日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

マイフォトストリームの使い方!iCloud写真との違い・同期されないときの対処法

iPhone

  更新日:2020.08.31 

iPhone マイフォトストリームの使い方!iCloud写真との違い・同期されないときの対処法

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

マイフォトストリームとは、Appleの写真共有機能の1つです。同じApple IDアカウントでサインインしたiPhone、Mac、Windowsパソコンなどで写真を同期できる便利な機能ですが、似たような機能を持つ「iCloud写真」との違いはどのようなものがあるのでしょうか。

本記事では、マイフォトストリームの使い方やiCloud写真との違い、同期されないときの対処法をまとめて紹介します。マイフォトストリームを使いたいと考えている人やiCloudとの違いを知りたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

  • マイフォトストリームはiCloudストレージを消費せずに利用できる
  • マイフォトストリームは保存期間30日間をすぎると削除される
  • 簡単な写真共有はマイフォトストリーム、バックアップ目的ならiCloud写真がおすすめ

マイフォトストリームとは

スマホを使う人物

マイフォトストリームとは、撮影した写真を、同じApple IDでサインインしたiPhoneやiPad、Macなどの端末で共有できる機能です。有効なWi-Fiに接続しておけば、自動的に新しい写真がアップロードされ、他の端末で表示したり、編集したりできます。ただし、iCloudであれば写真を保存しなくても直接編集が可能ですが、マイフォトストリームの画像を編集する場合は、写真を端末に保存しなければいけません。

カメラロールは端末に保存がされますが、マイフォトストリームはiCloudに写真が保存されます。マイフォトストリームにある写真を削除すると他のデバイスのマイフォトストリームからも写真が削除されますが、カメラロールからは削除されない点も特徴の1つです。

マイフォトストリームは、iCloudストレージを消費せずに、無料で簡単にデバイス間での写真共有ができますが、共有できるのは静止画のみで、ビデオやLive Photosは対象外となります。iCloudはデータ容量内であれば枚数無制限で写真のアップロードが可能ですが、マイフォトストリームは保存される日数に制限(※アップロードした日から30日間)があるため注意が必要です。

「マイフォトストリーム」と「iCloud写真」の違い

マイフォトストリームとiCloud写真の違いを、以下の表に一覧でまとめました。

比較表 マイフォトストリーム iCloud写真
保存できるデータの種類 写真のみ
(JPEG、TIFF、PNG、RAW)
写真、ビデオ、Live Photos
(JPEG、TIFF、PNG、RAW、GIF、MP4)
保存できる容量・枚数の制限 1,000枚まで 5GBまで:無料
(最大2TBまで)
iCloudストレージ容量の消費 消費しない 消費する
保存期間 アップロードしてから30日間 無期限
保存サイズ iOSデバイス:最適化サイズ
Mac/Windows:フルサイズ
フルサイズ
閲覧可能なデバイス iPhone
iPad
iPod touch
Mac
Apple TV HD
Apple TV
Windows パソコン
iPhone
iPad
iPod touch
Mac
Apple TV HD
Apple TV
Windows パソコン
Apple Watch

マイフォトストリームもiCloud写真も、どちらもiCloudに画像をアップロードして、複数の端末で共有が可能なサービスですが、マイフォトストリームは容量をiCloudの容量を消費しません。マイフォトストリームとiCloud写真の大きな違いは、アップロードできるデータと保存日数で、容量内であれば無期限・無制限でアップロードできるiCloud写真に対し、マイフォトストリームは写真のみ、30日間だけ保存されます。

アップロードされた写真データのサイズも、iCloud写真はフルサイズがアップロードされるのに対し、マイフォトストリームは最適化された解像度のデータ(Mac・Windowsはフルサイズ)がアップロードされます。iCloud写真でアップロードされた写真は、編集をするとオリジナルデータの編集となるため、他のデバイスにも反映されますが、マイフォトストリームはオリジナルデータをアップロードしているわけではないため、編集をしても他のデバイスには同期されません。

以上を踏まえて、簡単に他の端末と写真データを共有したい場合はマイフォトストリームがおすすめ。機種変更などで写真や動画などのデータをバックアップして使いたい場合はiCloud写真がおすすめです。

マイフォトストリームの使い方

スマホと人物

マイフォトストリームの使い方を以下のそれぞれの項目に分けて紹介します。

マイフォトストリームの設定をオンにする

マイフォトストリームを複数の端末で使う場合、共有したいすべてのデバイスで設定が必要です。iPhone、Mac、Windowsそれぞれの設定を有効にする手順は以下の通りです。

デバイス iPhone Mac Windows
設定方法 「設定」>「写真」>「マイフォトストリーム」をオンにする 「写真」>「環境設定」>「iCloud」でマイフォトストリームをオンにする 1.Windows用iCloudをダウンロードする
2.「写真」>「オプション」>「自分のフォトストリーム」をオンにする

上記の設定を行うと、同じApple IDアカウントでサインインしているデバイスすべてで写真の閲覧が可能になります。写真はWi-Fiに接続をすると自動的に新しい写真が同期されます。

パソコンなど家族と共有で利用している場合は、同期された写真が家族に見られる可能性もあるので注意してください。家族に見られたくない写真がある場合は、該当の写真をマイフォトストリーム内で非表示にしたり、アカウントを分けて使ったりして対処してください。画像を非表示にする場合、カメラロール内の写真ではなく、マイフォトストリームフォルダ内で該当の写真の選択後、共有ボタンから非表示の設定が可能です。

マイフォトストリームの写真をデバイスにダウンロードする

マイフォトストリームの写真をデバイスにダウンロードすることも可能です。例として、iPhoneで写真を端末に保存する方法は以下の通りです。

  1. 「写真」>「アルバム」>「マイフォトストリーム」の順にタップする
  2. 「選択」をタップしてから、保存したい写真をすべて選択する
  3. 共有ボタンをタップしてから、「画像を保存」をタップする

マイフォトストリームにアップロードされている写真は、アップロードされてから30日が経過すると削除されてしまいます他のデバイスからアップロードされた写真データを保存しておきたい場合は端末に保存をしておくことがおすすめです。フォトストリームにアップロードされた写真の編集を行いたい場合も、上記の手順で端末に保存が必要となります。

マイフォトストリームから写真を削除する

マイフォトストリームから写真を削除する方法は以下の通りです。

デバイス iPhone Mac Windows
削除方法 「設定」>「写真」>「マイフォトストリーム」>「選択」>不要な写真を選択してゴミ箱のマークをタップする 「写真」アプリを開き不要な写真を右クリックして「写真を削除」を選択する マイフォトストリームから削除する写真を選択して右クリックし、「削除」を選択

マイフォトストリームにアップロードされている写真を削除すると、他のデバイスのマイフォトストリームからも削除されます。ただし、カメラロールなどの写真アプリやiCloudからは削除されないので安心してください。もしカメラロールやiCloudからも削除したい場合は、別途カメラロール内やiCloud内での削除が必要です。

マイフォトストリームをオフにする設定方法

マイフォトストリームをオフにする(無効にする)手順は、iPhoneの場合、「設定」>「写真」>「マイフォトストリーム」をオフにするだけで簡単にできます。マイフォトストリームをオフにすると、オフにした端末ではマイフォトストリームのフォルダ自体が非表示になりますが、他のデバイスではマイフォトストリーム内の写真は残ったままになります。

例えばiPhoneでマイフォトストリームをオフにしても、同期しているMacからはマイフォトストリーム内の写真を確認できるので、後からマイフォトストリームの同期がいらないデバイスからマイフォトストリームを削除しても大丈夫です。もし再度iPhoneでマイフォトストリームをオンにした場合は、同期されている写真が自動的に表示されるようになるため、一時的にオフにしたい場合でも安心です。

マイフォトストリームに表示されないときの対処法

マイフォトストリームに写真が反映されない、アップロードされないときは、以下の対処法を試してみてください。

  • 使っているすべての端末でWi-Fiに接続されているか確認する
  • マイフォトストリームのオン・オフを切り替えてみる
  • 写真を撮影した端末のカメラアプリを閉じる
  • バッテリーが20%未満の場合は充電をする
  • 他の端末と同じApple IDが設定されているか確認する
  • マイフォトストリームを開いているか確認する

マイフォトストリームが同期されるのは、同じApple IDアカウントでサインインしている端末のみです。写真が表示されない場合、まずは同じApple IDアカウントでサインインされているかを確認してください。

マイフォトストリームには、Wi-Fiに接続されている状態で自動的に写真が同期される仕組みになっています。Wi-Fiに接続がされていない場合は、Wi-Fiに接続をして写真が同期されるのを待つ必要があります。写真を撮影したばかりの場合は、カメラアプリが起動したままだと同期が開始されないのでアプリを閉じてから試してみてください。

まとめ

本記事では、マイフォトストリームの使い方やiCloud写真との違い、同期されないときの対処法をまとめて紹介しました。マイフォトストリームは、iCloudストレージを消費せずに、同じApple IDアカウントでサインインしたデバイス間で写真を同期できる便利な機能です。

保存期間は30日間と、期間がすぎると削除されてしまうため、長期間のバックアップなどには向きませんが、短い期間だけ写真を共有したい場合や、iCloudストレージを節約したい場合におすすめです。気軽な写真共有はマイフォトストリームを、機種変更時などのバックアップにはiCloud写真を使うなど、マイフォトストリームとiCloud写真をうまく使い分けて利用してください。

最後に本記事のおさらいをして、マイフォトストリームについて理解を深めましょう。

  • マイフォトストリームは同じApple IDで写真を共有できる機能
  • 共有できるのは写真のみで、ビデオやLive Photosは同期できない
  • Wi-Fi接続時に自動で新しい写真が同期されるが、保存期間は30日間
  • マイフォトストリームで写真を削除しても端末内からは削除されない
  • iCloudストレージは消費されない

投稿者名: スマツー編集部 iPhone

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す