日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

格安SIMのマルチSIMを徹底解説!対応機種・SIMカードの切り取り方

格安SIM

  更新日:2020.08.31 

格安SIM マルチSIM

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

マルチSIMとは、どのSIMサイズにも対応できるように作られたSIMカードです。通常、nano SIMやmicro SIMなど、スマホ端末の機種によって対応するSIMサイズが異なりますが、マルチSIMならどの機種でも対応できます。

本記事ではマルチSIMの使い方や対応機種、nanoSIMとの違いなど、マルチSIMについてまとめて紹介します。マルチSIMが何か知りたい人はぜひ本記事をチェックしてください。

  • マルチSIMはnanoSIM・microSIM・通常SIMのすべてのSIMサイズに対応
  • マルチSIMは使いたいスマホに対応しているSIMサイズに切り取って使う
  • SIMの切り取りを失敗した場合、SIMカードの再発行(手数料3,000円〜)が必要

マルチSIMとは

SIMカード

マルチSIMとはどのようなSIMカードなのか下記の項目ごとに紹介をしていきます。

すべてのSIMサイズに対応したSIMカード

SIMカードには、nanoSIM・microSIM・通常SIMといった種類があり、それぞれSIMカードのサイズが異なります。

マルチSIMは1枚のカードでありながら、nanoSIM・microSIM・通常SIMのいずれのSIMサイズにも対応したSIMカードです。

使いたい端末のSIMスロットに合わせて、自分でSIMカードを切り取ります。サイズを間違えると再発行が必要となるため注意してください。

現在ではiPhoneもAndroidもnanoSIMが主流です。自分のスマホがどのSIMカードのサイズに対応しているかは、公式サイトを確認したり、実際に利用中のSIMカードを取り出すと確認できます。

au回線のau VoLTE対応SIMについて

au回線の格安SIMで提供されているSIMカードには、nanoSIMとマルチSIMがあります。

nanoSIMとマルチSIMの違いは、au VoLTE対応か非対応かという点で、マルチSIMはau VoLTE対応機種でしか利用できません。

au VoLTEとは、高音質通話ができるサービスで、格安SIMで同じくau VoLTE対応のSIMカードに乗り換える場合でもSIMロック解除の手続きが必要です。

自分の機種がau VolTEに対応しているかどうかは公式サイトを確認するか、使っている機種の型番にVがついている場合はau VoLTE対応機種です。
iPhoneを利用している場合、iPhone 6s以降の機種を使っている人はau VoLTE対応なので、マルチSIMの利用ができます。

マルチSIMカードの注意点

マルチSIMカードを利用する場合下記の点に注意してください。

それぞれの注意点について詳しく紹介します。

対応機種(動作確認端末)を確認する

マルチSIMの対応機種を確認するには、各MVNOの動作確認済み端末一覧から確認ができます。

たとえば、UQモバイルのメーカーごとのマルチSIM(nano)対応機種は下記の通りです(※一部対応機種のみ抜粋)。

メーカー 対応機種例
Apple iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
SONY Xperia 5
Xperia 1
Xperia XZ3
Xperia XZ2 Premium
Xperia Z5 Compact
SAMSUNG Galaxy A20
Galaxy Note10+
Galaxy S10
Galaxy Feel2
Galaxy Note8
Galaxy S7 edge
HUAWEI HUAWEI P30 Pro
HUAWEI P30 lite
HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI nova 2
HUAWEI P9 lite PREMIUM
Nexus 6P
ASUS ROG Phone II
ZenFone 6
ZenFone Live L1
ZenFone Max M1
ZenFone 5
ZenFone 4 Selfie Pro
OPPO A5 2020
R17 Neo
Reno A
AX7
Find X
R15Neo

参照:UQモバイル「動作確認端末一覧」

マルチSIMに対応しているかどうかを、契約前に動作確認済み端末一覧で確認をすることが大切です。

動作確認済み端末一覧の対応SIMカード欄に、「マルチSIM」という記載があればマルチSIM対応となっており、nanoという記載がある場合は、マルチSIMを注文してnanoSIMサイズに切り取って利用します。

au端末でau回線を使う場合でも一部の機種はSIMロック解除が必要

通常、格安SIMへ乗り換える場合、au端末でUQモバイル(au回線のSIMカード)を使うときなど、端末を購入したキャリアと乗り換え後の回線が同一キャリアであれば、SIMロック解除不要でそのまま利用できます。

ただし、機種によっては同一回線の場合であっても、SIMロック解除が必要になる場合があるので注意してください。
例えばauのiPhone8〜iPhone11 Pro Maxまでの機種を利用する場合は、SIMロック解除は必要ありませんが、AndroidスマートフォンのAQUOS RやXperia XZsは、au端末でau回線を使う場合でもSIMロック解除が必要です。

また音声通話だけでなく、データ専用SIMでもSIMロック解除が必要な場合があるため、乗り換え前にSIMロック解除手続きをしておくか、必ず確認してから契約を行うようにしてください。

キャリア端末ではなくSIMフリースマホを利用する場合は、そのままSIMカードを差し込んで設定すれば利用できます。

マルチSIMを切り取るときはサイズに注意する

マルチSIMは実際に利用するSIMサイズに自分で台紙から切り取りをして利用します。

台紙に切り取り枠がついていますが、もし実際に使うSIMカードサイズより小さく切り取ってしまった場合、大きいサイズに戻せないので注意が必要です。

もしSIMカードの切り取りを失敗してしまった場合は、SIMカードの再発行手続きが必要です。SIMカードの再発行手数料は、どのMVNOでも約3,000円です。

便利なアイテムとして小さいSIMカードを大きいSIMサイズに変換できる変換アダプタも売っているので、再発行をしたくない人は変換アダプタの利用も検討してみてください。

SIM変換アダプタについて詳しくは、下記の記事をご覧ください。

マルチSIMを取り扱っているおすすめの格安SIM

災害時に格安SIMを使う注意点

マルチSIMを取り扱っているおすすめの格安SIMを紹介します。

それぞれの格安SIMについて紹介をしていきますので、どの格安SIMへ乗り換えようか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

UQモバイル

UQモバイルは下記のような特徴を持った格安SIMです。

  • 月額1,980円〜使える格安SIM
  • 口座振替に対応している
  • 通話オプションで完全なかけ放題にできる

UQモバイルはau回線の格安SIMで、基本的にau端末であればSIMロック解除不要で乗り換えができます。

現在提供中のSIMカードはすべてマルチSIMなので、どのサイズのSIMカードにも対応可能です。

月額1,980円〜(データ通信専用は980円〜)と格安SIMにしては少し高めですが、他の格安SIMと比べて通信速度が速く、安定して使える特徴を持っています。

他の格安SIMでは対応していない口座振替や24時間かけ放題のオプションも用意されているので、スマホ代は安くしたいけれど使い勝手が気になってなかなか乗り換えができないと悩んでいる人にもおすすめの格安SIMです。

スマツーストアで購入する

mineo

mineoは下記のような特徴を持った格安SIMです。

  • トリプルキャリアに対応している
  • 500MB〜30GBまで幅広い料金体系
  • フリータンクで月に1GBまでプラスして使える

mineoはauだけでなく、ドコモ、ソフトバンクとトリプルキャリアに対応した格安SIMです。

マルチSIMに対応している回線はauとドコモのみで、ソフトバンク回線はマルチSIMに対応していません。

mineoは月額1,310円〜(データ通信専用SIMは700円〜)で、選ぶ回線によって料金が異なるので注意が必要です。

mineoにはマイネ王というユーザー同士の独自のコミュニティがあり、困ったことがあったときには他のユーザーに質問ができるので契約後も安心です。またフリータンクというユーザー同士で余ったデータ量をためておけるサービスがあり、必要なときには月に1GBまで引き出せるのが嬉しいポイントです。

公式ページで購入する

BIC SIM

BIC SIMは下記のような特徴を持った格安SIMです。

  • IIJmioと同等のサービスが利用できる
  • ビックカメラのポイントで支払いができる
  • Wi-Fiスポットが無料で使える

BIC SIMはIIJ mio(みおふぉん)と家電量販店のビックカメラがタッグを組んで提供している格安SIMです。

対応回線はau回線とドコモ回線に対応した格安SIMで、いずれもマルチSIMに対応しています。

月額料金はIIJ mio(みおふぉん)と同じく1,600円〜となっており、料金体系もIIJ mio(みおふぉん)と全く同じです。

IIJ mio(みおふぉん)との違いは、ビックカメラでアフターサポートが受けられる点や、支払いにビックカメラのポイントが使える点、Wi-Fiスポットが無料で使える点など、ビックカメラが提供する独自のサービスが受けられる点がメリットです。

スマツーストアで購入する

まとめ

本記事ではマルチSIMの使い方や対応機種、nanoSIMとの違いなど、マルチSIMについてまとめて紹介しました。

マルチSIMは自分で使用したいスマホに対応しているSIMサイズに切り取って使えるSIMカードです。

nanoSIM・microSIM・通常SIMと種類があるSIMカードを1種類のカードにまとめているだけで、通常のSIMカードと同じ使い方ができます。

最後に本記事のおさらいをして、マルチSIMについて理解を深めましょう。

■マルチSIMについて

  • マルチSIMはnanoSIM・microSIM・通常SIMのすべてのSIMサイズに対応したSIMカード
  • 使いたいスマホに対応しているSIMサイズに自分で切り取って利用する
  • 自分のスマホのSIMサイズを調べるには公式サイトを確認するか実際に取り出して確認する
  • au VoLTEに対応したスマホはマルチSIMで利用する
■マルチSIMの注意点について

  • マルチSIMの対応機種は各MVNOの動作確認済み端末一覧ページで確認をする
  • au端末でau回線を利用する場合も一部端末はSIMロック解除が必要なので注意
  • UQモバイルでauのiPhoneを使う場合、iPhone8〜iPhone11 Pro Maxまでの機種ならSIMロック解除不要
  • SIMフリースマホを使う場合はそのまま利用できる
  • マルチSIMの台紙からSIMカードを切り取って使う際に、小さく切り取ってしまった場合は元に戻せない
  • 切り取りに失敗した場合は再発行(手数料3,000円〜)するか、SIM変換アダプタを利用する
■マルチSIMを取り扱っているおすすめの格安SIMについて

  • UQモバイルはau回線を利用した格安SIM
  • UQモバイルはマルチSIMのみ取り扱っている
  • mineoはau、ドコモ、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応した格安SIM
  • mineoユーザー同士で余ったデータ量をためておけるフリータンクは月に1GBまで引き出して使える
  • BIC SIMはビックカメラとIIj mio(みおふぉん)が提供している格安SIM

投稿者名: スマツー編集部 格安SIM

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す