日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

Androidスマホで写真をPDF化する方法!カメラスキャン・PDF変換アプリ5選

スマホアプリ

  更新日:2020.08.31 

スマホアプリ アンドロイドスマホで写真をPDF化する方法

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

PDFは、文書を電子資料として保管・編集・印刷・共有できるファイル形式のことです。複数のPDFファイルを1つに結合することもできるので、資料が簡単にまとめられます。クラウドに保存すれば、あらゆるデバイスからPDFファイルの閲覧ができるので、オフィスや学校の学習でも活用できます。

本記事では、Androidスマホで写真をPDFに変換する方法を紹介します。アプリを使えば、スマホのカメラで紙の資料をスキャンすることで、簡単にPDF化できます。本記事後半では、使い勝手のいいおすすめのPDF変換アプリを比較してまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  • PDF変換アプリを利用すれば紙の資料も簡単にデータ化できる
  • スマホのカメラでスキャンをして簡単にPDF化できる
  • 作成したPDFファイルをクラウド保存すれば様々なデバイスから閲覧できる

アプリでスマホの写真をPDFに変換する方法

スマホと女性

カメラスキャン機能が搭載されているPDF変換アプリを使えば、買い物のレシートや名刺、領収書をまとめたいときにも役立ちます。紙をデジタルで管理したい人におすすめです。

また、学校の黒板や会社のホワイトボードに書かれた内容を写真撮影してPDFファイルとして保存することで、パソコンやスマホからも見返せます。PDFならどのデバイスでも管理しやすく、紙への印刷や他者との共有も簡単です。

PDF変換アプリによっては、電子署名やコメント、注釈機能が搭載されています。これらの機能はビジネスシーンに利用されることが多く、会社の書類を外出先でも確認するときに役立ちます。PDFデータで保管すれば、紙よりも紛失リスクが少ないです。

作成したPDFファイルは、オフィス以外でも、自宅プリントやコンビニ印刷ができます。コンビニ印刷は、各コンビニで対応するネットプリントアプリをダウンロードすることで、お店で印刷できます。

では、スマホアプリでPDFに変換する方法をわかりやすく紹介していきます。

スマホのカメラでスキャンしてPDF化する

まずは、スマホのカメラでスキャンをしてPDF化する方法です。カメラスキャン機能を使えばその場で画像のPDF化ができるので、紙の資料をすぐにデジタル化しやすいのが特徴です。

アプリごとに特徴や機能はさまざまです。自動補正機能のあるアプリなら、斜めに写った写真を真っ直ぐに見やすく補正してくれるので便利です。アプリの機能の特徴を比較して、自分が使いやすいPDF変換アプリを見つけましょう。

フォルダから画像を選択してPDFを作成する

撮影済みの画像をPDF化したいときは、PDF変換アプリのフォルダから画像を選ぶことでPDFを作成できます。

PDF変換アプリにフォルダから写真を読み込む機能があれば、すでにスマホに保存してある写真(過去に撮影した写真・ダウンロードした写真)もPDF化が可能です。高解像度・高画質で写真を保存するPDF変換アプリもあるので、品質を重要視する人はPDF化するときの解像度にも着目しましょう。

アプリごとに搭載機能や特徴が異なるので、次の見出しで各PDF変換アプリを見ていきましょう。

スマホの写真をPDF変換・カメラスキャンできるアプリ5選

スマホを使う男性

スマホの写真をPDF変換やカメラスキャン機能を搭載したおすすめのPDF変換アプリを紹介します。

PDF変換アプリではPDFのビューアー機能を使った閲覧が可能で、署名、コメント、注釈などPDFにさまざまな編集が行えます。PDFファイルはメールやメッセージアプリ、クラウドストレージなどを使った共有もできるので便利です。

また、中には無料のスキャナーアプリもあるので、紙の資料をデジタル化したい人はぜひ参考にしてください。

それではさっそく、各アプリ紹介を見ていきましょう。

Microsoft Office Lens – PDF Scanner

1つ目におすすめのPDF変換アプリは、Microsoft Office Lens – PDF Scannerです。

■特徴・メリット

  • 画像をPDF、Word、PowerPointファイルに変換できる
  • OneNoteやOneDriveに保存可能
  • 光学文字認識機能で文字を読み取り、電子文書として保存できる

Microsoftが提供元の「Microsoft Office Lens – PDF Scanner」は、iPhoneやAndroid向けの無料スキャナーアプリです。

カメラスキャン機能があるためホワイトボードや書類が簡単にPDF化できます。Word/Excel/PowerPointなどのOffice形式にも保存が可能です。斜めから撮影してもPDF化をしたときには読みやすい形に自動修正され、トリミングツールを使って範囲を指定することもできる優れたアプリです。

■Microsoft Office Lens – PDF Scanner(2020年6月26日時点)
iOSアプリをダウンロードAndroidアプリをダウンロード

アプリ名 Microsoft Office Lens – PDF Scanner
価格 無料
ファイル変換機能 PDF、Word、Excel、PowerPoint
編集機能
共有機能 OneNote、OneDrive

CamScanner

2つ目におすすめのPDF変換アプリは、CamScannerです。

■特徴・メリット

  • 200以上の国・地域で使用されるフォトスキャンアプリ
  • 自動で画像の文字をOCR認識するため、キーワード入力でドキュメント検索が可能
  • 自動でBox、Google Drive、Dropbox、Evernoteにドキュメントをアップロード

「CamScanner」は、多くの国や地域で利用されるスキャンアプリで、教育者と学生なら有料のプレミアム機能が無料で利用可能です。

撮影した写真画像は鮮明に高画質で、カメラでスキャンしたとは思えない高いクオリティのままPDF化ができます。本や漫画、リーフレット、領収書、図面、ホワイトボードなどのカメラスキャンが可能で、撮影した画像はアプリが自動で余分な背景を削除してくれます。

スキャンしたドキュメントはメールやリンクなどでも共有可能。有料版なら10GBのクラウドストレージが利用でき、OCR認識でテキスト検索が簡単にしやすくなります。広告も入らないのでカメラスキャンを頻繁に利用する人は有料版がおすすめです。

■CamScanner(2020年6月26日時点)
iOSアプリをダウンロードAndroidアプリをダウンロード

アプリ名 CamScanner
価格 無料
有料版:月額540円/年額5400円
ファイル変換機能
編集機能 マーク、メモ
共有機能 OneDrive、Dropbox、Box.com、Evernote、Skydrive

Googleドライブ

3つ目におすすめのPDF変換アプリは、Googleドライブです。

■特徴・メリット

  • あらゆるデバイスから閲覧が可能
  • Googleアカウントを持っている相手とPDFファイルの共有がしやすい
  • 他者とファイルやフォルダを簡単に共有できる

「Googleドライブ」は、Googleアカウントを持っている人なら誰でも利用できます。

ドキュメントやスプレットシートなどのファイル作成だけでなく、Googleドライブにはカメラスキャン機能があるので紙の資料を撮影してPDF作成も可能。PDFはGoogleドライブ内に保存されるのでWindowsパソコン、Mac、Androidスマホ、iPhone、iPadなどあらゆるデバイスからアクセスできます。

アカウントを持っている人となら共有も簡単なので、Googleアカウントを普段から活用している人におすすめのPDF変換アプリです。

■Googleドライブ(2020年6月26日時点)
iOSアプリをダウンロードAndroidアプリをダウンロード

アプリ名 Googleドライブ
価格 無料
ファイル変換機能
編集機能 コメント
共有機能 Googleドライブ

iLovePDF – PDF エディター&リーダー

4つ目におすすめのPDF変換アプリは、iLovePDF – PDF エディター&リーダーです。

■特徴・メリット

  • PDFファイルの編集・修正は無料でできる
  • 複数のPDFを1つに結合できる
  • PDF文書から高品質で画像を抽出し、PDFファイルに変換できる

「iLovePDF – PDF エディター&リーダー」は、PDF編集やファイルの圧縮、共有、画像のPDF化などさまざまな機能を搭載したPDF変換アプリです。

あらゆるPDFファイルの読み込みが可能で、署名や注釈付けが行えるのでPDFファイルを作成した後に編集をしたい人におすすめ。作成したPDF文書はGoogleドライブやDropboxなどのクラウドに保存できるので、あらゆるデバイスからアクセスしやすい特徴があります。

また、端末に保存してあるJPEG画像やWord、PowerPoint、Excelなどの各種Office形式のファイル、HTMLをPDFに変換できます。

■iLovePDF – PDF エディター&リーダー(2020年6月26日時点)
iOSアプリをダウンロードAndroidアプリをダウンロード

アプリ名 iLovePDF – PDF エディター&リーダー
価格 無料
プレミアム:月額780円/年額6,300円
プレミアム プロ:月額1,160円/年額9,320円
ファイル変換機能
編集機能 署名、注釈
共有機能 Googleドライブ、Dropbox

フォトスキャン by Google フォト

5つ目におすすめのPDF変換アプリは、フォトスキャン by Google フォトです。

■特徴・メリット

  • 写真のデジタル化に特化したスキャナーアプリ
  • 写真の切り抜き・補正・向き調整は自動でされる
  • 光の反射を自動的に除去

「フォトスキャン by Google フォト」は、文書ではなく、写真をスマートフォンのカメラでスキャンしてGoogleフォトに保存するフォトスキャンアプリです。

写真スキャンでは、光が反射しても自動的に除去されるのでカメラで写真を撮影したような印象になりません。また、スキャンした写真の端を検出して自動でトリミング・向き調整をするので便利です。

結婚式や卒業式などのイベントで、手元にある写真をデジタル化したいときや、昔にプリントアウト(印刷)した写真をデータとしてクラウド上に保存したいときにおすすめです。

■フォトスキャン by Google フォト(2020年6月26日時点)
iOSアプリをダウンロードAndroidアプリをダウンロード

アプリ名 フォトスキャン by Google フォト
価格 無料
ファイル変換機能
編集機能 回転、角を調整、切り抜き
共有機能 Googleフォト

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、Androidスマホで写真をPDF化する方法とおすすめのPDF変換アプリを紹介しました。PDF化はカメラスキャン搭載の変換アプリを活用すれば、急ぎの場合でもすぐにPDFを作成できます。撮影済みの写真も簡単にPDFファイル形式にできるので便利です。

アプリごとに共有機能は異なりますが、クラウド上に保存すればWindows、Mac、Androidスマホ、iPhone、iPadなどさまざまなデバイスから閲覧可能で自宅や外出先でも内容を確認できます。

複数の写真もPDFで1つに結合すればアルバムとして利用でき、印刷も簡単に行えます。変換アプリを使えば簡単にPDF化できるので、ぜひアプリを活用してはいかがでしょうか。

最後に、本記事のまとめをおさらいします。

  • PDF変換アプリを使えば簡単にPDF化・編集・共有ができる
  • PDF化した写真の印刷は、自宅プリンタ・コンビニ印刷で可能
  • PDFファイルはあらゆるデバイスから閲覧が可能

投稿者名: スマツー編集部 スマホアプリ

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す