Amazonギフト券5,000円分が10名に当たる!
スマツー ロゴ

スマホのラジオアプリのおすすめ7選!ラジオの録音方法・通信量

スマホアプリ

  更新日:2020.04.08 

スマホアプリ スマホのラジオアプリ

ラジオアプリを使えば、スマートフォンやタブレット、パソコンからでも、日本国内で放送されている民放ラジオ局(AM/FM)が気軽に聴けます。ラジオは通勤通学などの電車移動や車でのドライブにも最適で、アプリによって番組のジャンルや放送されているチャンネルは様々です。

本記事ではスマホでラジオを聴くことができるおすすめアプリを紹介します。ラジオアプリを選ぷポイントや、各アプリごとの特徴を分かりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

本記事後半では、スマホでラジオを録音する方法や、ラジオアプリ利用時のデータ通信量の目安もまとめたので、あわせて確認してください。

  • 民放ラジオ局に対応したラジオアプリがおすすめ
  • バックグラウンド再生機能があれば画面を消していてもラジオを楽しめる
  • 聴き逃しても過去の放送が聴けるアプリなら安心
  • アプリごとに番組のジャンルが異なる

スマホのラジオアプリの選び方

iPhone

iPhoneやAndroidスマホでおすすめのラジオアプリを紹介するにあたって、ラジオアプリの選ぶポイントを紹介します。

ラジオアプリの選び方は、以下の3つ。

それぞれ確認していきましょう。

日本の民放ラジオ局に対応しているか

ラジオアプリを選ぶにあたって一番大事なのは、日本の民放ラジオ局(AM/FM)に対応しているかどうかです。

民放ラジオ放送局はAMラジオとFMラジオに分かれており、それぞれ周波数帯域が異なります。
AMラジオは以下のような特徴があります。

  • ラジオ放送の電波が広範囲
  • 雑音の影響を受けやすい
  • 音楽を楽しむ番組の放送には不向き
  • 車での移動中はAMラジオが聴取に向いている

AMラジオで使用されている電波は建物や障害物に遮られず、回りこんで電波を届ける性質があるので広範囲なのが特徴です。電車や車移動でもラジオが楽しめますが、ちょっとした雑音やノイズの影響を受けやすく音楽ラジオ番組には向いていません。

FMラジオは以下のような特徴があります。

  • ラジオ放送の電波範囲が狭い
  • 雑音の影響を受けにくい
  • 音楽ラジオ番組は基本FMラジオで放送している
  • 自宅でのラジオ聴取に向いている
  • インターネット回線を経由しないので通信料なし

FMラジオの電波範囲は狭く、AMラジオとは違って音質が良いのが特徴です。雑音やノイズの影響は受けにくく、音楽ラジオ番組のほとんどがFMラジオで放送を行っています。
またFM放送はインターネット回線を経由しないのでパケット代が発生せず通信料がかからないメリットを持っています。

自分のお気に入りのラジオ番組がある人は、自分の好きなチャンネルが聴けるラジオアプリを選びましょう。

インターネットラジオは、FM放送と違って遅延が発生しやすく、著作権にも厳しいので、放送されない番組や流れない音楽があるなどのデメリットがあります。しかし場合によっては、聞き逃したラジオ番組をあとから期間限定で聴けることもあります。

オフライン再生やバックグラウンド再生機能があるか

ラジオアプリであると便利な機能がオフライン再生・バックグラウンド再生機能です。

オフライン再生に対応したラジオアプリなら、事前にWiFi環境のある自宅でラジオ番組をダウンロードしていれば、外出先でインターネット回線を使わずにラジオが聴けます。データ通信量がかからず、パケット代(通信料)を気にする必要もないので長期移動や飛行機の中でも活躍します。

バックグラウンド再生機能があれば、スマホの画面を閉じている状態でラジオが聴けます。スマホのバッテリーの節約になるだけでなく、別のアプリを開いたり、インターネットで調べ物をしながらラジオが楽しめます。

オフライン再生やバックグラウンド再生は当サイトで紹介する「ラジオクラウド」がどちらにも対応しています。データ通信量をかけずに外でラジオを楽しみたい人におすすめです。

また、ラジオアプリのデータ通信量が気になる方は、「ラジオアプリのデータ通信量」を確認してください。

過去の放送分が聴けるかどうか

一般的なラジオと異なり、インターネットラジオやラジオアプリの良さは過去に放送されたラジオ番組も聴取できることです。

ラジオアプリはリアルタイムで生放送やラジオ番組を楽しむことができますが、多忙な日が続いた場合に好きな番組をうっかり聞き逃してしまうことがあります。そんなときでも過去の放送分が聴取できれば、都合の良いタイミングで聴き返すことができます。

アプリによって過去のラジオ放送で遡れる期間はさまざまですが、期限内にアーカイブが残っていればいつでも聴けるので安心です。気に入ったラジオ番組を何度も聴き返したりできるので、アーカイブ機能のあるラジオアプリを選ぶことをおすすめします。

おすすめのラジオアプリ7選

iPhone

当サイトではラジオアプリを厳選し、おすすめランキング順に紹介します。無料でラジオ番組が聴取できるアプリもあるので、ぜひ参考にしてください。

スマホで楽しめるおすすめのラジオアプリは、以下のとおりです。

通勤・通学移動の空き時間や、家事の合間にスマホでラジオを聞きたい人は、一緒に確認していきましょう!

radiko(ラジコ)

ラジコのキャプチャ
ラジコのキャプチャ

1位のおすすめラジオアプリは、radiko(ラジコ)です。

■特徴・機能・メリット

  • 聞き逃しても安心のタイムフリー機能搭載
  • 日本全国のラジオ番組が聴取できる
  • お気に入りの番組があればマイリストに追加可能

radiko(ラジコ)は放送予定分を合わせて2週間分の番組表が見れ、バックグラウンドでも再生ができるラジオアプリです。

よく聞くラジオ番組からユーザーにおすすめの放送を紹介するおすすめ機能や、続きから聴けるしおり機能などあると便利な機能が揃っています。プレミアム会員ならエリアフリー機能が利用可能。日本全国で放送しているラジオ番組が聴き放題なので、場所にとらわれず好きなときにラジオ番組を聴きたい人におすすめです。

聞き逃した番組もタイムフリー機能を使えばもう1度聴取できます。スマホやタブレットだけでなくGoogle Homeにも対応済みです。

■radiko(ラジコ)の価格と主な機能

価格 無料
プレミアム会員:月額350円(税別)
ラジオ局の種類 13局
オフライン再生 ×
過去放送分の再生
バックグラウンド再生

ラジオクラウド

2位のおすすめラジオアプリは、ラジオクラウドです。

■特徴・機能・メリット

  • オフライン再生に対応
  • 倍速再生機能により好みの速さでラジオ聴取できる
  • 連続再生機能があるので繰り返し聴取可能

ラジオクラウドは便利なオフライン再生バックグラウンド再生機能が搭載されたラジオアプリです。

ラジオ番組のダウンロードはWiFi環境時のみ利用できるように設定も可能なので、通信量が気になる人も安心して利用できます。お気に入りの番組やまだ聴取していない放送があればダウンロードして車でのドライブ中に楽しむことも可能です。

ラジオクラウドを使用するには会員登録が必要なので、利用の際は先に会員登録を行いましょう。

■ラジオクラウドの価格と主な機能

価格 無料
ラジオ局の種類 64局
オフライン再生
過去放送分の再生
バックグラウンド再生

myTuner Radio

3位のおすすめラジオアプリは、myTuner Radioです。

■特徴・機能・メリット

  • 世界中のラジオがアプリ1つで楽しめる
  • 5万局以上のラジオ局が選べる
  • ローカル局のラジオも聴くことが可能

myTuner Radioは日本国内だけでなく、世界中のラジオを聴取でき5万局以上のラジオ局が選べます。

無料版では広告が発生しますが、370円の有料版は広告がないのでストレスなくラジオが楽しめます。ラジオ局はジャンル・都市・国・位置情報を使用した地域のラジオ・音楽が検索でき、ローカル局であっても聴取が可能。

アプリ1つで世界中のラジオが簡単に聴けるので、地方や国を問わずにあらゆる場所のラジオを楽しみたい人におすすめのラジオアプリです。

■myTuner Radioの価格と主な機能

価格 無料
有料版:370円
ラジオ局の種類 5万局以上
オフライン再生 ×
過去放送分の再生
バックグラウンド再生

NHKラジオ らじる★らじる

4位のおすすめラジオアプリは、NHKラジオ らじる★らじるです。

■特徴・機能・メリット

  • 聞き逃した過去の放送が聴取可能
  • ライブストリーミングで同時提供をしているラジオアプリ
  • 日本国内限定で聴取可能

NHKラジオ らじる★らじるは、日本国内でのみラジオ番組が聴けるアプリです。

ラジオ第一・ラジオ第二・NHK-FMの3つの放送をライブストリーミングで同時提供を行っており、うっかり聞き逃しでも過去の放送が聴取可能なので安心です。聞きたいラジオ番組があれば番組予約機能を使うことで事前に通知してくれます。バッファ時間設定で長く設定していると音声や回線を途切れにくく改善できます。

語学番組もあるので勉強ついでに聴取するのも良いでしょう。番組表は7日分表示されるので、事前に聴取したい番組を見つけられます。

■NHKラジオ らじる★らじるの価格と主な機能

価格 無料
ラジオ局の種類 マイあさ!・子供科学電話相談・ひるのいこい・ちきゅうラジオなど
オフライン再生 ×
過去放送分の再生
バックグラウンド再生 ×

アニメラジオ

5位のおすすめラジオアプリは、アニメラジオです。

■特徴・機能・メリット

  • アニメの曲をいつでも手軽に聴きたい人におすすめ
  • 流れている曲名が表示される
  • bluetoothを活用すれば車でも音楽が流せる

アニメラジオはインターネットラジオで、日本の音楽やアニメの曲が気軽に楽しめるアプリです。

日本で有名なアニソンやゲーム曲のBGMが手軽に楽しめるアプリで、お気に入り登録もできるので好きなときに聴き返せます。bluetoothを使えば車でのドライブ中も音楽が楽しめるので、移動時間に好きな音楽を流して楽しみましょう。一部聴けないものもあるので注意してください。

流れている音楽には曲名が表示されるので、歌詞が気になったら曲名をタップすることですぐに検索もできます。

■アニメラジオの価格と主な機能

価格 無料
ラジオ局の種類 85局以上
オフライン再生 ×
過去放送分の再生 ×
バックグラウンド再生 ×

TuneIn Radio

6位のおすすめラジオアプリは、TuneIn Radioです。

■特徴・機能・メリット

  • 世界中のスポーツ実況・音楽・ニュースが楽しめる
  • 570万以上のポッドキャストと10万以上のラジオ局
  • 広告が入らないためノンストップで楽しめる

TuneIn Radioは日本国内だけでなく海外など世界中のスポーツ・音楽・ニュースの生放送が聴けるラジオアプリです。

10万局以上のラジオ局が選べ、生放送・オンデマンド放送が好きなときに楽しめます。アプリ1つであらゆる国のラジオを聴くことができ、自宅や外出先でもあなたが好きなスポーツ中継を聞き逃す心配もありません。

TuneIn Premiumにすれば広告が発生せずノンストップでラジオを聴取できます。1週間の無料トライアルがあるのでまずはお試しに利用してはいかがでしょうか。

■TuneIn Radioの価格と主な機能

価格 一週間無料トライアルあり
トライアル後は$9,99(およそ1108円)
有料版:1245円
ラジオ局の種類 10万以上
オフライン再生 ×
過去放送分の再生
バックグラウンド再生

Podcast(ポッドキャスト)

7位のおすすめラジオアプリは、Podcast(ポッドキャスト)です。

■特徴・機能・メリット

  • ダウンロードすることで圏外でもラジオ放送が楽しめる
  • ランキングやカテゴリで好きな番組が見つかりやすい
  • 番組の数が豊富で世界中の番組が楽しめる

Podcast(ポッドキャスト)はアップル社が提供するアプリで、オフライン再生に対応しており、ダウンロードすることで圏外でも簡単に番組が楽しめます。

ポッドキャストはインターネット上で配信された音声や動画を、スマホやタブレットにダウンロードして視聴できるサービスです。アプリを起動して「見つける」などで新着番組や人気番組、ランキング、カテゴリ別にラジオ番組を探すことが可能。あなた好みの番組が見つかれば購読することで、iPhoneやiPad、iPodにダウンロードが行われ最新のエピソードが聴取できます。

国内外の番組をスマホやタブレットなどにダウンロードして、通信量を抑えながら外出先でも楽しみたい人におすすめです。

ポッドキャストはAndroidにも対応しておりGoogle payからダウンロードできます。

■Podcast(ポッドキャスト)の価格と主な機能

価格 無料
ラジオ局の種類 NHKラジオニュース・オールナイトニッポン・聴く日経など
オフライン再生
過去放送分の再生
バックグラウンド再生 ×

スマホでラジオを録音する方法

アプリのアーカイブ機能は期間が定められており、期限を過ぎると聴き返すことが不可能になります。そこで、スマホのアプリを使ってラジオを録音する方法があります。

ただし、iPhoneではラジオ放送を録音できないので、パソコンやMacアプリを組み合わせる必要があります。iPhoneユーザーでラジオを録音したい方は「Radikool」を利用しましょう。

Radikoolは無料で使用できるソフトで「らじる★らじる」などのアプリで放送しているラジオ番組を再生・録音できます。予約録音やその場ですぐ録音を開始するクイック録音の機能が搭載されているので、上手く活用することで聞き逃しを無くします。

AndroidスマホはGoogle Playから無料でダウンロードできる「録音ラジオサーバー」がおすすめです。インターネットラジオに対応しているほか、URLを登録することでローカル放送や海外のラジオも再生・録音できます。

ラジオ番組の録音だけでなくタイマー機能が搭載されており、目覚まし時計としても活躍します。また、再生時には早聞き・遅聞きといった親切な機能があるので、聞き取りにくい言葉はゆっくり再生したりテンポよく速めることも可能。リピート再生機能もあるのでお気に入りのラジオ番組を繰り返し聴取できます。

radiko.jp(ラジコ)はユーザー規約として、許諾を得ていないアプリを使った録音を禁止しています。ラジオを録音する際は、違反をしていないか、注意事項を確認した上で行いましょう。

ラジオアプリのデータ通信量

スマホのラジオアプリで番組を聴取する際に発生するデータ通信量はアプリによってさまざまです。例としてradiko(ラジコ)でデータ通信量がどれくらい発生するかを紹介します。

radikoは番組が13局あり、聴取したいラジオ番組を選ぶだけでも通信料が発生します。チャンネルを切り替える際や番組の詳細を知る際に、音声が都度読み込まれるため通信が発生する仕組みです。いくつもの番組を選択するだけでも1~5メガバイト消費するため、最初から聴取したいラジオ番組を絞っておくことで通信料を節約できます。

ラジオアプリの聴取で発生するデータ通信量はあたり約30メガバイト、1ギガ使うまでおよそ30時間です。1日1時間ラジオを聴取し続けるとちょうど1ヶ月に1ギガバイトの通信量がかかります。

「パケット代をかけずに安く済ませたい」「データ通信量による通信制限を回避したい」場合は、オフライン再生機能のあるアプリか、自宅のWiFiに接続してラジオを聴くことをおすすめします。

まとめ

本記事ではiPhoneやAndroidスマホで聴取できるおすすめのラジオアプリを紹介しました。ラジオアプリをスマホに導入するだけで日頃からいつでもラジオが聴取できます。車でのドライブや自宅でくつろぎながら楽しむも良し、家事育児の合間にラジオを聴いて一息つくのも良いでしょう。通勤通学途中も有意義に時間を過ごせるので、ラジオアプリで好きなラジオ番組を見つけてはいかがでしょうか。

最後に、本記事のまとめをおさらいします。

  • 日本国内の民放ラジオ局に対応したラジオアプリがおすすめ
  • アプリごとに番組のジャンルが異なる
  • アーカイブで過去のラジオが聴取できるラジオアプリがおすすめ

投稿者名: aya スマホアプリ