Amazonギフト券5,000円分が10名に当たる!
スマツー ロゴ

メルペイのチャージ方法・手数料を徹底解説!チャージできないときの対処法

スマホ決済

  更新日:2020.04.03 

スマホ決済 メルペイのチャージ方法

メルペイはメルカリが提供しているスマホ決済サービスです。

メルカリの売上金をメルペイ残高にして支払えるほか、銀行口座からチャージをしてメルペイ残高を増やせます。

本記事では、メルペイのチャージのやり方や必要な手数料、やり方からチャージできないときの対処法までまとめて紹介します。メルペイのチャージ方法の中から自分にぴったりのチャージ方法を知りたい人や、チャージの手数料や上限金額を知りたい人はぜひチェックしてください。

  • メルペイは銀行口座やコンビニなどに設置されているセブン銀行ATMでチャージできる
  • クレジットカードからのチャージは対応していない
  • いずれのチャージ方法も手数料無料でチャージ可能
  • その他のメルペイの支払いは、売上金からのポイント購入やメルペイスマート払いでも可能

メルペイのチャージ方法・手数料

スマホと人物
メルペイのチャージ方法には、銀行口座もしくはセブン銀行ATMでの現金チャージがあります。

現状、クレジットカードによるチャージはできないため、後払いを希望する場合は、銀行口座を設定してスマート払い(あと払い)の利用がおすすめです。

以下の表では、銀行口座からのチャージ、セブン銀行ATM銀行からのチャージ、それぞれに必要なものは何か、チャージ可能額はいくらから限度額はいくらまでなのか、手数料はかかるのかをまとめました。

チャージ方法 必要なもの チャージ可能金額(限度額) 手数料
銀行口座 本人名義の銀行口座 1,000円〜20,000円 無料
セブン銀行ATM 現金 1,000円〜99,000円 無料

参照:メルペイ公式サイト「チャージ(入金)とは」

銀行口座でのチャージは、登録した銀行口座から直接チャージができ、セブン銀行ATMはATMで現金でチャージをする違いがあります。

最低金額はどちらも1,000円からですが、銀行口座は上限が20,000円で1円単位でチャージができ、セブン銀行ATMは上限99,000円で1,000円単位でチャージ可能です。

いずれのチャージ方法も手数料は無料でできますが、別途本人確認の手続きが必要です。

銀行口座チャージは銀行口座を登録してしまえば、後はいつでも簡単にチャージができるので、気軽にチャージをしたい人に向いています。

セブン銀行ATMでのチャージは、ATMへ足を運ぶ必要がありますが、上限額が大きいのでたくさん買い物をしたい人におすすめです。

それぞれのチャージのやり方については次の項目で紹介します。

メルペイ残高へのチャージ手順

スマホと手

メルペイ残高へのチャージのやり方について、下記の方法ごとに紹介します。

銀行口座

銀行口座チャージをするには、メルペイに「お支払い用銀行口座」の設定が必要です。

お支払い用銀行口座はメルカリに登録している振込申請用銀行口座とは異なりますが、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などのメガバンクや、イオン銀行や楽天銀行などのネット銀行、地方銀行や信用金庫など幅広いい銀行に対応しています。

今までは対応していなかったゆうちょ銀行にも対応するようになったので、ほとんどの人が対応している銀行口座を持っているのではないでしょうか。

メルペイの支払い用銀行口座に対応している銀行について詳しくは下記の記事をご覧ください。

銀行口座を登録したら、メルペイアプリから金額設定し、「チャージする」を選択すればチャージが可能です。

銀行口座を登録すると別途「アプリでかんたん本人確認」をする必要はありませんが、メルカリの登録情報として本人確認書類のアップロードが必要です。

登録した銀行口座を変更する場合、新たに銀行口座を登録して、メルペイアプリの下部メニュー「メルペイ」>「メルペイ設定」>「銀行口座」で利用したい銀行口座を変更できます。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMでチャージするには、「アプリでかんたん本人確認」が必要です。

アプリでかんたん本人確認は、運転免許証などの本人確認書類を持った状態で顔を撮影し、登録をします。

セブン銀行ATMを利用したい人は、予めメルカリアプリで本人確認を行ってください。

セブン銀行ATMはセブンイレブンや、スーパー、百貨店など様々な場所に設置されており、いずれの場合も手数料無料でチャージできます。

セブン銀行ATMから現金チャージを行う手順は下記の通りです。

  1. メルカリアプリを開き、「メルペイ」>「チャージ(入金)」をタップする
  2. セブン銀行ATMを選択し、「チャージする」をタップする
  3. 記載内容を確認し「QRコードを読取りへ」をタップする
  4. セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタップする
  5. ATMの画面に表示されているQRコードをスマートフォンで読み取りを行う
  6. スマートフォン画面に表示されている企業番号をATM画面に入力する
  7. 画面に従って現金を投入する

セブン銀行ATMでのチャージ時に、金額設定は必要なく、チャージしたい分の現金をATMに投入すれば、その金額をチャージしてくれます。

銀行口座なしで現金チャージをしたい人におすすめのチャージ方法です。

メルペイにチャージできないときの対処法

メルペイへのチャージが失敗したときは、下記の対処法を試してみてください。

  • メルペイ残高が1,000,000円以上ある場合は追加チャージができないため、残高を使ってからチャージする
  • 銀行口座を登録したばかりの場合、銀行によっては登録まで時間がかかる場合がある
  • 本人確認書類の提出ができていない(アプリでかんたん本人確認書類とは異なる)
  • メルペイで障害が出ている可能性もあるので、解決しない場合はメルペイに問い合わせる

メルペイでは銀行口座を登録する場合、銀行によっては登録から実際にチャージできるようになるまで日数がかかる場合があります。

必要な日数は営業日なので、土日祝日や、長期休暇などの期間の場合は、使えるように時間がかかるので注意が必要です。

チャージなしでメルペイ決済を使う方法

チャージを行わずにメルペイで支払いを行う方法は下記の通りです。

それぞれの支払い方法の使い方について詳しく紹介します。

売上金からポイント購入する

メルカリを利用している人は、メルカリ売上金をポイントへ交換(購入)してメルペイを利用できます。

購入したポイントは1ポイント=1円として利用できますが、365日間の有効期限があるため注意してください。

ポイントは売上金に戻すことができないため、1度購入したポイントは支払いに使う以外に利用できません。

アプリでかんたん本人確認をしておくと、自動で売上金が残高になるので、いちいち手続きをする必要がなく、便利に利用できます。

メルカリ売上金には180日間の振込申請期限が設けられているので、アプリでかんたん本人確認をして自動的に残高になるようにしておくと、有効期限を忘れて売上金が無駄になった、という事態を防げます。

メルペイスマート払い(あと払い)で支払う

メルペイは1ヶ月の間に利用した金額を翌月まとめて支払える「メルペイスマート払い(あと払い)」の支払い方法もあります。

メルペイスマート払いを利用すると、いちいちチャージをしなくても利用できるほか、支払い時にメルペイ残高払い、口座振替、コンビニ・ATM払いから選べます。

コンビニ払いを利用すれば現金で支払いができるため、現金での支払をしたい人にもおすすめです。

ただしメルペイスマート払いを利用する場合、メルペイ残高以外の支払い方法を選択すると300円の手数料がかかるため注意してください。

メルペイスマート払いには年齢制限もあり、18歳未満の人は使えません。

メルペイスマート払いについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

メルペイからSuicaにチャージする方法

iPhoneを利用している場合、Apple Pay経由でメルペイからSuicaへのチャージが可能です。

メルペイからSuicaへチャージする手順は下記の通りです。

  1. iPhoneのWalletアプリを開く
  2. Suicaの画面を開「チャージ」を選択する
  3. 金額を入力し右上の「チャージ」を選択する
  4. カード選択画面でメルペイ電子マネーカードチェックを入れて「戻る」を選択する
  5. 支払いを確定させて完了

上記の手順ではiPhoneのWalletアプリを使う方法を紹介しましたが、モバイルSuicaアプリでもチャージは可能です。

ただし、モバイルSuicaアプリでチャージを行う場合は、500円単位ですが、Walletaアプリ経由であれば100円単位でチャージができるのでおすすめです。

細かい金額をチャージしたいと考えている人は上記の手順を参考に、Walletアプリを使って手続きを行ってください。

まとめ

本記事ではメルペイのチャージ方法や必要な手数料、やり方からチャージできないときの対処法をまでまとめて紹介しました。

メルペイには銀行口座もしくはセブン銀行ATMでのチャージ方法があり、いずれも手数料無料でチャージができます。

銀行口座からのチャージは、口座残高からチャージを行い、1円単位で上限20,000円までチャージができ、セブン銀行ATMからのチャージは、現金チャージとなり、1,000円単位で上限99,000円までチャージができます。

自分の使い方に合わせてぴったりのチャージ方法を選択してください。

最後に本記事のおさらいをしてメルペイのチャージ方法について理解を深めましょう。

■メルペイのチャージ方法と手数料について

  • メルペイのチャージ方法は銀行口座もしくはセブン銀行ATM
  • 銀行口座は1,000円〜20,000円で1円単位でチャージ可能
  • セブン銀行ATMは1,000円〜99,000円で1,000円単位でチャージ可能
  • 銀行口座にはメガバンクやネット銀行、地方銀行や信用金庫など幅広く対応
  • 新たにゆうちょ銀行も対応している
  • セブン銀行ATMを利用する場合「アプリでかんたん本人確認」が必要
  • セブン銀行ATMはセブンイレブンの他、スーパーや百貨店などにも設置されている
■メルペイにチャージできないときの対処法について

  • 残高が1,000,000円以上の場合はチャージできない
  • 登録した銀行口座によってはチャージできるようになるまで日数がかかる
  • 本人確認書類の提出が必要(アプリでかんたん本人確認とは異なる)
  • 障害でできない場合もあるため、困ったときは運営に問い合わせる
■メルペイをチャージなしで使う方法について

  • メルカリ売上金をポイントに購入してメルペイ残高にチャージできる
  • 交換したポイントには365日の有効期限があるので注意
  • アプリでかんたん本人確認をしておくと自動でチャージしてくれる
  • 1ヶ月分の利用分を翌月支払えるメルペイスマート払い(あと払い)もある
  • メルカリ売上金以外の支払いは手数料300円がかかるので注意
  • メルペイスマート払いは18歳未満は利用できないので注意

投稿者名: missan スマホ決済