日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

MacでiPhoneが認識しないときの対処法!原因・確認手順を解説

iPhone

  更新日:2020.08.31 

iPhone MacでiPhoneが認識しない時の対処方法

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

本記事では、MacとiPhoneが認識しないときの原因と対処法について紹介します。

デバイス同士が認識せず同期できないときや連携しない場合は、OSのバージョンをアップデートやUSBケーブルを変えることで問題が解決する場合があります。MacとiPhoneが認識できているかの確認方法について触れているので、連携や同期が上手くいかないときは最初に認識されているかの確認を行いましょう。

もしデバイス間の認識ができていないときは対処法を試すことで改善する可能性があるので、ぜひ当サイトを参考にしてください。

  • MacとiPhoneの認識がされているかを最初に確認する
  • 認識していなければデバイスのロック解除・アクセス許可をする
  • 同期する場合は別のUSBケーブルを使用する
  • 同期に失敗する場合は空きストレージ容量を確認

MacでiPhoneが認識されているか確認する方法

MacでiPhoneが認識されているかの確認として、USBケーブルを使った有線接続方法があります。

USBケーブルを使用してiPhoneがMacに認識されているかの確認方法は、以下を参考にしてください。

  1. USBケーブルを使ってiPhoneとMacを接続
  2. iPhoneのロックを解除しホーム画面を表示
  3. Mac側で「option」キーを押しながらAppleメニューをクリックして「システム情報」を選択
  4. 左側リストから「USB」を選択
  5. USB装置ツリーの下にiPhoneが表示されている場合は、最新のmacOSを入手またはアップデートを行う

もし、USB装置ツリーの下にiPhoneが表示されていない場合は、別のUSBケーブルで試す、コンピュータを再起動、iPhoneの再起動を行いましょう。それでも解決しなければ、Appleサポートに問い合わせする必要があります。

MacでiPhoneが認識しない・同期できない原因

スマホとパソコン

MacにiPhoneが認識しないときや同期できないときは、主に以下の原因が考えられます。

  • macOSのバージョンが最新ではない
  • 充電専用のUSBケーブルを使用している
  • Wi-FiやBluetoothが有効になっていない
  • 空きストレージ容量が不足している

連携できない原因として、Wi-FiやBluetoothのいずれかがオフになっている場合もあります。連携機能を利用するには、Wi-FiとBluetoothはどちらもオンにして同一のApple IDアカウントにサインインしているか設定を確認しましょう。

また、写真やビデオをiCloud写真に保存する場合やミュージックの同期をする際、空きストレージ容量が不足していると同期が正しく行えません。Finderのサイドバーにあるデバイスを選択して同期が有効になっているか、空きストレージ容量に余裕があるか同期を実行する前に確認してください、

MacでiPhoneが認識しないときの対処法

スマホとパソコン

MacでiPhoneが認識しないときは、以下の対処法を試しましょう。

OSのアップデートはトラブル対策にも効果があるので、こまめにアップデートすることをおすすめします。

また、すべての対処法を試しても改善がみられない場合は、Appleサポートに連絡することで解決する場合があります。

それではさっそく、MacでiPhoneが認識しないときの対処法を見ていきましょう。

デバイスのロックを解除してアクセスを許可する

MacのFinderにiPhoneデバイスが認識しないときは、ロックを解除してアクセス許可をしましょう。理由としては、ロックがかかった状態だとデバイスの認識が正しく行えないからです。

デバイスのロック解除とアクセス許可の手順は、以下を参考にしてください。

  1. USBケーブルを使ってiPhoneとMacを接続
  2. iOSデバイスのロックが解除されており、ホーム画面が表示されていることを確認
  3. Macのソフトウェアが最新であることを確認
  4. iPhone側で「このコンピュータを信頼しますか?」と警告が表示されたら「信頼」をタップ

警告表示に対して「信頼」をタップしていない場合は、Mac側にデバイス情報が表示されないため正しく認識されません。その場合は1度USBケーブルを外して再度MacとiPhoneを接続し直しましょう。

デバイスのOSをアップデート・再起動する

iPhoneデバイスのOSが最新であるかを確認し、最新バージョンでなければアップデート・再起動をしましょう。

mocOSが最新でもデバイスのOSが古いと同期や連携機能に対応していない場合があるため、正しく行えないことがあります。iPhoneデバイスのOSバージョンを最新にアップデートすることで、同期できない問題が解決する場合があるのでトラブル対策として済ませておきましょう。

iOSのアップデート方法は、以下の通りです。

  1. 「設定」を開いて「一般」を選択
  2. 「ソフトウェアアップデート」をタップするとアップデートを確認
  3. iOSのバージョン名やダウンロードとインストールの表示があれば、「ダウンロードとインストール」をタップしてアップデート完了

バージョン名とアップデートの内容、ダウンロードとインストールの表示があれば古いOSバージョンを使用しているので更新を行いましょう。もし「お使いのソフトウェアは最新です。」の表示があれば、最新OSをインストールしているのでアップデートを行う必要はありません。

iPhoneのアップデートに関する詳細は、以下の記事が参考になりますので併せて確認ください。

別のUSBケーブルを接続して使う

同期や連携機能が利用できないときは、USBケーブルの抜き差しや別のUSBケーブルを接続して使うことで解決する場合があります。

USBポートからUSBケーブルを抜き差ししても同期できないときは、充電用のUSBケーブルを使用している可能性があります。充電用のUSBケーブルはデータ転送が行えないため、同期や連携機能に使用できません。

データ転送用のUSBケーブルが手元にない場合は、Amazonや楽天、ビックカメラ、ヨドバシといったネット通販でも購入が可能です。購入する際は、Made For iPhone 認証のApple純正USB-Lightningケーブルがおすすめ。充電・データ転送共に対応しているので、1つのUSBケーブルで使い分けができます。

もし、純正USBケーブルを使用していても認識されない、同期できないときは接続不良やケーブルの故障が原因の場合もあるので長年使っている場合は新しく買い替えましょう。

Wi-Fi接続で認識しない・同期できないときの対処法

Wi-Fi接続でMacにiPhoneが認識しない・同期できないときは、設定を確認しましょう。

Wi-Fi接続による同期は、1度USBケーブルを使用してデバイスを認識させてからオプション設定でWi-Fi経由による同期をオンにする必要があります。

また、同一のWi-Fiを使用していない場合はiPhoneが認識しない場合があるので、MacとiPhoneで同一のWi-Fiに接続しているかを確認してください。もし同じWi-Fiに接続していない場合はどちらかのデバイスに合わせましょう。

Macの場合は、Appleメニューから「システム環境設定」を選択し「ネットワーク」をクリックすることでWi-Fi一覧が表示されるので「-」ボタンを押すとネットワーク設定が削除できます。iPhoneの場合は、「設定」から「Wi-Fi」をタップし、「i」アイコンをタップして「このネットワーク設定を削除」を押すことで削除可能です。

Wi-Fi接続先を合わせても正しく認識しない場合は、Wi-Fiルーターを再起動して再度Wi-Fi接続を行うようにしてください。

iTunesを使ったWi-Fiの同期方法は、以下の手順で行えます。

  1. USBケーブルを使ってiPhoneとMacを接続
  2. iTunesアプリで左上にあるデバイスボタンをクリック
  3. 「Wi-Fi経由でこの<デバイス>と同期」のチェックボックスを選択し「適用」をクリック

iTunesを使った同期を行う場合は、iTunesを最新バージョンにアップデートしておくことをおすすめします。最新バージョンでも同期が上手くいかないときは必要に応じてアンインストール・再インストールを行ってください。

同期できないときは空きストレージ容量を確認する

同期に失敗するときは、空きストレージ容量を確認しましょう。理由としては、空きストレージ容量が足りないため同期に失敗している場合があるからです。

iPhoneで空きストレージ容量を確認する方法は、以下の通りです。

  1. 「設定」を開いて「一般」をタップ
  2. 「iPhoneストレージ」をタップするとストレージ容量の内訳が表示

Macで空きストレージ容量を確認する方法は、以下の通りです。

  1. Appleメニューから「このMacについて」を開く
  2. 「ストレージ」タブをクリックするとストレージ容量が表示

iPhoneの場合、App、メディア、写真、メッセージ、メール、Apple Books、その他に大きく分類されています。iPhoneの本体ストレージを増やすには、使っていないアプリの削除写真をクラウドに保存することで手軽にストレージ容量の増加ができます。

iPhoneの本体ストレージに関する詳細は、以下の記事を併せて確認ください。

MacとiPhoneの連携機能が使えないときは設定を確認する

MacとiPhoneが連携できないときは、必要な設定が正しく行われているか確認しましょう。

連携機能ごとに必要な設定条件があるので、連携機能一覧から確認して正しい設定を行ってください。

ここでは、Handoff(ハンドオフ)を例に設定方法を紹介します。Handoffの設定条件は、以下の通りです。

  • 各デバイスで同じApple IDを使ってiCloudにサインイン
  • 各デバイスでBluetoothをオン
  • 各デバイスでWi-Fiをオン
  • 各デバイスでHandoffをオン

「同一Apple IDを使ってiCloudにサインイン」「Bluetoothをオン」「Wi-Fiをオン」の3つはどの連携機能でも必須の設定となります。必須設定を済ませた後は、Handoffを有効(オン)にしましょう。

MacとiPhone側でHandoffを有効にする方法は、以下の手順を参考にしてください。

■MacでHandoffを有効にする方法

  1. Appleメニューから「システム環境設定」を選択し「一般をクリック」
  2. 「このMacとiCloudデバイス間でHandoffを許可」を選択して完了

■iPhoneでHandoffを有効にする方法

  1. 「設定」から「一般」をタップし「Handoff」を選択
  2. 「Handoff」をオンにして完了

両方のデバイスでHandoffを有効にすることでHandoff機能が使えるようになり、ユニバーサルクリップボードも有効になるので便利です。ぜひ設定を確認して連携機能を上手く活用してはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、MacでiPhoneが認識しないときの原因と対処法について紹介しました。デバイス間が認識しない場合は、アクセス許可やUSBケーブルが対応していない場合があります。また、認識しても同期に失敗するときは空きストレージが足りていない、同期が無効になっていることがあるので1つずつ問題を確認していきましょう。

連携機能を使うには、Wi-FiやBluetoothがどちらも有効になっており、同一Apple IDでiCloud接続していることが前提条件です。1つでも設定できていないと連携機能が使えないことがあるので設定の見直しをしましょう。

最後に、本記事のまとめをおさらいします。

  • MacとiPhoneの認識がされているかを最初に確認する
  • 認識していなければデバイスのロック解除・アクセス許可をする
  • 同期できないときは、別のUSBケーブル(データ転送用USBケーブル)を使用する
  • 同期に失敗する場合は空きストレージ容量を確認
  • 連携機能が使えないときは設定を見直す

投稿者名: スマツー編集部 iPhone

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す