日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

データ繰り越しができるおすすめの格安SIM3選!シェア機能・有効期限で比較

格安SIM

  更新日:2020.07.29 

格安SIM データ繰り越しができるおすすめの格安SIM3選!シェア機能・有効期限で比較

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

データ繰り越しができる格安SIMでは、余ったデータ量を無駄なく利用でき、よりお得に利用できます。格安SIMによっては、1GB(ギガ)単位や500MB単位など繰り越せるデータ量が決まっていたり、有効期限が決まっていたりするため、格安SIMの契約前に、データくりこしの条件について確認しておくことが大切です。

本記事では、データ繰り越しができるおすすめの格安SIMについて紹介します。お得に使えるパケットシェア機能が使えるかどうかや、データチャージをした場合の追加料金やギガの有効期限などを徹底的に調査しました。お得にデータ繰り越しができる格安SIMを探している人はぜひチェックしてください。

  • 基本的に格安SIMではデータ繰り越しの期限は翌月末まで
  • 翌月は繰り越されたデータ量から消費されていくので安心
  • 繰り越したデータ量をシェアできる格安SIMがおすすめ

格安SIMでもデータ容量の繰り越しができる

スマホと女性

現在ワイモバイルなど一部の格安SIMを除き、ほとんどの主要格安SIMでデータ容量の繰り越しが可能となっています。もちろん繰り越しは無料で、他の回線とデータシェアを行うことも可能です。データ繰り越しできる格安SIMを比較する上で、以下のポイントが大切です。

  • 繰り越したデータ容量の有効期限
  • 繰り越した翌月のデータ容量の消費順
  • 繰り越せるデータ容量の単位(1GB単位、500MB単位など)
  • データチャージした場合の追加料金

それぞれのポイントについて詳しく紹介していきます。

繰り越し期限は翌月末まで

ほとんどの格安SIMで、使いきれなかったデータ量は自動で翌日に繰り越しされます。これはドコモ、au、ソフトバンクのキャリアも共通の条件で、繰り越し期限は翌月末までなので、それ以降は繰り越されたデータ容量は失効するので注意が必要です。

余ったデータ容量は全て繰り越されるわけではなく、格安SIMによって、1ギガ単位、500MB単位など、細かいルールが決められています。

一部のMVNOでは、プラン変更を行った場合でも、同様に使いきれなかったデータ容量は翌月に繰り越しがされ、データシェアを行うことで半永久的にデータ容量が繰り越しできる格安SIMもあります。

翌月は繰り越し分のデータ通信量から消費される

格安SIMでデータ容量が翌月に繰り越しされた際、翌月は繰り越されたデータ容量から消費されます。
例えば、6GBのプランを契約していて、4月に3GBを消費した場合、翌月の5月には使い切れなかった3GBが繰り越されて合計9GBが使える計算です。
5月には4GB消費して5GB残った場合は、翌々月の6月には合計11GBが使えるようになり、結果的に多くのデータ容量を使えるようになります

大手キャリアの場合は、繰り越されたデータ容量よりも、月間のデータ容量が先に消費されるので、翌月は月間データ量+繰り越されたデータ量を使い切らないと結果的に損をしてしまいます。

通常、繰り越したデータの有効期限は翌月末ですが、格安SIMであれば実質半永久的にデータの繰り越しが可能です。

追加購入分の有効期限・料金はそれぞれ異なる

格安SIMでデータ容量が足りなくなり、通信速度が低下したときにデータチャージが可能ですが、追加購入分の有効期限は主に翌月末まで、もしくは3ヶ月間(90日間)となっています。追加の料金と有効期限は、格安SIMによって異なりますが、主な格安SIMの例は以下の通りです。

  • mineo:100MBにつき150円(翌月末)
  • UQモバイル:100MBにつき200円/500MBにつき500円(90日間)
  • ワイモバイル:500MBにつき500円(翌月末)

追加したデータ容量に関しても、同様に翌月に繰り越しがされ、優先的に消費されていきますが、料金が割高となるため、頻繁に通信制限にかかり、データ容量の追加購入をする場合は、料金プランの見直しがおすすめです。

データ繰り越し対応の人気格安SIMを比較

以下は、データ繰り越し対応の人気格安SIMを比較した表です。

格安SIM mineo BIC SIM 楽天モバイル UQモバイル LINEモバイル
音声通話SIMの月額料金 1,510円/3GB 1,600円/3GB 2,980円/無制限
(パートナー回線は5GB)
1,980円/3GB 1,480円/3GB
通話料金 20円/30秒 20円/30秒 無料 20円/30秒 20円/30秒
データ繰り越しの有効期限 翌月末 翌月末 当月末 翌月末 翌月末
データの消費順 繰り越し分から消費 繰り越し分から消費 繰り越し分から消費 繰り越し分から消費 繰り越し分から消費
データチャージの追加料金 150円/0.1GB 200円/0.2GB 500円/1GB〜 200円/0.1GB〜 500円/0.5GB〜
追加分の有効期限 翌月末 3ヶ月後の末日 購入日を含めて31日間 90日間 翌月末日
データシェア × × ×
最低利用期間 なし 利用開始日の翌月末日まで なし なし なし

人気の格安SIMでは、余ったデータ容量は翌月末まで(楽天モバイルのみ当月末)繰り越しが可能で、翌月は繰り越されたデータ容量から消費されていきます。データ容量が足りない場合に購入できるデータ容量の料金設定や有効期限は、格安SIMによって異なるため、よく追加購入を行う人は、条件にあった格安SIMを選びましょう。

mineoやLINEモバイルは、家族や友人など同じ格安SIMを利用している相手に、余ったデータ容量をシェアしたり、プレゼントしたりできるデータシェアの機能があります。データシェア機能で使えるデータ容量から優先的に消費されていくため、余ったデータ量をシェアし続けることで、半永久的にデータ容量を繰り越すことが可能です。

データ繰り越し対応のおすすめ格安SIM3選

スマホを持つ人物

データ繰り越し対応のおすすめの格安SIMを、おすすめランキング順に紹介していきます。データ容量繰り越しの条件や料金などを比較して、自分にぴったりの格安SIMを見つけてください。

mineo

ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,400円 700円 1,310円 790円 1,750円
3GB 900円 1,600円 900円 1,510円 990円 1,950円
6GB 1,580円 2,280円 1,580円 2,190円 1,670円 2,630円
10GB 2,520円 3,220円 2,520円 3,130円 2,610円 3,570円
20GB 3,980円 4,680円 3,980円 4,590円 4,070円 5,030円
30GB 5,900円 6,660円 5,900円 6,510円 5,990円 6,950円
通話料 20円/30秒
参照: mineoの料金プラン

mineoはドコモ、au、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応した格安SIMです。対応機種であれば、基本的に今使っているスマホはそのままで、SIMカードを差し替えるだけで簡単に乗り換えができる格安SIMです。利用しているユーザー同士のコミュニティサイト「マイネ王」や、ユーザー同士で余ったデータ量を貯めておける「フリータンク」など、独自のサービスを多く提供しており、使い勝手のいい格安SIMです。

mineoでは、データ繰り越しは無料で行え、契約初月のデータ容量も翌月まで繰り越しが可能です。余ったデータ量を他のユーザーにプレゼントできるパケットギフト」や、余ったデータ量をシェアできる「パケットシェア」も無料で利用できます。

mineoはドコモ、au、ソフトバンクのすべてのキャリア回線に対応しているので、はじめてキャリアから格安SIMに乗り換える人にもっともおすすめの格安SIMです!データ繰り越しだけでなく、他のユーザーとのデータシェア機能も充実しているので、使い勝手のいい格安SIMを使いたい人は、今すぐ以下のボタンから申し込みしましょう!

mineoで購入する

BIC SIM

データ通信SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
ミニマムスタートプラン
3GB
900円 900円〜 1,600円
ライトスタートプラン
6GB
1,520円 1,520円〜 2,220円
ファミリーシェアプラン
12GB
2,560円 2,560円〜 3,260円
参照: BIC SIMの料金プラン

BIC SIMはビックカメラが提供しているIIJ mio(みおふぉん)の格安SIMです。IIJ mioと同じサービスに加えて、ビックカメラのポイントが使えるなど、プラスαのサービスを受けられます。IIj mioと同じく通常の料金プランに加えて、家族でデータをシェアして使える「ファミリーシェアプラン」が用意されています。ファミリーシェアプランであれば、最大10人まで利用ができるので、家族でデータ量を分け合って使いたい人におすすめです。

繰り越したデータ量は、クーポンとして発行され、翌月末まで利用が可能です。追加購入したデータ量も同じくクーポンとして発行され、こちらは3ヶ月後の末日まで利用できます。

家族でまるごと格安SIMに乗り換えたい人は、BIC SIMがおすすめです!家族間のデータシェアが可能なので、速度制限のストレスに悩むことなく、ひとりひとりにあったスマホの使い方ができます。今すぐ下記のボタンから申し込んで、家族で月々の通信費を節約しましょう!

BIC SIMで購入する

楽天モバイル

項目 内容
プラン名 Rakuten UN-LIMIT
データ容量 無制限
※楽天回線エリア以外は5GB超過すると1Mbpsまで速度制限
月額料金 ■1年目⇒初回300万人は0円
■2年目以降⇒2,980円
通話 専用アプリ「Rakuten Link」利用で使い放題

楽天モバイルは、独自のエリア回線を持った第4のキャリアです。料金プランは1種類のみです。初年度無料・2年目以降は月額2,980円で、楽天回線エリアであればデータ量無制限、パートナー回線エリア(au回線)であれば月5GBまで使えます。通話は専用のRakuten Linkアプリを利用すれば無料でできます。Rakuten Linkアプリでの通話は、インターネット回線のIP電話ではなく、楽天回線を使用した通話です。

基本的に楽天回線エリアであれば無制限で使えるので、データの繰り越しはありません。楽天回線以外での利用時や、海外(2GBまで使い放題)での利用時にデータを使い切った場合には、データの追加購入が可能です。データシェアに関しては、旧プランであればデータシェアは有料オプションであったのですが、新プランではデータシェアはできません。

楽天モバイルは初年度無料でデータ無制限で利用できます!楽天回線の対応エリアは以下のボタンから確認できます。通話料も完全無料で使える新しい楽天モバイルに今すぐ申し込みしましょう!

楽天モバイルで購入する

まとめ

本記事では、データ繰り越しができるおすすめの格安SIMについて紹介しました。ほとんどの格安SIMでは、繰り越したデータ量は翌月末まで利用でき、翌月は繰り越されたデータ量から消費されていきます。余ったデータ量をシェア・プレゼントできる格安SIMなら、家族や友人とシェアしたり、プレゼントしあったりすることで、余ったデータ量を無駄なく使えてお得です。

格安SIMによって、データ容量の追加購入や、追加購入分に対する繰り越し条件などは異なるため、格安SIMの契約前には、必ず条件を確認しておくようにしましょう。最後に本記事のおさらいをして、データ繰り越しができる格安SIMについて理解を深めましょう。

  • 余ったデータ容量は翌月末まで繰り越されるのが主流
  • 翌月は繰り越されたデータ容量から繰り越されるので安心
  • 追加購入分の有効期限は翌月末や3ヶ月後(90日間)など格安SIMによって異なる
  • 余ったデータ量をシェア・プレゼントできる格安SIMなら無駄なく使えてお得

投稿者名: missan 格安SIM