日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

iPhoneとWi-Fiルーターの接続方法!繋がらないときの対処法

モバイルWiFi

  更新日:2020.07.08 

モバイルWiFi iPhoneとWi-Fiルーターの接続方法!繋がらないときの対処法

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

Wi-Fiルーターを契約したものの、うまくiPhoneと接続できずに困っていませんか。
本記事では自宅のホームルーター、Wi-Fiルーターモデム、ポケットWi-Fiを対象にiPhoneとの接続方法を解説しています。

基本的に、iPhoneをWi-Fiに接続するための手順は、購入キャリアに関係なく、やSIMフリー版も含めてすべて同じです。本記事後半では、うまく接続できないときの原因や対処法も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 1回目の接続は設定アプリから行う
  • 自動接続をオンにすると2回目以降は自動で繋がる
  • うまく繋がらないときは、再起動やネットワーク設定をリセットする

iPhoneとWi-Fiルーターの接続方法

iPhoneと男性

iPhoneのWi-Fi接続方法はドコモやau、ソフトバンクなど購入キャリアが異なっていても設定手順は同じです。

基本的には上記の流れでWi-Fiの接続は完了します。
ただしSIMフリー版の場合は、SIMカードをiPhoneに挿したあと「APN設定」を行ってください。
SIMフリー版はAPN設定をしないとネットに接続できないため、忘れないように注意が必要です。

またApple Store内には、接続しているWi-Fiルーターの電波強度などの情報を見れるアプリがいくつかあります。
電波のいい場所を知りたい場合は利用してみてください。

ネットワーク名(SSID)とパスワードを確認する

iPhoneをWi-Fi接続するためには、接続するWi-FiネットワークのSSIDとパスワードが必要です。
自宅のホームルーターやポケットWi-FiのSSIDやパスワードは、主に以下の方法で確認できます。

  • ルーター端末の裏側や側面などに貼られているシール
  • Wi-Fi契約時の説明書
  • ポケットWi-Fiの場合は本体操作画面の「SSID」や「Wi-Fi名」などから確認

Wi-Fiパスワードは暗号化キーやセキュリティーキー、PSK-AES、WEPキー、KEYなどの名称で記載されていることも多いです。

セキュリティ面が気になる人は、Wi-FiルーターのSSIDやパスワードを変更するのがおすすめです。
Wi-Fiルーターに最初から設定されているSSIDやパスワードの初期値はパターンが似ている場合があり、セキュリティ面を考慮すると安全とは言い難いです。変更手順はWi-Fiルーターごとに異なるので、説明書などを参考にしてください。

では、iPhoneにWi-Fiを接続する手順を順番に紹介していきます。

設定アプリから「Wi-Fi」をオンにする

iPhoneをWi-Fi接続するためには、設定画面からWi-Fiをオンにしておく必要があります。
SSIDやパスワードを正しく入力しても、Wi-Fiがオフのままでは繋がらないので要注意です。

Wi-Fiをオンにする手順

  1. iPhoneの「設定」アプリを開く
  2. 「Wi-Fi」をタップ
  3. 「Wi-Fi」の横にあるバーを「オン」にする

設定をオンにしたあとは、接続可能なWi-Fiとつなげられるようになります。

接続したいネットワーク名を選択・パスワードを入力

Wi-Fiが接続できる状態になると、接続可能なWi-Fiのネットワーク名(SSID)が画面に一覧表示されます。
近くのWi-Fiがすべて表示されるので、接続したいネットワーク名を選択し接続してください。

Wi-Fiの接続手順

  1. 一覧表示されたネットワーク名から接続したいSSIDをタップ
  2. パスワードを入力し、「接続」
  3. 接続完了するとネットワーク名の左となりに青いチェックマークが表示される

自動接続をオンにしておくと、2回目以降の接続がパスワード不要になります。

またWi-Fiはコントロールセンターからも接続可能です。

コントロールセンターを使ったWi-Fi接続方法

  1. コントロールセンターを開く
  2. Wi-Fiマークをタップ

コントロールセンターを使えば、Wi-Fiマークをタップするだけでオンオフできます。
設定アプリを開くよりも簡単なので、やり方を覚えておくとモバイル通信とWi-Fi

を気軽に使い分けられます。

iPhoneのWi-Fi接続を解除する方法

iPhoneのWi-Fi接続の解除は、コントロールセンターや設定アプリから行えます。

設定アプリの場合もコントロールセンターの場合も、共通して「Wi-Fi」を「オフ」にするとWi-Fi接続が完全オフされ、モバイルデータ通信に切り替わります。

Wi-Fi接続を切るのではなく勝手にWi-Fi接続されるのを止めたい場合は「Wi-Fi」内の「接続を確認」をオフしてください。
一括でWi-Fiへの自動接続を拒否できます。

特定のWi-Fiのみ自動接続を無効化したい場合は、SSIDの右側に表示される「i」から「自動接続」を「オフ」してください。
通信容量に上限のあるWi-Fiルーターを使っている人は自動接続を無効化しておくと、使い分けが楽にできます。

iPhoneとWi-Fiルーターが接続できないときの対処法

iPhoneを使う男性

iPhoneとWi-Fiルーターが接続できないときは、パスワードの打ち間違いがないかよく確認してください。

そのうえで接続できない場合や通信が切れてしまうときは、以下の対処法を試すと改善する場合があります。

参照:iPhoneがWi-Fi接続できない場合

Wi-Fiをオフにしてから再度オンにする

iPhoneがWi-Fi接続できないときは一度Wi-Fiをオンオフして、正常に接続されるか確認してください。
大抵の場合、この方法で解決することが多いです。

正常に接続されると、iPhoneの画面右上にWi-Fiマークが表示されます。
設定画面を開くと接続済のネットワーク名の横に、青いチェックマークがついているのが確認可能です。

それでも接続できない場合は設定アプリからWi-Fiを開き、接続可能なネットワーク一覧にルーターのSSIDが表示されているか探してみてください。
出ていない場合は、Wi-Fiルーター側に問題がある可能性があります。

またWi-Fiと機内モードの設定場所は隣接しているので、勘違いして機内モードをオンにしている可能性もあります。
もう一度、本当にWi-Fiがオンになっているかを確認してください。

上記のどれにも当てはまらない場合は、iPhoneを再起動して接続できないか試しましょう。

Wi-Fiルーターに問題がないか確認する

iPhoneの設定に問題がないにも関わらず「インターネット未接続」と表示される場合、Wi-Fiルーターに問題がある可能性があります。
ルーター側の問題を疑う場合は、以下にあげる内容を確認してください。

  • Wi-Fiルーターの電波が届く範囲にいるか
  • Wi-Fiルーターの再起動
  • 料金を未払いしていないか
  • Wi-Fiルーターの置き場所
  • 充電ケーブルがきちんと挿されているか
  • 対応エリア内かどうか

ほとんどのルーター端末に電源ボタンはなく、電源コードを抜き差しすることで再起動できます。コンセントを抜いたあと1分ほど放置して、再度コンセントを挿してください。その後、正常にランプが点灯するのを待って再度Wi-Fi接続できるか試してみてください。
WiMAXやポケットWiFiのモバイルルーターの場合は、しっかり充電されているかどうか確認しましょう。

Wi-Fiルーターの電波が届く範囲には限度があるので、2階建て住宅などに住んでいる場合はアンテナの増強などもおすすめです。
Wi-Fiルーターの設置場所も重要です。近くに電子レンジなどがあると、通信を妨げる原因になります。また電波の入りやすい窓側に置くなど工夫しましょう。

ポケットWiFiを旅行や出張先で使う場合は、対応エリア外(圏外)のため利用できない場合もあります。プロパイダの公式サイで対応エリアを確認しましょう。

Wi-Fiルーター端末にも問題がなさそうな場合、毎月の利用料金が未払いになっていないかも要チェックです。

ネットワーク設定をリセットする

どの対処法を試しても効果がない場合、iPhoneのネットワーク設定をリセットしてみるのも有効です。

ネットワーク設定のリセット手順

  1. 「設定」アプリから「一般」を開く
  2. 画面をスクロールし、一番下の「リセット」を選択
  3. 「ネットワーク設定をリセット」をタップ
  4. パスワードを入力する
  5. 再度「ネットワーク設定をリセット」をタップ

リセットが完了すると、iPhoneは自動で再起動します。
再起動が完了後、各種設定を行ってください。

ネットワークをリセットしても接続できない場合は、Wi-Fiルーターの初期不良または対応エリア外の可能性が高いです。
一度契約プロパイダに問い合わせてみてください。

プロパイダでは初期キャンセル制度を設けている場合があります。
例えばWiMAXの場合、端末の到着後8日間以内に端末を返送すれば違約金なしで解約できます。外箱を含めた同梱物一式を返却する必要があるため、捨てたり紛失したりしないよう注意が必要です(万が一、返送物に不備があった場合や故障、破損があると賠償金として20,000円要求されます)

初期キャンセル可能な期間や条件はプロパイダごとに異なるため、よく確認しておいてください。

まとめ

iPhoneをWi-Fiを繋げるには、SSIDとパスワードが必要です。
初めて繋げる場合は設定アプリを開き「Wi-Fi」から操作してください。

自宅や職場など、よく使うWi-Fiは自動接続をオンにしておくと2度目以降の接続が楽になります。

正しいパスワードを入力してもWi-Fiが繋がらない場合は、iPhoneやルーター端末の再起動、置き場所の確認をしてください。
最終的にネットワーク設定をリセットしても繋がらないときは、Wi-Fi電波のエリア範囲外の可能性が高いです。その場合は、どのプロパイダに問い合わせしましょう。

最後に記事内容のおさらいです。

  • 繋がらないときは、まずiPhoneのWi-Fiをオンオフしてみる
  • SIMフリー版はANP設定が必要
  • 自動接続をオンしておくと2度目以降の接続がスムーズ

投稿者名: takanashi モバイルWiFi