日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

Androidスマホで録音する方法!通話・内部音声を録音する機能・アプリ

スマホの使い方

  更新日:2020.08.31 

スマホの使い方 スマホで録音する方法

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

会議を録音して議事録を作成する際や、講義を録音してレポートを作成する際など、スマホの音声録音はさまざまな場面で活躍する便利な機能です。

本記事ではAndroidスマホで外部音声を録音する機能や、内部音声・通話を録音できるアプリについて解説しています。録音するときの注意点についても記載していますので、Androidスマホで録音機能を使いこなしたい人はぜひ本記事を参考にしてください。

  • Androidスマホで外部音声を録音するには、スマホの標準ボイスレコーダーアプリを使うのが早くて便利
  • Androidスマホで通話を録音するには、アプリかマイク付きイヤホン搭載のICレコーダーを使う
  • Androidスマホでは内部音声の録音はできないが、アプリを使えば可能

Androidスマホで外部音声を録音する方法

スマホを使う男性

スマホの音声録音には、内部音声と外部音声の2種類があります。

内部音声の録音は、動画やゲーム、ラジオなどのスマホから流れている内部音声を録音する機能です。一方で、外部音声の録音は、会話などのスマホ周辺の外部音声を録音する機能です。

まずは、Androidスマホで外部音声を録音する方法を確認していきましょう。

スマホの標準ボイスレコーダーアプリを使う

Androidスマホには、「音声レコーダー」や「ボイスレコーダー」などの名称で標準アプリが搭載されています。Androidスマホで外部音声を録音するには、標準アプリを使う方法が最も早く簡単です。

まず使用しているスマホにボイスレコーダーアプリがインストールされていないか確認してみましょう。スマホの待ち受け画面でアプリ一覧のアイコンをタップし、画面をスワイプしてボイスレコーダーアプリを探します。

アプリの名称や配置場所は、スマホによって異なります。たとえばHUAWEIのスマホであれば「ツール」、Zenfoneであれば「ASUS」というフォルダの中に入っている場合がありますので、注意深く探してみてください。

Google Playストアからダウンロードする

一部機種には、ボイスレコーダーアプリが標準搭載されていません。その場合はGoogle Playストアから、任意の音声録音アプリをダウンロードしましょう。

アプリストアでダウンロードできる録音アプリには、Androidスマホに標準搭載されている録音アプリより機能性の高いものもあります。外部アプリで追加される機能の一例は、以下の通りです。

  • スマホでの通話が録音できる
  • 再生スピードの変更ができる
  • 録音データを自動で文字起こししてくれる

録音アプリをダウンロードする際は、自分の用途に合った機能を備えているアプリを選択してください。

おすすめの録音アプリ「簡単ボイスレコーダー」

使用するアプリに迷ったときは、「簡単ボイスレコーダー」のダウンロードがおすすめです。

■特徴・機能・メリット

  • 録音時間に制限がなく、長時間の録音ファイルでも高圧縮で保存可能
  • ウィジェットやショートカット機能を使って、アプリを開かず瞬時にバックグラウンド録音を開始
  • 録音データはメールやメッセージアプリで簡単に共有可能、着信音への設定もできる

簡単ボイスレコーダーは、簡単に高音質で録音ができるアプリです。ボイスメモ・会議・音楽の中からシーンに合ったモードを選択することで、最適な音質で音声を録音してくれます。録音したデータはその場で簡単にシェアでき、ビジネスでの利用にも最適。その他にも周囲の雑音やノイズ、マイクなどを調整するチューニング機能や、カラーテーマ選択機能を搭載しています。スマホはもちろんタブレットにも対応しているため、用途に合ったデバイスを選択可能です。

■簡単ボイスレコーダー
Androidアプリをダウンロード

その他録音アプリについての詳細は、下記記事を参照してください。スマホの外部音声・内部音声録音や通話録音のほか、文字起こし機能、いびき・寝言の録音などに特化したアプリについても紹介しています。

Androidスマホで通話を録音する方法

スマホで通話

Androidスマホで通話の音声を録音したい場合は、通話録音に特化した機能を利用すると便利です。続いてAndroidスマホで通話を録音する、3つの方法について解説します。

順に詳しく見ていきましょう。

スマホの標準機能を使う

Galaxyなどの一部機種では、標準で通話の録音アプリが搭載されていることがあります。Galaxyスマホで通話を録音する手順は以下の通りです。

Galaxyの通話録音機能のキャプチャ
Galaxyの通話録音機能のキャプチャ2
  1. 通話中に、右上のオプションアイコン(点が縦に3つ連なったもの)をタップ
  2. オプションメニューの中から、「録音」をタップすると録音開始
  3. 画面上部に録音時間が表示される
  4. 録音を停止したいときは、再度画面右上のオプションアイコンをタップ
  5. 「録音を停止」を選択すると録音が停止する

録音した音声は、ダイヤル画面でオプションアイコンをタップして「通話の録音ファイル」を開くか、ボイスレコーダーアプリのリストから確認が可能です。

ただし本機能は稀なため、基本的には次項で紹介するアプリを利用しましょう。

通話録音ができるアプリを使う

Androidスマホで通話を録音する際のおすすめアプリは、通話録音 – ACRです。

■特徴・機能・メリット

  • あらかじめ設定した条件で着信・発信があった場合、通話を自動録音してくれる
  • 録音データの日付でのグループ分けや、古い録音データの自動削除機能を搭載
  • 3gpをはじめさまざまなフォーマットでの保存に対応

通話録音 – ACRは、アプリを常駐させておくだけで通話を自動録音してくれるアプリです。通話を録音する相手は、アドレス帳に登録されている番号のみや知らない番号のみなど細かく条件設定可能古い録音データの自動削除機能を活用すれば、スマホのストレージを圧迫する心配もありません。その他にも録音を開始するタイミング指定パスコードロックなど、さまざまな便利機能を搭載。有料版ではクラウドサービスへの保存などに対応しています。

マイク付きイヤホン搭載のICレコーダーを使う

スマホで通話を録音できる商品として、マイク付きイヤホン搭載のICレコーダーというものがあります。本商品はマイク付きイヤホンとICレコーダーが一体になった形状をしており、スマホとワイヤレス接続することでイヤホンから聞こえる音と自分が発した言葉を綺麗に録音できます

使い方は簡単で、スマホと本商品をBluetooth接続したのち、ICレコーダーの録音ボタンを押すだけ。通話を高音質で録音してくれるため聞き返しがしやすく、通話中にメモを取る必要もありません。

通常のマイク付きイヤホンと同じように、音楽再生や通話のみの使用も可能です。
>>マイク付きイヤホン搭載のICレコーダーを通販サイトで購入する

Androidスマホの内部音声を録音する方法

iPhoneでは画面収録機能によって内部音声を録音できますが、AndroidスマホではGoogle社のポリシーにより内部音声の録音ができません。しかしアプリを使えば、Androidスマホでも内部音声を録音可能です。

Androidスマホで内部音声を録音する方法として、以下2種類のアプリを紹介します。

録音ラジオサーバー

録音ラジオサーバーはインターネットラジオやローカルラジオ、海外のラジオ放送などを再生・録音できるアプリです。タイマー機能を搭載しているため、ラジオを聴けない時間でも放送を録音しておくことができます。録音したラジオを分類・整理できるフォルダ機能や、簡単に検索できる検索機能を搭載。早聞きや遅聞き、リピート再生などもできるため語学の学習にも最適です。

録音ラジオサーバーのダウンロードはこちらから。

AZスクリーンレコーダー

AZスクリーンレコーダーは、Androidスマホで画面録画ができるアプリフルHDおよびQHDで動画を録画可能で、動画のSDカードへの保存や画質設定、ビットレート・フレームレート設定、スローモーションやテキストおよびロゴの表示など多様な機能を搭載しています。時間制限や広告の表示がなく、すべての機能を無料で利用できるのも嬉しいポイント。Androidユーザーなら必須のアプリです。

AZスクリーンレコーダーのダウンロードはこちらから。

Androidスマホで録音するときの注意点

Androidスマホを使った録音はワンタッチで手軽に音声を残せる便利な機能ですが、録音の際にはいくつかの注意点もあります。続いてAndroidスマホで録音するときに覚えておきたい注意点2つを解説しましょう。

ボイスレコーダーの録音時間を確認する

ボイスレコーダーの録音可能時間はアプリにより異なります。長時間の録音が必要な場面で、上限をオーバーしてしまい録音できなかったというトラブルを避けるためにも、あらかじめ使用するアプリの録音時間を確認しておきましょう

アプリによっては時間が無制限のものもありますが、録音データを保存する端末の容量が少なければ短時間しか録音ができません。録音時間が無制限のアプリを使用して長時間の録音をする際は、端末の空き容量を十分に確保しておくことが大切です。

また保存に失敗してしまうリスクを避けるためにも、長時間の録音データは途中でこまめに保存しておくことをおすすめします。

利用場所・著作権に気をつける

録音アプリの中には、録音中の画面がスマホに表示されないバックグラウンド録音に対応しているものがあります。バックグラウンド録音機能を使えば、相手に気づかれずに音声を録音することが可能です。しかしトラブルを避けるためにも、会話などを録音する際はあらかじめ相手に録音の許可を得ておきましょう

意図せず他人の声が入らないよう、利用場所にも配慮が必要です。

また録音アプリで録音したラジオや音楽、動画などには著作権がある場合がほとんど。利用は個人の範囲にとどめ、著作権を侵害しないよう十分に注意しましょう。

まとめ

Androidスマホで外部音声を録音する機能や、内部音声・通話を録音できるアプリについて解説してきました。

スマホでの録音機能やアプリは、いつも持ち歩いているデバイスで録りたい音声をすぐに録音できる便利な機能です。本記事で紹介した方法を参考に、著作権や録音時間に気を付けながら、録音機能を十分に活用しましょう。

最後に本記事をおさらいします。

  • Androidスマホで外部音声を録音するには、スマホの標準ボイスレコーダーアプリを使うのが早くて便利
  • Androidスマホで通話を録音するには、アプリかマイク付きイヤホン搭載のICレコーダーを使う
  • Androidスマホでは内部音声の録音はできないが、アプリを使えば可能

投稿者名: スマツー編集部 スマホの使い方

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す