メールマガジンの登録受付を開始しました
スマツー ロゴ

iPhoneを通知オフにする設定!一括オフ・一時的に非表示にする方法

iPhone

  更新日:2020.02.12 

iPhone iphone通知オフ

気付いたらiPhoneの通知が溜まってしまい、オフにするのが面倒だと感じたことはありませんか。

溜まった通知を手動で1つずつオフにするのが面倒な場合は、おやすみモードを使って一括オフしてしまいましょう。また仕事中や就寝中は一時的にプッシュ通知を非表示設定しておくと、集中できるのでおすすめです。

iOS12からアプリごとに通知を減らす「目立たない形で配信」という設定も使えます。
バッジを非表示したり、バナー通知をなくせるのであまり必要でないアプリは目立たない形で配信にしておくといいでしょう。

本記事内でiPhoneの通知オフする設定方法や使い方を紹介しているので、困っている人は参考にしてください。

  • おやすみモードを使うと通知が一括オフできる
  • バッジのみオフすることも可能
  • アプリごとに通知を設定すると必要な通知を見逃しにくい

iPhoneの通知を一括オフにする方法

スマホの通知

溜まったプッシュ通知を一括オフするのに便利なのが、iPhoneのおやすみモード。
事前準備が必要ですが、設定さえ済ませてしまえばコントロールセンターから「オン・オフ」するだけで一括オフができるようになります。

また詳細設定で「常に知らせない」にチェックを入れておけば、全通知がオフされます。
着信の通知もオフされてしまうため日常使いするのは不便ですが、ゲーム中や動画視聴するとき一時的にオフしておくと集中できるのでおすすめです。

おやすみモードで通知を「常に知らせない」に設定する方法

  1. 「設定」から「おやすみモード」を開く
  2. 「おやすみモード」をオンにする
  3. 通知の項目で「常に知らせない」をオンにする

おやすみモードは開始と終了の時間指定も可能です。時間指定した場合は、設定時刻になると自動でオンオフされます。
ちなみに、おやすみモードでもアラームは鳴るので安心してください。

その他、着信設定などの詳細は以下の記事を参考にしてください。

アプリごとに通知の表示設定をする

iPhoneの通知オフ

iPhoneはアプリごとに通知のオンオフや、表示スタイルが変更できます。

優先度の低いアプリの通知をオフにする、または表示スタイルを「目立たない形で配信」に変更すれば必要な通知を見逃しにくくなります。

通知オフにするアプリを選ぶ

アプリ一覧から手動設定を行えば、特定のアプリのみ通知をオフできます。

通知オフにするアプリを選ぶ方法

  1. 「設定」から「通知」を開く
  2. アプリ一覧が表示されているので、オフしたいアプリをタップ
  3. 「通知を許可」を「オフ」にする

通知を再開したい場合は、通知を許可をオンに切り替えてください。

通知の表示スタイルを選ぶ

iOS12からiPhoneの通知設定に「目立たない形で配信」という通知スタイルが追加されました。

この設定をオンにすると、これまでと比べて通知が目立ちにくくなります。ロック画面への通知もされなくなるので頻繁に通知が届くアプリを目立たない形で配信にしておけば、鬱陶しさが激減します。

通知がオフされてしまうわけではないので、完全に見逃してしまうこともなく安心です。
目立つ形で配信は、これまで通りの通知と変わりません。

「目立たない形で配信」と「目立つ形で配信」の違い

項目 表示形式 サウンド バッジ
目立つ形で配信 ロック画面、通知センター、バナー
目立たない形で配信 通知センターへの通知のみ × ×

完全に通知オフとまではいかないものの、バナーやロック画面への通知が非表示されるため目につく回数が減り作業に集中できます。
また通知を消す手間も削減できるので便利です。

「目立つ形で配信」への変更方法

  1. 「通知センター」を開く
  2. 設定を変更したいアプリの通知を左にスワイプする
  3. 「管理」をタップ
  4. 「目立たない形で配信」を選択

LINEなどの通知を見逃したくないアプリは、目立つ形で配信しておきましょう。
そこまで大事ではないアプリ通知は、目立たない形で配信またはバッジだけにしておくのがおすすめです。

iPhoneのメール・メッセージ通知を非表示にする方法

スマホとパソコン
iPhoneでは、メールやメッセージの通知も非表示にすることが可能です。簡単な設定で通知オフにできるので、メールやメッセージが多くて煩わしい場合は活用してみましょう。

通知設定が変更できるメール

  • キャリアメール(ドコモ、au、ソフトバンク)
  • Gmail
  • SMS(メッセージ)

それぞれのアプリ・アカウントごとに通知設定を変更する方法を紹介します。

キャリアメールの通知設定を変更する方法

  1. 「設定」から「通知」を開く
  2. 「メール」をタップ
  3. 「通知を許可」をオンにする(通知を切る場合はオフ)
  4. 各設定を好みで変更する

Gmailの通知設定を変更する方法

  1. 「Gmail」アプリを開く
  2. 左上の「メニュー(三本線マーク)」を開く
  3. 「設定(歯車マーク)」をタップ
  4. 通知設定を変更したいアカウントを選択
  5. 「通知」をタップし、通知レベルを選択する

SMSの通知設定を変更する方法

  1. 「設定」から「通知」を開く
  2. 「メッセージ」をタップ
  3. 「通知を許可」をオンにする(通知を切る場合はオフ)
  4. 各設定を好みで変更する

アイコン右上に表示される赤丸の数字が気になる人は「バッジ」をオフにすると表示されなくなります。通知時の音を消したり、画面ロックやバナーでの非表示も可能なので、自分の好みに合わせて選択してください。

カレンダーの通知を非表示にする方法

カレンダーの通知を非表示する際も、設定から変更が可能です。

カレンダーの通知を非表示する方法

  1. 「設定」から「通知」を開く
  2. 「カレンダー」を選択
  3. 「通知を許可」をオフにする

カレンダーの予定ごとに非表示したい場合はアプリから直接設定しましょう。

カレンダーごとに非表示設定する方法

  1. 「カレンダー」アプリを開く
  2. 画面下の真ん中にある「カレンダー」をタップ
  3. 非表示したいカレンダーの右にある「i」マークをタップ

iPhoneの通知音を変更する方法

音楽データを移行する方法
iPhoneにメールやメッセージが届いたり、電話の着信があった際に鳴る通知音(着信音)は設定から変更できます。
最初からiPhone内にインストールされているサウンド以外にも、自分で購入した音楽をダウンロードすれば通知音として設定可能です。

iTunesストアへのボタンも表示されるので、設定したい曲があれば購入しましょう。

通知音(着信音)の変更手順

  1. 「設定」から「サウンドと触覚」を開く
  2. サウンドとバイブレーションのパターンという項目から各設定を変更する
バイブレーションもデフォルト以外にいくつかパターンが用意されています。
好みのものが見つからない場合は、「新規バイブレーションを作成」でカスタム設定が可能です。

まとめ

本記事では、iPhoneの通知設定について紹介しました。

ゲームや動画を視聴するときなど、何度も通知がくると作業の妨げになってしまいます。
そのようなとき本記事で紹介した、通知を一時的に非表示する方法を知っていれば作業に集中できて便利です。

アプリごとに通知設定を変更すれば、必要ないものは目立たないように通知を抑えられるので通知音が鳴るたびに確認する必要がなくなります。
それぞれの通知を最適化し、必要な情報を受け取りやすくしましょう。

最後に内容のおさらいです。

  • 「おやすみモード」を使えば通知を一括オフできる
  • 優先度の低いアプリは「目立たない形で配信」にすると、通知が最低限に抑えられる
  • アプリごとに通知設定を変更できる

投稿者名: takanashi iPhone