日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

iPhoneにSafariがないときの解決法!消えた原因と復活方法

iPhone

  更新日:2020.08.31 

iPhone iPhoneにSafariがない

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

Safariは、Appleデバイスに搭載されているウェブブラウザです。iPhoneに標準搭載されているアプリの1つであるため、基本的にiPhone上から削除することはできません。

しかし、何らかの原因で、iPhoneのホーム画面上からアプリが消えてしまうこともあります。

本記事では、iPhoneのホーム画面上からSafariのアプリが消えた原因とその対処法について分かりやすく説明します。また、対処法もあわせて紹介しているので、最後まで読んで参考にしてください。

  • Safariは基本的にiphone上から消えることはない
  • 「あんしんフィルター」によってSafariを機能制限されている可能性がある
  • 一時的なバグなら再起動で直ることもある

iPhoneのSafariが消えた原因

safari

iPhoneのホーム画面からSafariが消えてしまい表示されない場合、以下の3つの原因が考えられます。

キッズケータイやキッズスマホなど、子供向けの機能制限・あんしんフィルターが有効になっていると、機能制限によってSafariが使用できない状態になっている可能性があります。また、ただ単にホーム画面上から移動してで非表示になっていたり、一時的なバグなどの可能性も考えられるので詳しく紹介します。

SafariはiPhoneの標準アプリなので基本的にはアンインストールや再インストールはできません。アプリ自体はiPhone上から削除できないので消えることはないです。

あんしんフィルターが有効になっている

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアには、保護者が子供のスマホで使える機能をフィルタリングすることができる「あんしんフィルター」と呼ばれる機能があります。

「あんしんフィルター」が有効になっていて、Safariが表示されない場合が多いです。

ホーム画面上で非表示になっている

iPhoneのホーム画面上にSafariが表示されない原因の1つとして、ホーム画面上で非表示になっているという原因も考えられます。ただし、Safari自体を非表示にする設定はありません。

先ほど紹介したように「機能制限」で非表示になっていたり、自分でアプリを移動させたもののアプリが多すぎてどこにあるか見失っていたりする可能性などもあります。フォルダを作ってアプリ管理している場合は、別のフォルダに配置されている可能性もあります。

この原因に対する解決方法は、後の「ホーム画面のレイアウトをリセットする」で紹介するので、ぜひ読んでください。

一時的なバグ・不具合

今まで紹介したことが原因として当てはまらなかった場合は、iPhone自体の一時的なバグや不具合の可能性が考えられます。特にiOSをアップデートした後は、バグや不具合の可能性が高いです。

iPhone自体のバグだった場合は「iPhoneを再起動する」を試してみると、改善されることが多いです。本記事の後半で詳しく解決方法を紹介します。

Safariアイコンをホーム画面に戻す方法

iPhoneのホーム画面

原因を理解したら、次に解決法を紹介します。Safariアイコンをホーム画面に戻す方法は以下の3つがあるので実践してください。

Spotlight検索でアプリを探す

手っ取り早くSafariを見つけるには、「Spotlight検索」でアプリを検索する方法がおすすめです。

ホーム画面上で下の方に軽くスワイプさせると検索バーが現れます。検索バーに「Safari」と入力しましょう。

ここで検索して、Safariのアプリが出てこなかった場合は機能制限がかかっている可能性が高いです。

Safariの機能制限を解除する

Safariが消えてしまう原因の1つとして、あんしんフィルターなどの機能制限がかかっている可能性を先述しました。Safariの機能制限を解除することでSafariを表示させる方法について紹介します。

iPhoneには親が子供にスマホを与えるとき、子供の安全を守るために各機能を制限することができます。機能制限によってSafariが消えている可能性がある場合は、以下の手順で機能制限を解除しましょう。

  1. 設定アプリを開き、「スクリーンタイム」をタップ
  2. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ
  3. 「許可されたApp」を選択
  4. Safariがオフになっていたらオンに変更する
機能制限を解除するときにポイントとなるのは、パスコードの入力です。本人ではなく保護者側で機能制限を行った場合、パスコード入力が必要な場合もあるので注意しましょう。

ホーム画面のレイアウトをリセットする

上記で紹介した2つの方法でも解決しない場合やアイコンを検索しても見つからない場合は、最後の手段としてホーム画面のレイアウトをリセットしましょう。

レイアウトのリセットを行うと、アイコンの配置のみ工場出荷状態へ戻すことができます。レイアウトを初期化する方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開き、「一般」をタップ
  2. 下にスクロールして「リセット」をタップ
  3. 「ホーム画面のレイアウトをリセットを選択
  4. 「ホーム画面をリセット」をタップすれば完了

レイアウトを初期化しても、今までダウンロードしたアプリが消えてデータがなくなってしまうなどの心配はいりません。あくまでも、レイアウトのみ初期化されるので安心してください。

iPhoneを再起動する

これまで紹介した3つの方法でもSafariを見つけることができない、元に戻すことができない場合はiPhoneの一時的なバグや不具合である可能性が高いです。バグや不具合の場合は再起動すると直ることが多いので再起動させてみましょう。

iPhoneには再起動ボタンはないので、一度電源をオフにして再度電源を入れ直す必要があります。iPhoneX以前では右側面にあるスリープボタン、iPhoneX以降では片方の音量調節ボタンと右側面にあるサイドボタンを同時に長押しすると電源切ることができます。

電源がオフになったら、iPhoneX以前では右側面にあるスリープボタン、iPhoneX以降の機種ではサイドボタンを長押しして電源をオンにしましょう。

まとめ

本記事ではSafariがiPhoneのホーム画面上から消えてしまったときの原因や対処方法について説明しました。

Safariが表示されなくなった原因として考えられるのは、あんしんフィルターが有効になっている、ホーム画面上で非表示になっている、一時的なバグや不具合などが考えられます。

すぐにSafariを使用したい場合は「Spotlight検索」でアプリを探す方法がおすすめです。この方法でSafariが検索できなかった場合は、機能制限がかかっている可能性が高いので機能制限を解除しましょう。ただし、保護者側が設定している場合は、パスコードが必要な場合もあるので注意してください。

機能制限が原因ではない場合は、ホーム画面のレイアウトをリセットしてみましょう。リセットしてもアプリ配置が初期状態に戻るだけで、インストールしてアプリやデータが消えることはないので安心してください。

最後に本記事のおさらいをしましょう。

  • 基本的にSafari自体はiPhone上から消えることはない
  • すぐにSafariを使用した時は「Spotlight検索」を使用
  • 機能制限を解除する際はパスコードが必要なこともあるので注意

投稿者名: スマツー編集部 iPhone

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す