人気機種を緊急値下げ!限定SALE開催中
スマツー ロゴ

スマホスピーカーのおすすめ10選!高音質・電池不要の置くだけスピーカー

スマホの使い方

  更新日:2020.06.18 

スマホの使い方 スマホスピーカーのおすすめ10選!高音質・電池不要の置くだけスピーカー
限定セール限定セール

本記事ではiPhoneやAndroidで使えるスマホスピーカーについて解説しています。

スマホスピーカーは有線やワイヤレスタイプ、またスマホを置くだけで使える電池不要のものなど種類が豊富です。
そのためスマホスピーカーが欲しいけれど、何を購入していいか分からないと感じた人もいるのではないでしょうか。

本記事では各機能の解説を交えながら、スマホスピーカーの選び方を紹介します。
基本的には持ち運びの有無や使用場所を考慮しながらサイズ感、バッテリー持ちなどに注目して選べば問題ありません。
音質や大音量で楽しみたい人は、対応コーデックや出力数も要確認です。

記事内でおすすめのスピーカーを合計10個紹介しているので、そちらも参考にしてください。

  • 電池不要のスマホスピーカーは木製やガラス製など、インテリアとしてもおしゃれなものが多い
  • アウトドアに持っていく場合は小型防水防塵タイプを選ぶ
  • sony独自のコーデックはハイレゾ相当の音源を劣化なしで楽しめる

スマホスピーカーの選び方

スマホスピーカー

スマホスピーカーがあると、スマホの音楽が手軽に流せて便利です。
友人や恋人と部屋でまったり過ごしたいときなどに音楽を流しておけば無音にならず、話のネタにも繋がります。

ここではスマホスピーカーの選び方について解説しています。

音質やバッテリー連続再生時間は多くの人が気にすると思いますが、外に持っていく目的なら防水・防塵機能やサイズ感も大切です。

接続方法で選ぶ

スマホスピーカーを買う際に確認したいのが、接続方法です。
接続方法は大きく分けて、有線タイプ・無線タイプの2種類あります。

接続方法 メリット デメリット
有線 バッテリーを気にせず使える、音源が圧縮されないため高音質で遅延がない。 ケーブルが必要なので絡まりに気を使う必要があり、接続端子に対応しているものしか使えない。
無線 持ち運びしやすく、いろんなシュチュエーションで楽しみやすい。 遅延や音質の低下が起きやすい、バッテリーを気にする必要がある

無線タイプは、Bluetooth接続とWi-Fi接続のものがあります。
音質はWi-Fi接続のほうがいい傾向にありますが、ネット環境がないと使えない点がデメリットです。

対してBluetooth接続はスマホさえあれば、どこでも利用できます。
iPhoneやAndroidスマホ以外にもBluetooth対応のiPadやタブレット、パソコンとも接続できるのが魅力。

NFC接続対応のスマホスピーカーなら、ワンタッチでペアリング出来ます。

またAirPlay対応であればiPhoneやiPadのiTunesからWi-Fiを経由し、複数のスマホスピーカーと同時接続が可能です。
例えばリビングとキッチン、寝室、浴室などにそれぞれスピーカーを設置している場合、AirPlayを使えば同じタイミングで同じ音楽が聴けます。

現在の主流はBluetooth接続タイプですが、それぞれのメリットやデメリットを踏まえた上で、自分の目的に合わせて検討してください。

音質は対応コーデックを確認する

スマホスピーカーの音質は、対応コーデックに依存します。
コーデックとはスマホからBluetoothでスピーカーに音楽を飛ばすときの圧力方式のことで、このコーデックの種類によって音質が変わります。

主要なコーデックと特徴

規格 特徴
SBC 標準コーデック。圧縮の効率や速度有線のため音質は他より劣る
aptX 主にAndroidスマホに搭載さてれおり、SBCと比較して圧縮率が少ない。そのため比較的高音質で遅延も少ない。
AAC 主にiPhone搭載。SBCと同じ圧縮率だが高音質

基本的に圧縮率が少ないほど低音・高音などの音域が消えにくく高音質です。
また遅延も少ないため、映画などの観賞用としても違和感を抑えられます。

コーデックの中にはハイレゾ音源に相当するものも。
音質にこだわりたい人は、対応コーデックに注目してみてください。

前提として、スマホとスピーカーで同じコーデック規格に対応している必要があります。

手持ちのAndroidスマホのコーデック規格は、開発者向けオプションから確認できます。
iPhoneはAACとSBCに対応していますが、どちらが使われているか基本的に確認する術がありません。

サイズ・重さ・出力で選ぶ

スマホスピーカーを購入する際は、サイズや重さ、出力も大切です。
特に外へ持ち歩きする場合、あまりにも大型なものは不便で困ってしまいます。

スマホスピーカーの一般的な重さは400~500g、小型だと手のひらサイズのものも多いです。

バッテリー容量の大きいものはサイズも比例して大きくなる傾向にあります。
サイズによる音質への影響はありませんが、音の大きさはスピーカーの大きさと比例します。
入力を受けたスピーカーが外へ音を出すエネルギーを出力といい、W数で表現されます。

小型サイズを選ぶ場合、3W以上のものを選びましょう。
多少サイズが大きくなっても問題ない場合、5W以上を選ぶとコンパクトながら大音量で音楽を楽しめます。

10W以上あれば、お風呂場などでもしっかり音が聞き取れます。

防水・防塵機能で選ぶ

アウトドアやキッチン周りで使用したい場合は、防水・防塵機能が搭載されているかも大切な基準です。
防水は「IPX〇」、防塵は「IP〇X」という等級で表現されます。
防水の等級は0~8、防塵は0~6まであり、数が大きければ大きいほど等級が高いです。
例えば「IP54」とかかれていた場合、防塵は5等級で防水は4等級という意味になります。

目安として、生活防水ならIPX4のものを選ぶといかなる方向からの飛沫も影響を受けません。
キッチン周りでの使用であれば問題なく利用できます。

ただし浴室で使う場合は、水中に水没してしまう可能性も踏まえてIPX7以上がおすすめです。

防塵は粉塵から保護してくれるIP5以上のものを選ぶと、アウトドアでも安心して使えます。

バッテリーの連続再生時間で選ぶ

バッテリーの連続再生時間は、充電時間に対して何時間稼働可能かに注目してください。

例えば2時間の充電で8時間連続再生可能なものと、4時間の充電で10時間連続再生できるものなら、前者のほうが優秀です。
このように連続再生時間だけを見ていると思わぬ落とし穴があります。
バッテリーの連続再生時間は充電速度とセットで考えると失敗しにくいです。

目安として、連続再生時間は7時間以上のものを選ぶとストレスがありません。
あまり大容量なものを選んでも、結局スマホ側のバッテリーが持たないことが多いため7時間程度がちょうどいいです。

おすすめのスマホスピーカー5選

ここでは、数あるスマホスピーカーの中から厳選したおすすめを5個紹介します。
高音質で人気の高いものをランキング順に紹介するため、スマホスピーカー選びの参考にしてください。

予算や特徴などもまとめているので、目的に合わせて選ぶのがおすすめです。

商品名 価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB402M 26,880円(税別) ブラック 約143mm×195mm×122mm(幅×高さ×奥行) 約1,500g 50W(25W+25W) SBC/AAC ver.4.2 Standardモード約12時間、EXTRABASSモード約11時間 IP67 ×
BOSE SOUNDLINK MINI II Special Edition 24,200円(税別) ラックスシルバー、トリプルブラック 18cmx5.1cmx5.8cm(幅×高さ×奥行) 650g 12時間 ×
JBL FLIP 5 9,880円(税別) ブラック、ブルー、レッド、スクワッド、ティール 18.1×6.9×7.4(幅×高さ×奥行) 540g 最大20W ver.4.22 12時間 × ×
EWA A106 ポータブル ミニワイヤレス 小型スピーカー 1,999円(税別) ブラック 48径×H40mm 175g 6時間(50%の音量だと12時間) IP67 ×
Anker Soundcore Icon Mini 2,599円(税別) ブラック 9.5cmx7.6cmx3.6cm(幅×高さ×奥行) 213g 3W ver.4.22 3時間充電で8時間 IP67 ×

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB402M

まず紹介するのは「SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB402M」です。

■特徴

  • Amazonアレクサが選曲や再生をサポート
  • ライブサウンドモードで会場にいるような臨場感
  • ワイドアングルスピーカーで、重低音と大音量が空間のどこにいても感じられる

IP67相当の防水・防塵仕様なので、お風呂でも安心して使えます。
約53mm口径のフルレンジスピーカーユニットが2基をリスニングに最適な角度で配置しているため、部屋のどこにいても聴き取りやすいです。

Amazonアレクサ搭載なので声で操作できるのもポイントです。
ソファでゴロゴロしながら選曲したり曲の停止・再生が行えるためリラックスできます。

また小型ながら合計出力50Wというパワフルさも兼ね備えています。
部屋のどこにおいても圧迫感がなく、それでいて大音量で音楽が楽しめるスマホスピーカーです。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
26,880円(税別) ブラック 約143mm×195mm×122mm(幅×高さ×奥行) 約1,500g 50W(25W+25W) SBC/AAC Bluetooth標準規格ver.4.2
  • Standardモード約12時間
  • EXTRABASSモード約11時間
IP67 ×

⇒⇒通販サイトで購入

BOSE SOUNDLINK MINI II Special Edition

2つ目に紹介するスマホスピーカーは、「BOSE SOUNDLINK MINI II Special Edition」です。

特徴

  • 680gの小型サイズなのにバッテリー持続時間が最大12時間
  • 8台の機器を記憶できるため、複数デバイス間の接続や切断が楽

Bluetooth搭載機器なら、何でも繋げます。
通信距離も約9メートルと広範囲なので、屋外などの広い場所でも大活躍。

スマホスピーカー内にマイクも内蔵されており、SiriやGoogleアシスタントへの呼びかけやハンズフリー通話が可能です。
USB-Cポート充電対応なので、Androidスマホによっては同じ充電器が使えます。
持ち運びする際に、ケーブルを持っていく本数が1本減るだけでも扱いが楽になります。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
24,200円(税別) ラックスシルバー、トリプルブラック 18cmx5.1cmx5.8cm(幅×高さ×奥行) 650g 12時間 ×

JBL FLIP 5

3つ目に紹介するスマホスピーカーは「JBL FLIP 5」です。

特徴

  • 縦置き、横置きどちらにも対応
  • 30分以上操作がない場合、自動で電源オフ
  • 低音が低く、高音がクリア

500mlペットボトルと同程度のコンパクトさながら、連続再生時間12時間の大容量バッテリーを搭載。
仮に充電が切れてしまっても約2.5時間の充電でフル充電になるため、すぐ使用できます。

30分以上操作なしで自動的に電源をオフしてくれるため、バッテリーの節約も可能です。

IPX7の防水仕様なので、お風呂やアウトドアでも楽しめます。

低音が低く、高音がクリアな印象なのでパンチの効いた低音が好きな人やボーカルを際立たせたい人におすすめです。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
9,880円(税別) ブラック、ブルー、レッド、スクワッド、ティール 18.1×6.9×7.4(幅×高さ×奥行) 540g 最大20W ver.4.2 12時間 × ×

EWA A106 ポータブル ミニワイヤレス 小型スピーカー

4つ目に紹介するスマホスピーカーは「EWA A106 ポータブル ミニワイヤレス 小型スピーカー」です。

特徴

  • 手のひらサイズの小型スマホスピーカー
  • 1つのボタンで電源のオンオフや曲の停止、変更が可能
  • 1Aの充電器を使えば30分の充電で2時間再生できる

手のひらに収まる小型サイズのスマホスピーカーなので持ち運びの際、荷物になりにくいです。
バッテリー容量が大きくなると本体サイズが大きくなりがちですが、EWA A106は手のひらサイズにも関わらず50%の音量で12時間再生できます。
IP67相当の防水・防塵仕様なので、アウトドアでも大活躍すること間違いなし。

本体にはボタンが1つだけ搭載されていて、すべての操作が行えます。
そのため視界の悪い場所でも操作がスムーズです。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
1,999円(税別) ブラック 48径×H40mm 175g 6時間(50%の音量だと12時間) IP67 ×

Anker Soundcore Icon Mini

5つ目に紹介するスマホスピーカーは「Anker Soundcore Icon Mini」です。

特徴

  • 2台同時ペアリングでステレオサウンドとして利用可能
  • 3時間の充電で8時間連続再生
  • ポケットサイズで持ち運びが便利

ポケットサイズなのに、3時間の充電で8時間連続再生が可能。
IP67相当の防水・防塵仕様なので海や川、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍します。

またAnker Soundcore Icon Miniは2台同時ペアリングが可能です。
1台の最大出力数は3Wですが、2台同時ペアリングで合計6Wのステレオサウンドとして使えます。

リストストラップが付属品としてついてくるので、リュックやテント、ビーチチェアなどに取り付ければ場所を取りません。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
2,599円(税別) ブラック 9.5cmx7.6cmx3.6cm(幅×高さ×奥行) 213g 3W ver.4.2 3時間充電で8時間 IP67 ×

電池不要の置くだけスマホスピーカー5選

次に紹介するのは電源不要・電池不要の、置くだけで使えるスマホスピーカー5選です。
基本的にスマホスタンドにスマホを立てかけて使います。コンセントを必要としないので部屋のどこでも使えるのが魅力です。

素材は木製のものやシリコン、陶器、ガラスなど多種類でおしゃれなものが多いです。
仕組みの一例としてウッドスピーカーを挙げると、木の内部に音の通り道を作ることで音を響かせ増強しています。

基本的にスマホを立てて使うのでコンパクトなものが多く、置き場所にも困りません。
インテリアとしても最適です。ただしスマホを立てかけて使うので購入前に対応機種の確認は必ず行ってください。

商品によってはスマホを充電しながら使えるスマホスピーカーもあります。

YOKA ヨカ パネル アコースティック スピーカー

まず紹介する電池不要の置くだけスマホスピーカーは「YOKA ヨカ パネル アコースティック スピーカー」です。

特徴

  • 幅84mmまで対応
  • 屋外用の塗料塗布で色褪せにも強い
  • パーツがばらせるので濡れても安心

針葉樹合板という素材を使った、木目が綺麗なスマホスピーカーです。
パーツがばらせるため、アウトドア中に濡れてしまっても分解して隅々まで乾かせます。
持ち運びの際も、分解すれば邪魔になりません。

屋外用の塗料が塗られているので色褪せにも強く、外でも安心して利用可能です。

幅84mmまで対応していて、iPhoneでいうと6plusのサイズに対応しています。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
7,480円(税別) ナチュラルブラウン 120mm×120mm×120mm(幅×高さ×奥行) 260g

⇒⇒通販サイトで購入

【BONOX】DULTON ガラス サウンド エクスパンダー

2つ目に紹介する電池不要の置くだけスマホスピーカーは「【BONOX】DULTON ガラス サウンド エクスパンダー」です。

特徴

  • 透明ガラス素材
  • スマホの音量を約1.5倍にアップ
  • インテリア性抜群で、スマホスタンドとしても利用可能

透明なガラス素材だけで出来ています。
まるで蓄音機のような見た目で、部屋のインテリアとしても相性抜群です。
音楽を流さないときも、おしゃれなスマホスタンドとして活用できるためスマホの紛失防止にもなります。

【BONOX】DULTON ガラス サウンド エクスパンダーを使うと音量が約1.5倍できるため、部屋で聞く際に十分な音量で音楽を楽しめます。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
5,390円(税別) クリア 133mm×260mm×135mm(幅×高さ×奥行)

⇒⇒通販サイトで購入

ラジオ型ウッドスピーカー

3つ目に紹介する電池不要の置くだけスマホスピーカーは「ラジオ型ウッドスピーカー」です。

  • ラジオのようなおしゃれな見た目
  • 引き出し付きで小さな小物が入る
  • チーク材仕様

チーク材を使い、ラジオを模して造られたスマホスピーカー。
ボリュームコントローラーなど細かい部分にもこだわって作られています。

自然素材の古木を使っているため、存在を主張し過ぎずナチュラルな優しい見た目です。
どんな部屋にも馴染みやすく、ただ置いておくだけでもおしゃれなので見た目にこだわりたい人におすすめです。

小さな引き出し付きもついているので、ちょっとした小物も収納できます。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
7,480円(税別) ナチュラルブラウン 32,5cm×12cm×11cm(幅×高さ×奥行)

⇒⇒通販サイトで購入

ギター型スマホスタンド スピーカー

4つ目に紹介するスマホスピーカーは「ギター型スマホスタンド スピーカー」です。

特徴

  • ギター型のスマホスピーカー
  • 充電しながら利用可能
  • 音に奥行を持たせる構造

天然木を使ったギター型のスマホスピーカーです。
充電コードが通せるようになっているため、スマホのバッテリー切れを気にせず長時間使用も可能。
そのまま充電スタンドとしても使用できます。

ギターソロやサックスソロ、パーカッションの打撃音などの響きに適した音質です。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
4,180円(税別) ナチュラルブラウン 18.3cm×15cm×5cm(縦×横×奥行) 520g

⇒⇒通販サイトで購入

PS841/CHINON木製パッシブスピーカー

5つ目に紹介する電池不要の置くだけスマホスピーカーは「PS841/CHINON木製パッシブスピーカー」です。

特徴

  • 蓄音機のような見た目
  • iPhone5以降の機種に対応

まるで蓄音機のような見た目が、レトロでおしゃれなスマホスピーカーです。
高級ディスプレイケース付属なので、使わないときでも高級感が出せます。

PS841/CHINON木製パッシブスピーカーは木製ホーンで音を増幅し、柔らかく優しい音色に変換します。
そのため長時間聞いていても疲れにくく、リラックスしたいときに最適です。

各種iPhoneに対応したマットが付属しているため、iPhone5以降の機種すべてで利用可能です。

価格 カラー サイズ 重さ 最大出力 対応規格 Bluetooth規格 連続再生時間 防水・防塵 ハンズフリー通話
7,480円(税別) オールウッド 20x17x20cm(縦×横×奥行) 399g

まとめ

スマスピーカーを選ぶ際は接続方法やサイズ、バッテリー持ちに注目して選ぶと失敗しにくいです。
音質にこだわりのある人は、対応コーデックを確認してください。
対応コーデックはスピーカー側とスマホ側の両方が対応している必要があるので、注意が必要です。

出力数は音量に関わるため、広い空間で利用したい場合はワット数が大きめのものを選ぶようにしてください。

最後に記事内容のおさらいです。

  • 対応コーデックによって音質や遅延の程度が異なる
  • アウトドアに持っていく場合は防水・防塵仕様のものを選ぶ
  • 充電時間に対して何時間連続利用できるかに注目する

投稿者名: takanashi スマホの使い方