SIMフリースマートフォン全品送料無料

iPhoneのSIMロック解除方法!ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone

  更新日:2019.11.09

iPhone iPhoneのSIMロック解除方法

本記事では、iPhoneのSIMロック解除方法について紹介していきます。

Androidスマホ同様にドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルで購入したiPhoneは、全ての機種にSIMロックがかかっています。iPhoneのSIMロックを解除しない限り、他社回線・格安SIMを利用することはできません。

それでは早速、他社回線・格安SIMに乗り換えするときに必須のSIMロック解除の方法や手順を詳しく理解しましょう!

  • iPhoneのSIMロック解除はオンラインで簡単手続き可能
  • SIMロック解除を行えば通信回線を自由に乗り換えできる
  • ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイルのiPhoneは全てSIMロック解除できる

SIMロック解除が必要なiPhoneの種類

SIMロック解除が必要なiPhoneの種類は下記の通りです。

  • ドコモ、au、ソフトバンクで購入したキャリア版iPhone
  • ワイモバイル、UQモバイルで購入したiPhone
  • 中古スマホショップで購入したキャリア版iPhone(SIMロックがかかっている端末)

キャリアおよびワイモバイル・UQモバイルで購入した新品のiPhoneはSIMロック解除がかかっています。

格安SIMで購入できるiPhoneは全てSIMフリー端末です。(例:mineoで購入できるiPhone8、iPhone6sはSIMフリーiPhone)

ワイモバイルとUQモバイルは、ソフトバンクとauのサブブランドとしてサービス展開しています。そのため、mineo・BIC SIM・BIGLOBEモバイルのような格安SIMを提供しているMVNO事業者ではないので、iPhoneにSIMロックがかかっています。

Apple公式、Apple Storeで購入できるiPhoneシリーズは全てSIMロックフリー端末です。そのため、正規品の最新シリーズのSIMフリーiPhoneが購入したいならApple公式・Apple Storeで購入しましょう!

iPhoneのSIMロック解除方法

歴代iPhone

iPhoneのSIMロック解除方法を確認していきましょう。2つの方法でSIMロック解除を行えます。

  • 各社の公式ショップでSIMロック解除手続き(3000円の手数料がかかります)
  • 電話 or オンラインで解除手続き(5分程度で終了)

筆者は、オンラインでの解除手続きを推奨します。公式ショップで行うSIMロック解除・電話で行うSIMロック解除は、店舗での待ち時間がかかる上に3000円の手数料がかかります。

iPhoneの解除は、AndroidスマホのSIMロック解除と同じ方法で利用できます。なお、iPhoneに関しては、各キャリアでSIMロック解除を実施した後に発行されるSIMロック解除コードが存在しません。そのため、SIMロック解除を実施した後に利用したい会社のSIMカードを差し替えれば利用可能になります。

SIMロック解除を行う上で起きるデメリットは一切ありません。また、契約中にSIMロック解除の申請・手続きを行ってもスマホに不具合が起きたり、電話やインターネットが利用できなくなる心配は一切不要です。各社のSIMロック解除の条件を満たしたタイミングでSIMロック解除を行っておくことを推奨します。解約後にSIMロック解除を行う場合、公式ショップでの手続きに限定されてしまうので余計な出費と手間がかかります。

iPhoneのSIMロック解除の条件

ドコモ、au、ソフトバンクのSIMロック解除の条件を一覧で確認してください。解約後でも各社の基準に沿った期日以内の申請だったらSIMロック解除が可能です。ただし、店舗でのみSIMロック解除を行うことができます。

ドコモ au ソフトバンク UQモバイル ワイモバイル
期間 端末購入日から101日以上経過 端末購入日から101日以上経過 端末購入日から101日以上経過 端末購入日から101日以上経過 端末購入日から101日以上経過
その他条件 ドコモのSIMロック解除対象端末
ネットワーク利用制限がかかっていない
おまかせロックがかかっていない
auのSIMロック解除の対象機種
ネットワーク利用制限がかかっていない
ソフトバンクのSIMロック解除対象端末
ネットワーク利用制限がかかっていない
スマホ端末が故障していない
代金の支払いが完了
契約者本人のみ可能
代金の支払いが完了
契約者本人のみ可能
解約後のSIMロック解除期限 解約日から90日以内 解約日から100日以内 解約日から90日以内 解約日から100日以内 解約日から90日以内
2019年9月以降は、SIMロック解除のガイドライン改訂により、中古ショップで購入したSIMロックがかかっている各社のキャリア版iPhoneもSIMロック解除できるようになっています。友人・知人から譲り受けたiPhoneのSIMロック解除も可能です。ただし、中古で買ったキャリアiPhoneは各社の公式ショップでのみ手続き可能・解除手数料が必ず3,000円かかります。

iPhoneのSIMロック解除手数料の一覧

続いて、SIMロック解除手数料を一覧でチェックしてください。確実に手間がかからずに費用を節約できる方法は、オンラインでの解除手続きです。

公式ショップ 電話 オンライン
ドコモ 3,000円 3,000円 無料
au 3,000円 受付不可 無料
ソフトバンク 3,000円 受付不可 無料
UQモバイル 受付不可 3,000円 無料
ワイモバイル 3,000円 受付不可 無料

各社のSIMロック解除はオンラインで行うのがもっとも簡単な方法です。それでは各社のiPhoneのSIMロック解除方法を順に確認しましょう!

ドコモ版iPhoneのSIMロック解除方法

ドコモ

オンラインでSIMロック解除する手順を確認していきましょう。

⇒⇒My ドコモのオンライン手続きに移動する

  • パソコンからdアカウントを使ってMy docomoにログイン
  • My docomoのオンライン手続き⇒契約内容・手続き⇒「その他」の欄にある「SIMロック解除」を選択
  • 手順に沿って機種の製造番号(IMEI番号)を入力して手続き
  • 発行されたSIMロック解除コードをメモ

SIMロック解除を行うには、機種の製造番号(IMEI番号)が必要になります。製造番号は、電話アプリでダイヤル「*#06#」を入力すると15桁の電話番号が表示されます。iPad・iPhoneを利用している場合は、設定⇒一般⇒情報でIMEI番号を確認可能です。

実際にドコモ版iPhoneのSIMロック解除をパソコンで行ったので手順を画像と共に紹介していきます。

2019年6月にSIMロック解除を行いました。時期や公式サイトのリニューアルでボタンの名前などが変更になっている可能性があります。(2019年6月時点でスマホからのSIMロック解除は、申請ボタンが表示されずに不可能でした。)

IMEI番号を確認

設定⇒一般⇒情報でIMEI番号が確認できます。15桁の番号です。

IMEIの確認

IMEI確認

IMEI確認

パソコンでMy ドコモにログイン

パソコンでMy ドコモにログインして契約内容・手続きに移動します。ログインはdアカウントでログイン可能です。

マイドコモにログイン

SIMロック解除の手続き

契約内容・手続きのページ下部の「その他の部分」にSIMロック解除ボタンがあります。

マイドコモ

SIMロック解除手続きのページでSIMロック解除の注意事項に同意した上で申込完了メールが届くメールアドレスを選択します。Androidの場合は、解除コードがメールで届きます。

マイドコモ

マイドコモ

手続内容確認ページに内容に間違いがないことを確認します。SIMロック解除を行っても契約中はトラブルなく利用できるのでご安心ください。

SIMロック解除手続き

SIMロック解除手続き

「手続きを完了する」を選択すると全てのSIMロック手順が終了です。iPhoneの場合は、解除コードが表示されません。

マイドコモ

iPhoneは、SIMロック解除を行ったあとに他社のSIMカードに差し替えてアクティベートするだけで完了します。

au版iPhoneのSIMロック解除方法

au

続いて、au版iPhoneのSIMロック解除を画像付きで紹介していきます。

au版iPhone8のSIMロック解除を行いました。auの公式サポートサイトで手続きを行うので、全てのiPhoneシリーズで同様の手続きで解除可能です。

My auでSIMロック解除申請

auの公式サポートサイトのSIMロック解除手続きのページに移動します。

SIMロック解除手続きに進みます。手続きページはスマホ契約時の暗証番号を入力してログインします。ページに移動すれば利用している端末のSIMロック解除が可能か確認できます。

auログイン

auのSIMロック解除

SIMロック解除が可能な場合は、SIMロック解除可否の欄に「SIMロック解除可能です」と表記されます。

auのSIMロック解除

SIMロック解除の理由を選択

次ページでSIMロック解除の理由を選択します。他社キャリアのSIMカードを利用、格安SIMを利用、海外用SIMを利用、その他などから選べます。筆者は、その他の「特に理由なし(解除のみお試し)」を選択してSIMロック解除の申請を行いました。

auのSIMロック解除

SIMロック解除手続き完了

解除の理由を選択すればSIMロック解除手続きが完了します。乗り換えたい格安SIM、他社キャリアのSIMカードを挿し込めば変更完了です。

auのSIMロック解除

iPhone8でSIMロック解除しましたが、非常に簡単で驚きました。携帯電話の解約手続きや料金プラン変更って非常に面倒ですよね。でも、auのSIMロック解除はオンラインで簡単に手続きできます。

⇒⇒auのSIMロック解除手続きをMy auで行う

ソフトバンク版iPhoneのSIMロック解除方法

ソフトバンク

ソフトバンクも他社同様に公式サイトの「My SoftBank」でSIMロック解除可能です。

15桁のIMEI番号は、iPhone・Android共に設定アプリから確認できます。

  • iPhoneは設定⇒一般⇒情報⇒IMEIで確認
  • Androidは設定⇒端末情報⇒機器の状態⇒IMEI番号⇒IMEIで確認

ソフトバンクの会員ページのSIMロック解除手続きでIMEI番号の入力が必要となります。全体の流れとしては下記の通りです。

  1. IMEI番号をメモ(キャプチャ)
  2. ソフトバンクの会員専用ページ My SoftBankにログイン
  3. 契約・オプション管理のSIMロック解除手続きを選択
  4. IMEI番号を入力して解除手続きを行う
  5. SIMロック解除コードをメモ(キャプチャ)

実際にソフトバンク版iPhoneのSIMロック解除を行ったので、画像と共に手順を確認していきましょう!

IMEI番号をメモ(キャプチャ)

設定⇒一般⇒情報⇒IMEIで確認できます。IMEIという記載がある部分に15桁の番号があります。

IMEIの確認

IMEI確認

IMEI確認

My SoftBankにログイン

ソフトバンクの会員専用ページである「My SoftBank」にログインしてください。

My SoftBankにログイン

契約確認のボタンから契約情報の確認に移動します。

My SoftBankにログイン

契約・オプション管理⇒オプションサービス手続きに移動します。

ページの下部にある関連メニューのSIMロック解除手続きを選択します。

My SoftBankにログイン

SIMロック解除手続き

SIMロック解除手続きページからIMEI番号を入力

SIMロック解除手続きページからIMEI番号を入力します。

IMEI番号入力

IMEI番号入力後に確認画面が表示されます。内容を確認した上で解除手続きに進みます。

解約手続き

SIMロック解除手続完了です。iPhoneは解除コードの入力が不要となっているので、解除コードのメモは不要です。

解約手続き完了

SIMロック解除ができているか確認する場合は、ソフトバンクの無料相談「157」に電話して確認可能です。SIMロック解除後は乗り換え先のSIMカードを挿し込めば利用できるようになります。

iPhoneをSIMロック解除するメリット

iPhoneをSIMロック解除するメリットはたくさんあります。順にそれぞれ確認しましょう!

自由に通信回線の乗り換えができる

iPhoneのSIMロック解除をすることでドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMに乗り換え可能です。Androidスマホと異なり、iPhoneは通信回線を自由に選ぶことができます。ドコモスマホだったら、ドコモ回線を利用している格安SIMに乗り換えることで通信速度が安定しやすいですが、iPhoneに関してはどこの回線を利用しても安定した速度で利用できます。

ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
ドコモ版iPhone
au版iPhone
ソフトバンク版iPhone
UQモバイル版iPhone
ワイモバイル版iPhone

どこのキャリアで購入したiPhoneでも自由に通信回線を選ぶことができます。

月々の携帯代を大幅に削減できる

下記表を確認してください。大手家電量販店のビックカメラグループが提供する格安SIMの「BIC SIM」とドコモの料金プランの比較です。表を見て分かる通り、格安SIMに乗り換えるだけで半額以下で利用できることが分かります。

SIMロック解除して格安SIMに乗り換えることで携帯代を安くできます。

BIC SIM ドコモ
料金 1回線のミニマムスタートプラン(3GB・音声通話SIM) 1,600円 1回線のギガライト(3GB・音声通話) 3,980円
家族パック 2回線のファミリーシェアプラン(30GB・音声通話) 5,280円 2回線のギガホ(30GB・音声通話) 12,960円
当編集部が、料金プラン・特徴・用途に応じたおすすめ格安SIMを総合的な視点で比較できる情報を紹介しています。スマホとセットで格安SIMを契約して通信費を下げましょう!
https://sma-2.jp/mag/kakuyasusim-hikaku

今使っているiPhoneを再利用して乗り換えできる

iPhoneのSIMロック解除を行うことで他社に乗り換えるときも新しいiPhoneを購入せずに乗り換え可能です。携帯端末の購入費用を削減できる点もSIMロック解除のメリットです。キャリアの2年縛りが終了したタイミングで他社への乗り換えを検討する人が多いですが、SIMロック解除することで現役で使えるiPhoneを再利用できます。

中古ショップで高く売れる

SIMロック解除していないキャリア版iPhoneは、中古ショップでの買取価格が低くなります。なぜなら、SIMロック解除していないキャリアiPhoneを購入した人が他社回線を利用する場合は、公式ショップで3,000円の手数料を支払ってSIMロック解除しなければいけないからです。そのため、SIMロック解除しておくことで高額査定が期待できます。

iPhoneをSIMロック解除するデメリット

iPhoneをSIMロック解除するデメリットはありません。唯一挙げられるデメリットは、各社の公式ショップで解除手数料が3,000円かかる点です。SIMロック解除を行っても、今まで通りiPhoneを利用可能です。

さらにiPhoneに保存しているデータ、写真、動画、音楽データなどが紛失することはありません。なぜなら、オンラインで解除手続きをするだけだからです。

ついつい忘れがちなSIMロック解除。解約後にSIMロック解除を行うと手数料がかかるので、契約中にSIMロック解除を事前に行っておくことを推奨します。

iPhoneをSIMロック解除して通信回線を乗り換えよう

最後までお読みいただきありがとうございました。iPhoneをSIMロック解除して通信回線を自由に乗り換えましょう。

SIMロック解除は他社に乗り換えで新しいiPhoneに機種変更するときでも、乗り換え前にSIMロック解除を行うことを推奨します。なぜなら、古いiPhoneを中古ショップで売る時にSIMロック解除済みのiPhoneの方が買取価格が高くなるからです。

また、古いiPhoneに格安SIMを入れて使いたいときにSIMロック解除を行っていると非常に便利だからです。SIMロック解除を行うデメリットは一切ありません。オンラインで5分で簡単に終わるので本記事で紹介した情報を参考にしてください!

■iPhoneのSIMロック解除

  • iPhoneのSIMロック解除はドコモ、au、ソフトバンク全てオンラインで手続き可能
  • iPhoneはSIMロック解除すれば全ての通信回線で利用できる
  • 各キャリアのSIMロック解除条件は若干異なるが、ほとんど同じ
■SIMロック解除したiPhoneを格安SIMで使う方法

  • 格安SIMをオンラインで契約して自宅に届いたら格安SIMを挿入する
  • プロファイルのインストールでAPN設定を行う

投稿者名: スマツー編集部 iPhone