日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法とMNPの注意点

キャリア

  更新日:2020.08.31 

キャリア ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

本記事では、ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法とMNPの注意点を紹介していきます。

電話番号そのままで他社回線や格安SIMに乗り換えるときに必要になる手続きがMNP(ナンバーポータビリティ)です。ソフトバンクの解約金・解除手数料がかからない更新月・更新期間に思い切って、他社に乗り換えようと思っている人は必見です。

電話番号そのままで他社に乗り換えるMNP手続きは簡単です。それでは早速、予約番号の発行方法や他社への乗り換え方法を確認しましょう。

  • MNP手続きが完了すれば自動的にソフトバンクを解約できる
  • MNP予約番号の発行は自宅から電話で簡単にできる
  • 家電量販店で相談しながらMNP予約番号の発行サポートを受けることも可能
  • MNP転出料が3,000円、転入先の事務手数料が3,000円かかる

MNP予約番号の発行方法

スマホを2台持ってMNP
ソフトバンクから電話番号そのままで他社に乗り換えるにはMNP手続きを行う必要があります。

スマホを利用している人がMNP予約番号を発行する方法は3種類あります。

ソフトバンクショップに行く手間を考えると、電話・My SoftBankでMNP予約番号を発行する方法が簡単です。

お店でMNP手続きを行う場合は、携帯電話と本人確認書類を持参しましょう。(運転免許証、健康保険証など)

オンライン・店舗・電話のMNP予約番号の方法をそれぞれ確認していきましょう。

電話でMNP予約番号を発行

ソフトバンクのMNPお問い合わせ窓口に電話してMNP予約番号を発行する手順は下記の通りです。

  • 0800-100-5533に電話(ソフトバンク携帯電話・一般電話共通)
  • 携帯電話ポータビリティ予約番号の発行でダイヤル「1」をプッシュ
  • 携帯電話の番号をダイヤルプッシュ
  • MNP予約番号発行の依頼をしてコールセンタースタッフの指示に従って手続きを行う

MNP予約番号の発行はスムーズに完了します。本人確認や電話番号の確認などはありますが、最短10分で予約番号が発行できます。

解除手数料がかかる月だったら、解約金のアナウンスがあります。また、分割支払いで購入しているスマホ端末の支払いが残っている場合は、一括精算で支払う選択も可能です。

ソフトバンクのMNPにかかる手数料とお問い合わせ窓口は下記の通りです。

■ソフトバンクのMNPお問い合わせ窓口

連絡先
ソフトバンク携帯、ソフトバンクスマホ
*5533
連絡先
他社携帯、固定回線
0800-100-5533
通話料 無料
受付時間 10:00~20:00
定休日 年中無休

■MNP手続きにかかる手数料

料金 支払先
MNP転出手数料 3,000円(税抜) ソフトバンクの支払いに上乗せ
MNP転入手数料(事務手数料) 3,000円(税抜) 乗り換え先に支払い

My SoftBankから予約番号を発行

My SoftBankからMNP予約番号を発行可能です。手続きを行うときに解約金・MNP手数料などを含めた費用を確認可能です。ソフトバンクの更新期間にMNP手続きを行えば、3,000円の転出手数料のみで手続き可能です。

受付時間内に予約番号の発行完了させる必要があります。

■My SoftBankのログイン

My SoftBank My SoftBankにログインする
受付時間 9:00~20:00

ソフトバンクショップでMNP手続きを行う

ソフトバンクショップに来店してMNP手続きを行う方法を確認していきましょう。

■店舗でMNP手続きを行う時の持参物

  • ソフトバンクスマホ・ソフトバンクiPhone
  • ソフトバンクのUSIMカード(スマホ端末本体に挿入されています)
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)

店舗でMNP予約番号を発行する場合は、本人確認書類が必要になります。

店舗でMNP手続きを行うときも3,000円のMNP転出手数料がかかります。電話で行うMNP手続きと比較すると店舗に来店する手間と店舗での待ち時間がデメリットです。

電話よりも対面重視でMNP手続きを行いたい人はソフトバンクショップで手続きを行いましょう!

⇒⇒お近くのソフトバンクショップを探す

ソフトバンクのMNPの転出〜転入の流れ

スマホを2台持ってMNP
続いて、MNP予約番号を発行して乗り換え先でMNP予約番号を申請する流れをステップに分けて確認していきましょう!

  1. 乗り換え先の料金プランや機種変更するスマホを決める
  2. ソフトバンクでMNP予約番号の発行
  3. 乗り換え先でMNP予約番号の申請

MNP予約番号の有効期限は15日間です。有効期限を過ぎてしまった場合は、再度ソフトバンクでMNP予約番号を無料で発行できます。

乗り換え先でMNP予約番号を申請すれば、ソフトバンクでの解約手続きは不要です。

乗り換え先を決める

au、ドコモ、格安SIMなど乗り換え先候補を比較しましょう。今持っているソフトバンクスマホをそのまま利用したいなら、SIMロック解除を行ってソフトバンク回線が利用できる格安SIMなどを選ぶと良いでしょう。

乗り換えと共に機種変更もしたいときは、割引やキャッシュバックがお得な携帯電話会社を利用するのがおすすめです。格安SIMでSIMフリースマホをセット購入すれば、ライフスタイルに合わせて柔軟に通信回線を変更できます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えたいなら、ワイモバイルがおすすめです。ソフトバンクと同等の速度や使い勝手が期待できる上に格安SIMと同等の安い料金プランを利用できます。さらにMNP手数料無料、お得な割引特典適用など嬉しいポイントが満載です。

下記記事でワイモバイルの特徴や料金プランなどを詳しく紹介しています。

ソフトバンクでMNP予約番号の発行

ソフトバンク専用お問い合わせ窓口で解約理由や乗り換え先などの確認を答えたあとに10桁の数字のMNP予約番号が発行されます。MNP予約番号を発行してもらうだけで手続き完了です。最短10分で予約番号の発行が可能です。

  1. 乗り換え理由や乗り換え先などのヒアリング
  2. 解除手数料・更新月・解約金の確認(保留にされるケースが多いです)
  3. 乗り換えを引き止めるための特典やキャッシュバック特典の提案(ない場合もあります)
  4. SMSでMNP予約番号の発行(SMSで届く)

MNP予約番号は、有効期限と予約番号が記載されたSMSで届きます。ソフトバンクのMNP窓口では、お得なキャッシュバック特典や継続キャンペーン特典などの提案があるケースがあります。もし、乗り換え先の特典よりも安く使えるようなら乗り換えずにソフトバンクを使い続けるという判断も良いと思います。

しかし、契約更新をすると月々の料金が高くなったり、他社に乗り換えたほうがお得になるケースが圧倒的に多いです。特に格安SIMへの乗り換えだったら、そのままMNP予約番号発行まで進めるのが得策です。

■ソフトバンクのMNP予約番号発行時の備考

予約番号の発行手数料 無料
発行時間 最短10分
MNP予約番号の発行方法 口頭で10桁の番号を説明
SMSでMNP予約番号が届く
MNP予約番号の有効期間 15日間
備考 契約者本人から電話
予約番号発行後 MNP予約番号発行後は契約プランの変更不可
MNP予約番号発行後は携帯端末の故障対応が不可

乗り換え先でMNP予約番号の申請

乗り換え先でMNP予約番号を申請(転入手続き)すれば完了します。家電量販店などで携帯の乗り換えを行うと、その場で店頭スタッフがMNP予約番号の発行サポート・MNP予約番号の申請を行ってくれます。

格安SIMで契約する場合は、店舗がないケースが大半です。会社によって異なりますが、申込み後、SIMカード(SIMカードと格安スマホセット)が自宅に届いた後に会員ページでMNP予約番号を入力する流れとなります。なお、乗り換え先でMNP予約番号を申請するときは、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。

■MNP転入に伴い必要になる書類(転入先の会社によって異なります)

  • 運転免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類(事業者によって対象書類が異なります)
  • 料金支払いで登録するクレジットカード
  • MNP予約番号

ソフトバンクのMNP注意点

スマホとパソコンを使う男性
MNPを行う時の注意点を確認していきましょう。

15日以内に乗り換え先で申請手続きを行う

MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間です。家電量販店やキャリアショップで手続きを行う場合は問題ありませんが、格安SIMの公式サイトから申し込む場合は、SIMカードの到着に時間がかかります。各社、おおよそ1週間の余裕を持った状態で進めると良いです。

有効期限が切れた場合は、再申請する流れとなるので面倒な手間を増やさないように気をつけてください。

MNP予約番号発行後のプラン変更不可・端末の修理対応不可

MNP予約番号は他社への乗り換え直前に行うことをおすすめします。なぜなら、MNP予約番号を発行したあとはプラン変更が不可能になります。また、スマホ端末の故障・修理対応もできなくなります。これらの注意点はMNP予約番号発行の窓口で説明される内容です。

スマホ料金の二重払いに注意

ソフトバンクの料金は10日締め、20日締め、月末締めの3パターン存在します。例えば、ソフトバンクの請求が20日締めの場合、21日にソフトバンクのMNP予約番号を発行して他社への転入手続きを行うと、翌月分丸々支払いが発生します。

乗り換え先の使用量も請求が行われるため、2ヶ月分の携帯料金を支払う月が発生します。月々の生活費がギリギリの人は二重払いに注意しましょう!

解除手数料がかからないタイミングでMNP

ソフトバンクでは、更新月を含む合計3ヶ月間が解約金が不要になるタイミングです。このときにMNPすれば、無駄な違約金を支払わずに乗り換えできます。

2019年10月1日以降にソフトバンクで契約する人は、解約金0円・契約期間の縛りなしで契約できるように変更になりました。解約金・更新期間の縛り無しで乗り換えできるので解除手数料の計算などが不要です。

新機種発売時の乗り換えで割引適用

iPhoneの最新機種、海外製スマホの新機種発売時は昔の端末が割引されて販売されたり、新規契約で通信量がお得になるケースもあります。新機種発表後にMNP手続きを行えば、お得に携帯電話会社の乗り換えや機種変更が可能です。

公式ページに移動する

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法とMNPの注意点を紹介しました。

MNP予約番号を発行する手順は非常に簡単です。今までMNP手続きがよく分からなくて乗り換えを躊躇していた人は、この機会に格安SIMに乗り換えてください!

本記事で紹介した情報を最後に要約してまとめます。おさらいしましょう!

■本記事のポイント

  • MNP予約番号を発行して乗り換え先でMNP番号を申請するだけで乗り換えできる
  • 格安SIMでもMNP乗り換え可能
  • ワイモバイルへの乗り換えならお得な割引が適用される

投稿者名: スマツー編集部 キャリア

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す