SIMフリースマートフォン全品送料無料

mineoと楽天モバイルを徹底比較!料金が安いのはどっち?

格安SIM

  更新日:2019.12.04

格安SIM mineoと楽天モバイル

本記事では、mineoと楽天モバイルの月額料金やサービス、最低利用期間などを徹底比較します!

mineoと楽天モバイルのどっちに乗り換えた方が安いのか、各社の料金プランをデータ容量別に比較して紹介します。また本記事の後半では、どんな人におすすめなのか、各社の選ぶポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

  • mineoは、最低利用期間なしで、ずっとお得な料金で使いたい人におすすめ
  • 楽天モバイルは、通話頻度が多い人におすすめ

mineoと楽天モバイルを比較

スマホとパソコンを使う女性

mineo(マイネオ)は、関西電力グループの株式会社オプテージが運営しているサービスです。ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリア回線に対応しているので、どのキャリアからも乗り換えしやすいのが特徴です。

楽天モバイルは、楽天グループが運営しているサービスで、通信回線は、ドコモとauです。しかし、2019年10月ごろからは、第4のキャリアとして自社回線でサービスを開始する予定です。

では、mineoと楽天モバイルの特徴を比較してみましょう。

<mineoと楽天モバイルの比較表>

項目 mineo 楽天モバイル
通信回線 ドコモ、au、ソフトバンク ドコモ、au
月額料金
(最安値※)
1,310円 1,480円
SIMカード 音声通話SIM・データ専用SIM 音声通話SIM・SMS付きデータSIM・データ専用SIM
iPhone
端末セット購入
対応機種
15〜20機種 30機種以上
かけ放題 10分・月額850円 10分・無料
データ繰越
店舗 全国235店舗以上 全国400店舗以上

※両社とも音声通話SIMの最安値料金です。

mineoと楽天モバイルの月額料金を比較すると、mineoの方が安いです。ただし、mineoの通話SIMは最低利用期間が1年間となっている点に注意してください。

SIMとスマホセットで買う場合は、楽天モバイルの方が選べる端末が30機種以上と多いです。iPhoneは両社ともに販売しています。

また楽天モバイルでは10分かけ放題が無料です。mineoは月額制の通話オプションをつける必要があります。店舗はどちらも全国に展開していますが、店舗数は楽天モバイルの方が多いです。

では、料金プランやサービスなどの観点から、mineoと楽天モバイルを比較してみましょう。

mineoと楽天モバイルの料金比較

スマホを2台持ってMNP

mineoと楽天モバイルの月額料金について、「音声通話SIM」と「データ専用SIM」に分けて比較します。

音声通話SIMの料金を比較

mineoと楽天モバイルの音声通話SIMの月額料金は、以下の通りです。

データ容量 3GB 5GB〜6GB 10GB
mineo 1,510円 2,190円
(6GB)
3,130円
楽天モバイル 1,600円
(3.1GB)
2,150円
(5GB)
2,960円

参照: mineoの料金プラン(auプラン)
参照: 楽天モバイルのスーパーホーダイプラン

mineoの料金プランは、選ぶキャリアタイプによって異なります。本記事では、最安料金の「auプラン」で比較します。上記の楽天モバイルの料金は、「組み合わせプラン」の月額料金です。

mineoと楽天モバイルの料金プランを比較すると、ほとんど同じ料金設定です。最も人気のある5GB前後のプランで比較すると、データ容量を考慮した結果、mineoの方がお得です。

ただし、それほど大きな差はないので、mineoと楽天モバイルは、サービスや最低利用期間など、料金以外の面も考慮して選ぶのがおすすめです。

データSIMの料金を比較

つづいて、データ専用SIMの月額料金を比較します。

以下の表では、mineoのauプラン(シングルタイプ)と、楽天モバイルの組み合わせプラン(データSIM)の月額料金を比較しました。

データ容量 3GB 5GB〜6GB 10GB 20GB
mineo 900円 1,580円
(6GB)
2,520円 3,980円
楽天モバイル 900円
(3.1GB)
1,450円
(5GB)
2,260円 4,050円

データ専用SIMの月額料金を比較すると、データ容量が大きいほどmineoの方がお得です。

例えば、iPhoneやスマホだけでなく、パソコンやタブレット端末でデータ通信をたくさんしたい人は、データ専用SIMの20GBプランがおすすめです。
10GBプランのデータSIMで十分なら、楽天モバイルの方が安く使えますよ。

楽天モバイルのスーパーホーダイプラン

楽天モバイルには、「スーパーホーダイプラン」と「組み合わせプラン」の2種類の料金プランがあります。なかでも「スーパーホーダイプラン」は、80%の楽天モバイルユーザーが選ぶ人気プランで、以下のような特徴があります。

  • 10分電話かけ放題が無料
  • 速度制限中でも最大速度1Mbpsでストレスなく使える
  • 楽天会員割で月額料金が最大2,000円割引
  • 通信回線はドコモ回線のみ

スーパーホーダイプランなら通常、月額850円の10分電話かけ放題が無料で使えます。
またデータ容量を使い切っても、最大速度1Mbpsの高速通信ができます。一般的なキャリアでは、通信制限がかかると、128Kbps〜200Kbpsの低速モードに切り替わります。しかし、楽天モバイルでは、通常の5倍の速さでデータ通信できるので、低速モードでも、インスタグラムやYouTubeの動画をスムーズに見ることができますよ。

楽天モバイルのスーパーホーダイプランの低速モードは、通常、最大速度1Mbpsで通信できますが、12:00~13:00、18:00~19:00の時間帯は、回線混雑緩和のため、最大速度300kbpsになります。

さらに、スーパーホーダイプランは、楽天会員割で月額料金が割引になる特典があります。
スーパーホーダイの月額料金は、以下の通りです。

■スーパーホーダイの月額料金

プランS プランM プランL プランLL
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
月額基本料 通常 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
楽天会員
(1年間-1,500円)
1,480円 2,480円 3,480円 4,480円
ダイヤモンド会員
(1年間-500円)
980円 1,980円 3,980円 4,980円
参照: 楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天モバイルのダイヤモンド会員なら、最大2,000円の月額割引が適用されます。ダイヤモンド会員割引は、楽天会員ランクがダイヤモンドの月のみ月額500円割引される特典です。

割引期間が終了すると、月額料金が上がるので注意しましょう。例えば、ダイヤモンド会員割引の適用は1年目のみで、2年目以降は適用されません。

楽天モバイルは、最低利用期間・解約金不要なので短期契約・長期契約でスマホを使いたい人、共におすすめです!

mineoと楽天モバイルの最低利用期間を比較

つづいて、mineoと楽天モバイルの契約条件を比較しましょう。

以下の表では、各社の最低利用期間と自動更新の有無をまとめました。

キャリア 最低利用期間 自動更新
mineo なし なし
楽天モバイル なし なし

mineoには、最低利用期間がありません。ただし、利用開始月の翌月から1年以内に他社にMNP転出すると、通常のMNP転出料に加えて契約解除料がかかります。(2019年10月1日以降に契約した人は、MNP転出の契約解除料が撤廃されているので0円です。)

通話SIMでも、データSIMでも、MNP転出しない場合は契約解除料が発生しません。

一方で、楽天モバイルは、最低利用期間なし・解約金なしで利用できます。万が一、ライフスタイルに合わないと感じた時に気軽に解約できるのがメリットです。

2年縛りなしで気軽にスマホを使いたいなら、楽天モバイルもmineoもおすすめです。mineoなら、音声通話SIMでも、MNP転出をしなければ解約金なしで1年以内に解約することもできますよ。

参照: mineoの最低利用期間について
参照: 楽天モバイルの契約解除料について

mineoと楽天モバイルの速度比較

mineoと楽天モバイルの速度は、どちらも安定した速度で、都市部から山間部まで、全国的に高速通信ができます。

通信回線を考えると、mineoはソフトバンク回線にも対応しているので、選択肢が多いメリットがあります。

mineoと楽天モバイルの速度はほとんど変わらないので、対応キャリア回線で選ぶか、その他の月額料金やオプションサービスを比較して選びましょう。

mineoと楽天モバイルの機種比較

では、mineoと楽天モバイルで買えるiPhoneやSIMフリースマホの機種を比較してみましょう。

以下の表では、各社のスマホセットで買える主要端末をまとめました。

mineo 楽天モバイル
iPhone 8 / iPhone 8 Plus
iPhone 6s
ZenFone 6
Zenfone Max (M1)
Zenfone Live (L1)
AQUOS zero SH-M10
AQUOS R2 compact SH-M09
AQUOS sense2 SH-M08
AQUOS sense lite SH-M05
HUAWEI P20 lite
HUAWEI nova lite 3
HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI nova 3
HUAWEI nova
arrows M04
など
OPPO Reno A 128GB
Galaxy A7
AQUOS sense3 lite
AQUOS zero
AQUOS R2 compact
AQUOS sense2
HUAWEI nova lite 3
HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI nova 3
OPPO R17 Pro
OPPO AX7
OPPO Find X
LG Q Stylus
HTC U12+
ZenFone 5
ZenFone Max Plus(M1)
arrows M04
など

参照: mineoの端末ラインナップ
参照: 楽天モバイルの製品一覧

mineo、楽天モバイルともに、ファーウェイ、エイスース、OPPOといった人気の海外製スマホのほか、シャープのAQUOS、富士通のarrowsといった国産スマホも販売しています。

iPhoneを買うなら、mineoの方が取り扱い機種が多いのでおすすめです。楽天モバイルは、iPhone SE(16GB)のみの販売になります。

mineoや楽天モバイルで買った端末を使うときは、APN設定が不要です。APN設定が完了された状態で届くので、手間なくすぐに使い始めることができます。

mineoと楽天モバイルのサービス比較

最後に、データ繰り越しやデータシェア、テザリングなど、各社のサービスを比較して紹介します。

mineo 楽天モバイル
データ繰越
データシェア
(有料:100円/月)
テザリング 無料 無料
自動更新 なし なし
10かけ放題 月額850円 無料
低速モードの最大速度 200kbps 最大1Mbps
SMS機能 基本使用料無料 データ通信SIM(SMS付き)を選ぶ
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
デビットカード
口座振替
楽天スーパーポイント支払い

データ繰り越しやテザリングは、どちらも無料でできます。データシェアは、mineoは無料でできますが、楽天モバイルは有料オプションになります。
したがって、家族でデータシェアしたり、スマホやタブレットなど複数端末でデータシェアして使いたい人は、mineoの方がおすすめです。

低速モード中は、楽天モバイルが最大速度1Mbpsと、mineoの5倍の速さで使えます。データ容量を使い切った後も、ストレスなく高速通信したい人は、楽天モバイルがおすすめです。なお、mineoでは、150円/500MB単位で追加チャージを行うことができます。

mineoと楽天モバイルはどっちが良い?

最後に、本記事の総括として、「mineoがおすすめの人」と「楽天モバイルがおすすめの人」の特徴をまとめました。
当てはまる項目が多い方が、あなたにぴったりの格安SIMですよ!

mineoがおすすめの人

mineo
mineoがおすすめの人は以下の通りです。

  • 2年縛りなしで気軽に使いたい人
  • ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアから好きな回線を選びたい人
  • データシェアを無料で使いたい人
  • 2年目以降も料金が上がらないシンプルなプランを選びたい人

上記に当てはまる人は、楽天モバイルよりもmineoに乗り換えるのがおすすめです!

mineoで購入する

楽天モバイルがおすすめの人

楽天モバイル
楽天モバイルがおすすめの人は以下の通りです。

  • 通信制限中も高速通信したい人
  • 10分かけ放題を無料で使いたい人
  • たくさんの機種の中からスマホを選びたい人
  • 通信料は口座振替や楽天ポイントで支払いたい人
  • 店舗数が多い方が安心する人

上記に当てはまる人は、mineoよりも楽天モバイルがおすすめです!

楽天モバイルで購入する

まとめ

本記事では、mieno(マイネオ)と楽天モバイルの料金プランやサービスを比較して紹介しました。

mienoと楽天モバイル、いずれの格安SIMも最低利用期間や解約金が柔軟な設定になっているので利便性高く活用できます。本記事で紹介した情報は以下のとおりです。

■mineoと楽天モバイルの違い【まとめ】

  • mineoは全キャリア対応、楽天モバイルはドコモ・au回線
  • mineoと楽天、共に最低利用期間なし
  • mineoは2年目以降もずっと同じ料金、楽天モバイルは料金が上がる
  • mineoならデータシェアが無料
  • 楽天モバイルの低速モード(最大速度1Mbps)は、mineoの5倍の速さ
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイプランなら、10分かけ放題無料
  • 楽天モバイルは、より多くの種類から端末を選べる

投稿者名: goto 格安SIM