日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

iPhoneの写真整理のコツ!アルバム・フォルダを作成して管理する方法

iPhone

  更新日:2020.07.08 

iPhone iPhoneの写真整理のコツ!アルバム・フォルダを作成して管理する方法

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

AndroidスマホのようにSDカードが使えないiPhoneは、写真の整理を怠るとすぐに写真がごちゃごちゃしてしまいます。
美味しかった店や旅行の思い出など、写真を探すのに一苦労している人は、この機会にiPhoneの写真を整理しましょう。

本記事では、パソコンなしでiPhoneの写真や動画を整理する方法や、写真管理のコツを紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • フォルダを使うとアルバムを分類分けできる
  • 既存アルバムをフォルダに移動することはできない
  • 最近の項目とお気に入りのアルバムは並べ替えや削除ができない

iPhoneの写真を効率的に整理する方法

スマホを使う人物

iPhoneのカメラロールに大量の写真が溜まってしまい、困っていませんか。
写真があまりに多くなると、見たいときに目的の画像を見つけられず非常にストレスです。
標準の写真アプリにはアルバムやフォルダ作成機能があり、上手に使えば写真を綺麗に整頓できます。

ここで解説する内容は、主に以下の通り。

機能を使いこなして、カメラロールを見やすく整理しましょう。

フォルダを作成する

iPhoneの標準写真アプリには「フォルダ」作成機能があります。
フォルダはアルバム内にある写真や動画をさらに細かく分類できる機能です。

アルバムとフォルダの違いは、主に以下の通り。

アルバム フォルダ
写真をまとめる 作成されたアルバムをまとめる

フォルダに直接写真をまとめることは出来ません。あくまでもカテゴリ別に分けられたアルバムを分類する機能です。
例えば「旅行」という大枠のフォルダを作成し、その中に場所や年月日別に分けてアルバムを別途作成するといった使い方をします。

フォルダの中をさらに細かくフォルダ分けすることも可能です。
あまり階層を深くし過ぎても目的の写真を探しづらいですが、ある程度分けておくと写真探しの手間を省けます。

フォルダを作成する際にひとつ注意して欲しいのが、既存のアルバムを新規フォルダに移動することは出来ないということです。
作成手順を間違えると、ただ手間が増えてしまう結果に。
フォルダを作成した後にアルバムを作成するのが写真整理のコツです。

フォルダの作成手順

  1. 「写真」アプリを開く
  2. 画面下のタブから「アルバム」を選択
  3. 画面左上の「+」を長押し
  4. 「新規フォルダ」をタップ
  5. 「フォルダ名」を入力して「保存」

作成したフォルダ内にさらにフォルダを作る場合は、大元となるフォルダを開いて「編集」を押したあと「+」から新規フォルダを作成します。

写真をタップした際、画面下に表示される「ハート」マークをタップすると「お気に入り」フォルダが自動生成され、ひとつにまとめられます。

アルバムを作成・写真を追加する

標準の写真アプリで作成したフォルダは、あくまでアルバムをまとめるフォルダです。
フォルダそのものに直接写真を追加することは出来ません。
ここではフォルダ内にアルバムを作成する手順について解説します。

アルバムの作成手順

  1. アルバムを作成したい「フォルダ」を開く
  2. 画面右上の「編集」をタップ
  3. 画面左上の「+」をタップ
  4. 「新規アルバム」に名前をつけて保存

名前をつけて保存すると、自動でモーメント一覧が開きます。
フォルダに移動させたい写真を選んで画面右上の「完了」を押せば移動完了です。
移動する写真は一度に複数選択できます。

写真を複数選択をした後にアルバムを新規作成または、新規作成後に画面下から「追加」も可能です。
既存アルバム内の写真を一括で新規アルバムに移動させたい場合は、以下の手順で行うと作業が楽になります。

  1. 新規アルバムを作成後、自動で開かれるモーメント一覧を「完了」で閉じる
  2. 移動元のアルバムを開く
  3. 画面右上の「選択」をタップ
  4. 「すべてを選択」して「共有」アイコンをタップ
  5. 「アルバムに追加」を選択し、移動先アルバムをタップ

アルバムは未作成の状態でも移動できます。
その場合は最終工程で「新規アルバム」をタップしてください。

作成したアルバムは、画面右上の「編集」をタップし「-」が表示されている状態で長押ししながらドラッグすれば並べ替えできます。

フォルダは4つのアルバムがサムネイルとして表示されます。
フォルダ内に並んでいるアルバム順に4つ選ばれるので、特定のアルバムを表示したい場合は並べ替えて対応してください。

アルバム内の写真を削除する

アルバム内に間違って違う写真を紛れ込ませてしまった際は、問題の写真を削除すれば解決です。

写真を削除する方法は2通りあります。

  • 写真を開き、画面右下の「ゴミ箱」マークをタップで削除
  • アルバムを開いた状態で「選択」をタップし、削除したい写真をまとめて削除

一括削除したい場合は、2つ目の方法が楽です。

ゴミ箱マークをタップすると「アルバムから削除」または「削除」の選択肢が表示されます。
「削除」は写真そのものを削除し、「アルバムから削除」は今のアルバム内からのみ写真を削除します。

ただし「最近の項目」と「お気に入り」から写真を削除した場合は、その他すべてのアルバムから消えてしまうので注意してください。

万が一、間違えて必要な写真を削除してしまった場合は「最近削除した項目」に保管されているので30日以内なら復元可能です。

アルバムを編集・管理する方法

スマホと人物

ここではアルバムを編集・管理する方法を解説します。

写真管理を怠るとアルバムがごちゃごちゃしてしまい見た目も悪い上に、写真を探すのにも一苦労。
場が盛り上がりそうな写真を持っていたとしても、探すのにダラダラ時間がかかってしまうと話の熱も冷めてしまいます。

探し出した頃にはまったく別の話題に変わっていた、なんて悲しいことにならないよう日頃からアルバムは整頓しておくのがおすすめです。

アルバムの名前を変更する

アルバムの名前はわかりやすいものに変更しておくと写真を見つけやすくなります。

例えば旅行のアルバムを作る場合、年月日と旅行先の名前をつけると便利です。

アルバムの名前を変更する方法

  1. 画面右上の「編集」をタップ
  2. アルバム名をタップして新しい名前を入力
  3. 「完了」をタップ

フォルダで整理している場合は、名前を変更したいアルバムが収納されているフォルダを開いた状態で作業を行ってください。

アルバムを移動して並び替える

アルバムは「編集」を押したあとに移動したいアルバムを押し込んでドロップすれば、位置を移動できます。
動かし方はアプリを移動するときと似ていますが、アプリのように移動で複数アルバムをまとめることは出来ません。
フォルダ内のアルバムを外に出す、またはフォルダ外のアルバムをフォルダ内に移動させることも不可能です。

例えば「旅行」というフォルダ内に「家族」や「友人」といったアルバムがある場合、「旅行」フォルダ内でのみ2つのアルバムの位置が交換できます。

「お気に入り」と「最近の項目」は動かせない仕様です。

アルバムを削除する

アルバムは「編集」をタップしたあとに、各アルバムの左上に表示される「-」を押すと削除できます。

アルバムを削除した場合、あくまでも消えるのはアルバムという入れ物のみで中に入っていた写真そのものは「最近の項目」内に残っています。

写真ごと消したい場合は、アルバムを開いて「すべてを選択」して「削除」したあとにアルバムを削除してください。
削除した写真は「最近削除した項目」に30日間保管されます。

写真整理アプリを使うのもおすすめ

iPhoneの標準写真アプリでも十分管理が可能ですが、ストレージ容量が心配な人は写真整理アプリを使うのもおすすめです。
写真整理アプリではアルバム自動作成やパスコード設定など、iPhoneにない機能が使えます。

ここでは「iフォトアルバム」という写真整理アプリを紹介します。

■iフォトアルバム(2020年6月11日時点)
iOSアプリをダウンロード

特徴

  • アルバムを作成し、表紙に好きな写真を選べる
  • パスコードの設定ができる
  • オリジナルデータのまま保存

iPhoneの標準写真アプリと同じようにアルバム作成やフォルダ分けができます。
細かく分類して保存できるため、写真の整理がとても簡単です。

アプリ内のデータはDropboxというクラウドサービスへ自動バックアップされます。
自動同期なのでパソコンなしでも安心です。もしiPhoneを紛失しても復元が出来ます。

iフォトアルバムはマルチデバイスに対応しており、iTunesファイル共有を使えばパソコンへの転送も簡単です。
パソコンで画像編集したいときなどに重宝します。

とても使い勝手のいいiフォトアルバムですが、無料版では容量制限があります。
無料で使いたい場合は、鍵をつけたい写真だけを保存するなど厳選する必要があります。

課金せず容量無制限で使いたい人やパソコンでの使い勝手を求めている人はGoogleフォトがおすすめです。
Googleフォトの詳細やその他写真整理、保存におすすめのアプリは以下記事を参考にしてください。

https://sma-2.jp/mag/application-photo-save

iPhoneの写真をパソコンに移動して整理する方法

自宅にパソコンを持っている人は、iPhone内の写真をパソコンに移動して整理するのもおすすめです。
大画面なので写真が見やすく、ストレージ容量の削減にも繋がります。

iPhoneの写真をパソコンに移動させる方法は以下の通り。

Windowsパソコンの場合の例 Macの場合の例
  • USBケーブルに接続して取り込む
  • iCloudにアクセスして取り込む
  • Googleフォトなどアプリを通して共有する
  • AirDropを使って送信
  • イメージキャプチャを使って取り込み
  • iCloudを使って共有

iCloudで同期すれば、クラウド上で、すべてのデバイスで写真を共有できます。FinderやiTunesを使うよりも簡単なのでおすすめです。

それぞれの詳しい共有手順を知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

https://sma-2.jp/mag/sp-photo-pc

まとめ

フォルダやアルバムを上手く使い分けると、iPhone内の写真や動画は劇的に整理しやすくなります。
特に旅行などは日付と旅行先をアルバム名につけると写真が探しやすく便利です。

写真にパスコードをかけたい人やストレージ容量を節約したい人は、写真管理アプリを検討してみてください。
移動した写真をiPhoneから削除すれば、大幅にストレージ容量を空けることができ、iPhoneの動作がスムーズになります。

最後に記事内容のおさらいです。

  • フォルダを作成すれば、アルバムを種類ごとに分類してまとめられる
  • 既存アルバムを新規フォルダに移動することは出来ない
  • アルバムやフォルダを削除しても写真そのものは残る

投稿者名: takanashi iPhone