SIMフリースマートフォン全品送料無料

iPhoneの文字サイズを大きくする方法!拡大・画面を見やすくする設定

iPhone

  更新日:2020.02.13

iPhone iphone文字サイズ

iPhoneの文字サイズを大きくする方法や拡大、画面を見やすくする設定を紹介します。

iPhoneの文字サイズが小さいと感じている人は多いです。文字が小さいと目に負担がかかり、iPhoneの使用に支障が出ます。iPhoneの使用が今よりも快適にするには、iPhoneの文字サイズを変更するのが得策です。

iPhoneの文字サイズ変更方法は簡単なので、一緒に文字サイズの変更方法を本記事でマスターしましょう。

  • iPhoneの文字サイズは設定アプリから変更可能
  • 文字を太くすることも可能
  • 画面表示をズームする機能やiPhoneを拡大鏡として利用する方法もある

iPhoneの文字サイズを変更する方法

スマホを使う男性
iPhoneの文字サイズは設定アプリから変更可能です。変更した文字サイズは、iPhone内のアプリ(設定アプリやメモアプリなど)だけでなく、LINEやTwitter、InstagramなどのSNSにも反映されます。主要アプリでは基本的に個別設定をする必要がありません。

Safariの文字サイズは、設定アプリで文字サイズを変更しても反映されません。Safariは個別に文字サイズの設定が必要です。Safariの文字サイズ変更方法については、本記事後半で紹介します。

文字を大きく表示する

iPhoneの文字サイズを大きくする
iPhoneの文字サイズを大きくする

iPhoneの文字サイズを標準から大きく表示する方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「画面表示と明るさ」⇒「文字サイズを変更」の順にタップ
  3. 好きな文字サイズを選択

iPhoneの文字サイズは最小から最大まで7段階に分かれています。好きな文字サイズを設定してください。

「文字サイズを変更」画面から変更できる文字サイズ以上の文字サイズに設定したい場合は、アクセシビリティからさらに文字サイズを大きくできます。設定方法は以下の通りです。

iPhoneの文字サイズを大きくする
iPhoneの文字サイズを大きくする
  1. 設定アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」⇒「画面表示とテキストサイズ」⇒「さらに大きな文字」の順にタップ
  3. 「さらに大きな文字」をONにする
  4. 好きな文字サイズを選択

さらに大きな文字をONにすると、下記画像のように文字サイズが大きくなって最小から最大まで12段階の文字サイズから選択できます。

iPhoneの文字サイズを大きくする
iPhoneの文字サイズを大きくする

文字を太く表示する

iPhoneの文字を太くする
iPhoneの文字を太くする

文字のサイズだけでなく、文字を太く表示すること可能です。上記像のように「文字を太くする」をオンにすることで太字に変更されます。

iPhoneの文字を太くする方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」⇒「画面表示とテキストサイズ」の順にタップ
  3. 「文字を太くする」をONにする

「文字を太くする」をONにすると、文字が太くハッキリと表示されるようになります。iPhoneの文字が薄いと感じている人は、文字を太くすると読みやすさが向上します。

Safariの文字サイズを変更する方法

safariの文字サイズを大きくする
safariの文字サイズを大きくする

Safariの文字サイズは変更可能です。Safariの文字サイズ変更はSafari上で行います。以下の通りです。

  1. Safariでインターネット検索またはサイトを開く
  2. 画面左上に表示されている「AA」をタップ
  3. 大きい方の「A」をタップし、読みやすい文字サイズまでフォントを拡大する(小さい方の「A」をタップすれば、文字サイズが小さくなる)

上記手順でブラウザ上の文字サイズを自分好みのサイズに変更できます。サイトによって文字サイズが異なっているので、文字のサイズを自分好みのサイズに調整してください。

標準が100%に設定されていて、文字サイズを最小50%〜最大300%まで大きくできます。

iPhoneの画面を見やすくする設定

iPhoneの画面を見やすくする設定は以下の通りです。

気になる設定方法がある場合は、直接設定方法をタップしてください。すぐに詳細を確認できます。

画面表示を拡大するズーム機能

画面表示を拡大するズーム機能
特定の部分だけを拡大するズーム機能が備わっています。ズーム機能は3本の指でタップを素早く2回すれば、タップした部分が拡大表示されます。再度3本の指でタップを素早く2回すれば、ズームを解除できます。

ズーム倍率は1.2倍から15倍まで設定可能です。ズーム中に画面を左右に移動する場合は、3本の指で画面をドラッグしてください。

画面全体をズームするのではなく、ズーム専用のウインドウでズームも可能です。レンズに映し出されている部分のみがズーム表示されるので、全体ズームより使用しやすくおすすめです。

ズーム機能の設定方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」⇒「ズーム」の順にタップ
  3. 「ズーム」をONおよび、好きなズーム設定を行う

上記手順でズーム設定が可能です。誤タップによってiPhoneの文字サイズが勝手に変更されるのを防ぎたい場合は、「ズーム」をOFFに設定してください。

ホーム画面のアイコンを大きくする

ホーム画面のアイコンサイズは、「標準」・「拡大」の2種類から選択できます。ホーム画面のアイコンサイズを変更する方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「画面表示と明るさ」⇒「表示」の順にタップ
  3. 「標準」または「拡大」を選択

上記手順でアイコンのサイズを変更可能です。標準サイズでは縦6×横4のアイコン表示ですが、拡大サイズでは縦5×横4のアイコン表示に変わります。

アイコンサイズは下記画像のように変更されます。

iPhoneのアイコンを拡大する
iPhoneのアイコンを拡大する

iPhoneを拡大鏡として利用する

iPhoneを拡大鏡として利用することも可能です。拡大鏡機能を利用すれば、新聞や雑誌などの小さい文字や遠くの物をズームして見れます。外出先に拡大鏡を持ち運ぶ必要が無く便利です。

iPhoneを拡大鏡として利用する方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」⇒「拡大鏡」の順にタップ
  3. 「拡大鏡」をONにする
  4. iPhone X以降の機種はサイドボタンを3回プッシュ、iPhone 8以前の機種はホームボタンを3回プッシュして拡大鏡を起動

上記手順で拡大鏡を使用できます。拡大鏡機能をONにしておくと、サイドボタンを3回プッシュまたはホームボタンを3回プッシュで起動できます。拡大鏡を持ち歩く習慣がある人は荷物が減って身軽になります!

下記画像のように拡大鏡を開いて拡大・縮小が設定できます。

iPhoneで拡大鏡
iPhoneで拡大鏡

まとめ

iPhoneの文字サイズを大きくする方法や拡大、画面を見やすくする設定を紹介しました。

iPhoneの文字サイズは最大で12段階の大きさから選べるので、好みの大きさに設定してください。iPhoneの文字サイズを変更すれば、LINEやTwitter、Instagramなどの主要アプリの文字サイズも同様に変更されます。SafariはSafari上から別途設定してください。

文字サイズを大きくする以外にもズーム機能やアイコンを大きくする機能、拡大鏡として使用する機能もiPhoneには備わっているので、目に負担をかけずに快適にiPhoneの文字を読みましょう。

最後に本記事をおさらいします。

  • iPhoneの文字は最大12段階の大きさから選べ、文字の太さも変更可能
  • Safariの文字の大きさは、Safariの画面左上の「AA」ボタンから変更可能
  • iPhoneのズーム機能は3本の指で3回連続タップすることで、ズーム可能
  • ホーム画面のアイコンサイズは標準なら縦6×横4、拡大なら縦5×横4のアイコン表示
  • iPhoneは拡大鏡としても使用可能

投稿者名: saitama iPhone