短い
  • iPhoneの動作が遅い
  • iPhoneが突然インターネットに繋がらなくなる・電源が落ちる
  • アプリがサポート対象外になる

iPhone買い替えのベストタイミング・時期

ここでは、iPhone買い替えのベストタイミングを2つ紹介します。

買い替えたいけど丁度いいタイミングがわからない、という人は参考にしてください。

最新機種が発売された直後

まずおすすめしたいのは、iPhoneの最新機種が発表される9月頃です。

最新機種が発表されるタイミングでの買い替えは、以下のようなメリットがあります。

  • 最新機種が買える
  • 旧機種の値段が安くなる

最新モデルの価格は半年経っても変動しない場合がほとんどなので、購入を検討しているなら早めに買ってしまいましょう。

また最新機種が登場すると、旧機種の端末代が1.5~2万円ほど安くなる傾向にあります。iPhoneをできるだけ安く買い替えたい人は、最新機種発表のタイミングで買い替えるのが一番おすすめです。

キャリアを乗り換えるとき

次におすすめのiPhoneを買い換えるタイミングは、携帯電話会社を乗り換えるときです。昔のような端末代0円キャンペーンはもうどのキャリアでも終了していますが、お得な乗り換えキャンペーンが開催されています。

キャリアを乗り換えるときは、契約中のキャリアの更新月・更新期間をよく確認してください。解約のタイミングは更新月の月末がおすすめです。解約金は日割りされないので、月末に解約したほうが損しません。ただし、窓口が混み合う可能性が高いので注意しましょう。
項目 キャンペーン 概要
ドコモ 端末購入割引 対象機種の購入で、機種代金を11,000円~22,000円割引
au かえトクプログラム 最終的に端末を下取りする条件で23回目までの割賦金額が安くなり、24回目の支払いが不要
ソフトバンク トクするサポート 48回払いで購入すると25ヶ月目以降の買い替え時に旧機種回収で最大24回分の分割支払金・賦払金が不要

乗り換えキャンペーン以外にも、古いiPhoneを下取りに出して、新しいiPhoneをお得に買い替えることもできます。SIMフリー版のiPhoneを購入して格安SIMに乗り換えるなら、Apple Storeで下取りに出すのがおすすめです。

iPhoneの下取りについては、以下で詳細を確認してください。

https://sma-2.jp/mag/iphone-trade-in

携帯電話会社の乗り換えなら、格安SIM(MVNO)への乗り換えもおすすめです。

スマホ歴10年以上、インターネット歴20年以上のプロが在籍する当編集部が、格安SIMについての基礎知識や人気格安SIMを専門的な視点で分かりやすく紹介しています。月々の携帯料金を半額以下にして貯蓄に回したい人は必見です!この情報を見ないと損します。
https://sma-2.jp/mag/kakuyasu-sim

古いiPhoneから買い替えるときのおすすめ機種

iPhone

古いiPhone(iPhone6、7、8シリーズ)と、現在発売されている最新のiPhone機種を比較すると、以下のような違いがあります。

  • 指紋認証が顔認証に(iPhone X以降)
  • ホームボタンがない(iPhone X以降)
  • カメラにポートレート機能が追加(iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X以降)
  • 防水機能搭載(iPhone7以降)
  • FeliCaに対応(iPhone7以降)

上記のすべての機能に対応しているのは、iPhone X以降のモデルです。

現時点でiPhone6、7、8シリーズを使っている人におすすめの機種は、以下の通りです。ぜひ新しいiPhoneに買い替える際の参考にしてください。

機種 おすすめ機種 概要
iPhone 6s/6s Plusシリーズ iPhone 8シリーズ ホームボタンもあり、使い勝手が似ていて価格が安価。
iPhone 7/7 Plusシリーズ iPhone8、iPhone XRシリーズ ホームボタンがあるほうがいい場合はiPhone8がおすすめ。
XRは最新機能搭載で比較的安価に購入可能。
iPhone 8/8 Plusシリーズ iPhone 11、11 Proシリーズ 最新機能がついていて画質が綺麗。
iPhone11ならXとそこまで金額的に変わらない。カメラ機能を求めるなら価格は上がるが11Proがおすすめ。
機能面だけでなく、将来的なサポート年数も長い。

参照:Apple StoreのiPhone商品一覧

iPhone買い替え時のバックアップ・準備

ここでは、iPhoneの買い替え前にやることを紹介します。

買い替えるとき特に大切なのが、データの引き継ぎ作業です。
引継ぎ方法やバックアップの復元方法を解説していくので参考にしてください。

SNS・各種アプリのデータ引き継ぎ

スマホを買い替えるときは、アプリの引継ぎを忘れないようにしましょう。
引継ぎが必要なアプリデータは、以下のようなものが挙げられます。

  • ゲームアカウント
  • モバイルSuica
  • SNSアカウント
  • 通販アプリ
  • Applepayなどのスマホ決済アプリ

モバイルSuicaは複数端末に同時登録できません。引き継ぐ際は、先に旧端末から削除しておく必要があります。

LINEを例に、データのバックアップから復元までの流れをざっくりと紹介します。
引き継ぐためには旧機種で行う前準備と、新機種で行う引継ぎ作業が必要なので準備を行うまで旧端末は手放さないでください。

  1. 旧端末で「アカウント」を開く
  2. 「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を登録
  3. iPhoneの「設定」から「iCloud Drive」をオンにしておく
  4. LINEのトーク履歴を残す場合は「トークをバックアップ」する
  5. 「アカウント引継ぎ」を「オン」にする
  6. 新端末に「LINE」をインストールして「はじめる」
  7. 「電話番号」を入力してSMSの暗証番号を入力

アカウント引継ぎをオンにすると、36時間以内に引き継ぐよう促すカウントダウンが始まります。仮に引継ぎしなくてもデータが消えることはないので安心してください。

トーク履歴を残さなくてもいい場合、「トークのバックアップ」は必要ありません。

iCloudやiTunesでバックアップ・復元する

iPhoneのデータ移行にはiTunesを使うと便利です。
しかしパソコンがない場合、iCloudでもバックアップ・復元が可能です。

iPhoneを買い替える際に必要なバックアップ準備作業は、以下の通り。

  1. 「iTunes」や「iCloud」にサインイン
  2. バックアップを作成

iColudで無料バックアップできるのは5GBまでです。容量は別途課金することで増やせます。

また「設定」で「iCloudバックアップ」を「オン」にしておけば、自動で同期してくれます。
写真も自動でバックアップしたい場合は、「iCloud写真」を「オン」にしておいてください。

iPhoneの買い替えで必要なバックアップの詳細については、以下記事にまとめてあります。

https://sma-2.jp/mag/iphone-data-backup

まとめ

本記事では、iPhoneの買い替え時やバックアップ方法について紹介しました。

iPhoneの新機種が欲しいのであれば、発表後すぐ買うのが一番お得です。

またiPhoneを買い替える前はデータのバックアップも忘れずに行いましょう。パソコンがある場合はiTunesから。パソコンなしの場合は、iCloudで簡単にバックアップが取れますが、無料でバックアップできる容量は5GBまでなので注意してください。

最後に本記事のおさらいをしましょう。

  • iPhoneの寿命は約3~4年
  • 買い替えの時期は新機種発表される9月か、キャリアを乗り換えるタイミングがベスト
  • アプリのデータ引き継ぎやiPhoneのバックアップを忘れない

投稿者名: takanashi iPhone