SIMフリースマートフォン全品送料無料

人気格安SIMの解約金と最低利用期間の一覧表【2020年最新】

格安SIM

  更新日:2019.12.31

格安SIM お金を節約

本記事では、人気格安SIMの解約金と最低利用期間を一覧で紹介していきます。

格安SIMにも解約金や最低利用期間はありますが、内容や条件は各社によって異なります。解約金や最低利用期間も格安SIMを選ぶ上で、1つの指標になります。

一緒に格安SIMの解約金と最低利用期間について見ていきましょう。キャリアの解約金・最低利用期間の情報もあわせて比較できます。

  • 格安SIMの解約金や最低利用期間は、各社によって異なる
  • 解約金と最低利用期間があるのは音声通話SIM
  • キャリアから格安SIMに電話番号を引き継いで乗り換える場合は、MNP転出手数料がかかる

格安SIMの最低利用期間と解約金

解約
格安SIMはキャリアと異なり、以下の3種類のSIMカードの種類があります。

  • 音声通話SIM
  • SMS付きデータSIM
  • データ専用SIM

音声通話SIMは電話回線を使用して通話できるSIM(キャリアのSIMと同じ)。

SMS付きデータSIMとデータ専用SIMは、SMSが使用できるかできないかの違いであり、2つのSIMカードは電話回線を使用しての通話ができません。

人気の格安SIMの最低利用期間と解約金を一覧表で見てみましょう。2019年9月30日以前と2019年10月1日以降に契約した人は解約金が異なります。

■2019年10月1日以降に契約

格安SIM名 最低利用期間 解約金
BIC SIM 利用開始日の翌月末日 利用開始から12ヶ月以内に解約した場合
1,000円(税抜)
UQモバイル なし なし
ワイモバイル なし なし
mineo なし なし
LINEモバイル 12ヶ月間 1,000円(税抜)
BIGLOBEモバイル 12ヶ月間 1,000円(税抜)
IIJmio 12ヶ月間 1,000円(税抜)
楽天モバイル なし なし
イオンモバイル なし なし
※契約日より90日以内にMNP転出する場合(新規契約のみ)
15,000円(税抜)
OCNモバイルONE 本人確認資料の確認が完了した月 1,000円(不課税)

■2019年9月30日以前に契約

2019年9月30日以前にUQモバイル・ワイモバイルを契約している人は、自動更新(2年)があります。契約更新期間に解約しない限り、解約金が発生してしまうので注意が必要です。

UQモバイルの更新期間は1ヶ月間のみと短いですが、ワイモバイルは更新期間が3ヶ月間と十分な期間があります。

格安SIM名 最低利用期間 解約金
BIC SIM 利用開始日の翌月末日 利用開始から12ヶ月以内に解約した場合
1,000円〜12,000円(税抜)
UQモバイル 24ヶ月間
(自動更新あり)
9,500円(税抜)
ワイモバイル 24ヶ月間
(自動更新あり)
9,500円(税抜)
mineo なし なし
※利用開始から12ヶ月以内にMNP転出する場合
9,500円(税抜)
LINEモバイル 12ヶ月間 9,800円(税抜)
BIGLOBEモバイル 12ヶ月間 8,000円(税抜)
IIJmio 12ヶ月間 利用開始から12ヶ月以内に解約した場合
1,000円〜12,000円(税抜)
楽天モバイル 12ヶ月〜36ヶ月間 9,800円(税抜)
イオンモバイル なし なし
※契約日より90日以内にMNP転出する場合(新規契約のみ)
15,000円(税抜)
OCNモバイルONE 6ヶ月間 8,000円(税抜)

最低利用期間を大きく分けると、なし・1年間・2年間の3パターンに分けることが可能です。最低利用期間が短い方が他の格安SIMへの乗り換えも簡単です。

総合的に見ても、格安SIMの方が最低利用期間や更新期間の縛りが緩く、利用しやすくなっています。他の格安SIMへ乗り換えやすいのも格安SIMのメリットです。

音声通話SIMの最低利用期間と解約金

音声通話SIMを使う場合のみ、最低利用期間と解約金が設けられています。解約金は安く、最低利用期間は短い方が良いのは間違いありません。しかし、解約金や最低利用期間を気にしすぎる必要はありません。

なぜなら、乗り換え先の格安SIMは、乗り換える人向けのお得なキャンペーンを行っていることが多く、キャンペーンで割引される価格を考慮すれば解約金が実質無料になるケースもあります。そのため、解約金だけに目を向けるのではなく、乗り換える人向けのキャンペーン内容にも目を向けましょう。

近年ではLINEなどのツールを用いて通話をする機会が多いですが、公的な手続きやビジネスでは、電話回線を使用しての通話が使用されています。

音声通話SIMを利用しないと電話回線を使用しての電話ができません。1人1台は音声通話SIMを持っていた方が何かと便利です。

解約金なしの格安SIMを利用する方法

SMS付きデータSIMやデータ専用SIMを利用すれば、解約金なしで格安SIMを利用できます。データSIMのメリットとデメリットを見てみましょう。

■データSIMのメリット

  • 解約金や最低利用期間が基本的に無い
  • 月額料金が音声通話SIMよりも安い

データSIMは解約金や最低利用期間が無いので利用しやすいだけでなく、月額料金が音声通話SIMよりも安いです。そのため、通信費を安くしたい場合や、2台目以降のスマホ用のSIMに最適です。

■データSIMのデメリット

  • 電話番号を引き継げない
  • 電話回線を使用しての電話ができない

データSIMでは通常の電話番号を持つことができないので、キャリアで使用していた電話番号(090/080/070)を引き継げません。そして、電話回線を使用しての電話ができません。

050アプリ(IP電話)やLINEなどのアプリを使用すれば通話は可能ですが、050アプリの場合110や119及びフリーダイヤルへの発信ができません。LINEにおいては固定電話や電話回線からの着信も出来ないため、音声通話SIMより不便です。

そのため1台目のスマホは音声通話SIM。2台目以降のスマホは使用用途に応じて、音声通話SIM・データSIMを選択するのがおすすめ。

スマホ1台でも、複数のSIMカードが使えるDSDSやDSDVに対応している場合は、SIMカードの使い分けをすると、月額料金を安くすることも可能です。

DSDSやDSDVは下記記事で詳しく紹介しています。1台のスマホで2枚のSIMカードを利用したい人は必見です!

大手キャリアの解約金・最低利用期間・更新期間

MVNO
続いて、ドコモ・au・ソフトバンクの解約金と最低利用期間、更新期間を一覧表でまとめたので、確認してみましょう。

■2019年9月30日までの契約
ドコモ au ソフトバンク
MNP転出手数料 2,000円(税抜) 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)
MNP転入手数料(事務手数料) 3,000円(税抜) 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)
解約金・解除手数料 9,500円〜(税抜) 9,500円〜(税抜) 9,500円〜(税抜)
最低利用期間 24ヶ月(2年) 24ヶ月(2年) 24ヶ月(2年)
契約更新期間 更新月から3ヶ月間 更新月から3ヶ月間 更新月から3ヶ月間
MNP予約番号の発行方法 オンライン・電話・店舗 オンライン・電話・店舗 オンライン・電話・店舗
2019年10月1日以降の新規契約は解約金が変更
ドコモ au ソフトバンク
MNP転出手数料 2,000円(税抜) 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)
MNP転入手数料(事務手数料) 3,000円(税抜) 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)
解約金・解除手数料 なし
dカード支払いをしない場合、1,000円
1,000円 なし
最低利用期間 なし なし なし
契約更新期間 いつでも解約可能 いつでも解約可能 いつでも解約可能
MNP予約番号の発行方法 オンライン・電話・店舗 オンライン・電話・店舗 オンライン・電話・店舗

2019年10月1日以降、最低利用期間と解約金が撤廃されたため、2年契約・解約金が不要になっています。

ただし、旧プランを利用している人と2019年9月30日以前の契約状況の人は、基本的に2年契約が適用されています。解約金の額は格安SIMと大差はありませんが、自動更新があるので、解約金が発生する可能性があります。新プランへの切り替えはいつでもできるので、あなたのスマホの使い方・変更後の料金を確認した上で契約内容を変更してください。

キャリアよりも格安SIMの契約体系の方が、ユーザーに寄り添っていて利用しやすいと評価できます。

最低利用期間が設けられている理由

キャリア・格安SIMともに最低利用期間が設けられている理由は以下の通りです。

  • 他社への乗り換えを防ぐため
  • 乗り換え時のお得なキャンペーンだけ利用されるとサービス品質が落ちやすくなる
  • 安定した品質の通信サービスを安く提供するため

上記の理由から最低利用期間が設けられています。最低利用期間が設けられている最大の理由は、他社への乗り換えを防ぐためです。スマホに限らずどのビジネスにおいても、ユーザーが減ってしまったら利益も当然減ってしまいます。

近年は、1人1台スマホを持つというのが一般的です。また、通信会社も多いので、解約時にただ解約する人は少なく、他社に乗り換えるケースが大半です。自社の利益を上げて、ライバルとの競争に勝つためにも最低利用期間を設けています。

また、他社からの乗り換え時にお得なキャンペーン(初期費用無料や月額料金〇〇円〜など)を行っている格安SIMが多いです。キャンペーンだけ利用して乗り換えられてしまったら、安定品質のサービスを提供するのが難しくなります。

一定の売上を見込むことができないと、安定品質で速度が速い通信回線を持続的に提供できなくなる側面があります。その視点を踏まえても一定の最低利用期間は必要になってきます。

最低利用期間や解約金があるとわかると、「乗り換えることは面倒で大変なこと。」と感じませんか? 筆者は面倒くさがりなので、感じてしまいます。例えば使用している通信会社に多少の不満を抱いていたとしても、最低利用期間や解約金のことを考えたら、「他社に乗り換えなくても良いか。」と考える人も多いと思います。

特に自動更新ありのプランなら、契約更新期間に解約しない限り、解約金が発生してしまうので、面倒と感じる気持ちは倍増するでしょう。

最低利用期間や解約金の確認方法は、難しくありません。マイページなどで確認できることが多いので、面倒くさがらずに確認しましょう。少しの手間をかけるかかけないかで、月々の通信費が大きく変わってきます。

格安SIMの乗り換えにかかる費用

費用
格安SIMの乗り換えにかかる費用を一覧表で確認してみましょう。

格安SIM名 MNP転出手数料 MNP転入手数料
(事務手数料・SIMカード代含む)
BIC SIM 3,000円(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,384円〜(税抜)
※全SIM共通
UQモバイル 3,000円〜(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,000円(税抜)
※全SIM共通
OCNモバイルONE 3,000円(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,394円(税抜)
※全SIM共通
IIJmio 3,000円(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,394円(税抜)〜
※全SIM共通
ワイモバイル 3,000円(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,000円(税抜)
※全SIM共通
mineo 2,000円〜(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,230円〜(税抜)
※全SIM共通
LINEモバイル 3,000円(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,400円(税抜)
※全SIM共通
BIGLOBEモバイル 3,000円〜(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,394円(税抜)
※全SIM共通
楽天モバイル 3,000円(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,394円〜(税抜)
※全SIM共通
イオンモバイル 3,000円〜(税抜)
※音声通話SIMのみ
3,000円(税抜)
※全SIM共通

格安SIMにおいては、MNP転入・転出する場合、3,000円程度費用がかかります。

MNP転出時の手数料の割引はありませんが、時期によっては、MNP転入時の費用や、月額料金の割引キャンペーンが開催されていることがあります。そのため、MNP転入手数料に関しては、実質無料になるケースもあります。

MNP転入手数料はあまり気にする必要はありません。むしろ、初期費用がお得になるキャンペーンを開催していたら、乗り換える絶好のタイミングです。お得に乗り換えるタイミングを逃さずに格安SIMに乗り換えましょう。

格安SIMへの乗り換え手順は、以下の記事にて詳しく紹介しています。

当編集部が、料金プラン・特徴・用途に応じたおすすめ格安SIMを総合的な視点で比較できる情報を紹介しています。スマホとセットで格安SIMを契約して通信費を下げましょう!
https://sma-2.jp/mag/kakuyasusim-hikaku

まとめ

人気の格安SIMの解約金と最低利用期間を一覧で紹介しました。

格安SIMにも解約金と最低利用期間が設けられていますが、解約金が発生する条件や最低利用期間は、格安SIMの方が緩いです。そのため、格安SIMが契約しやすく、他社に乗り換えたい場合も乗り換えやすいです。格安SIMの方がユーザーに寄り添った契約体系です。

格安SIMは最低利用期間と解約金の条件が緩いので、試してみるぐらいの気持ちで格安SIMに乗り換えるのも全く問題ありません。解約金や最低利用期間を意識しすぎずに、乗り換えキャンペーンなどを含めて広い視野で考えるのが重要です。

最後に本記事をおさらします。

■本記事の重要ポイント

  • 格安SIMには3種類のSIMがあり、基本的に、音声通話SIMは最低利用期間や解約金があり、データSIMには最低利用期間や解約金がない
  • 1台目は音声通話SIM。2台目以降はデータSIMと使い分ければ通信費の節約だけでなく、解約金の節約にも繋がる
  • 格安SIMによって最低利用期間や解約金の内容は異なるが、いずれにしてもキャリアよりも条件が緩い
  • 最低利用期間が設けられている1番の要因は、ユーザーを他社へ乗り換えさせないため
  • MNP転出・転入手数料は各社によって異なるので、事前に確認しておくのが良い

投稿者名: saitama 格安SIM