日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

ソフトバンク回線の人気格安SIM5選!ソフトバンクからの乗り換え手順・注意点

格安SIM

  更新日:2020.08.31 

格安SIM スマホを使う男性

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

本記事では、ソフトバンク回線の人気格安SIMとソフトバンクからの乗り換え手順を紹介していきます。

ソフトバンク回線からソフトバンク回線を使用している格安SIMへの乗り換えを検討している人は多いですよね。格安SIMを利用すればソフトバンクの月々の携帯料金を半額以下に抑えることも可能です。さらにソフトバンクで購入したスマホ・iPhoneもSIMロック解除不要で乗り換えできる点も大きなメリットです。

ソフトバンクからの乗り換え方法も簡単なので、ソフトバンク回線の格安SIMが気になっている人は要チェックです!

  • ソフトバンクからソフトバンク回線の格安SIMへの乗り換えはSIMロック解除不要
  • ソフトバンク回線の格安SIMでもiPhoneは使える
  • ソフトバンク回線の格安SIMならワイモバイルがおすすめ

ソフトバンク回線の格安SIM比較

ソフトバンク回線の格安SIM比較
ソフトバンク回線を使用している主な格安SIMは以下の通りです。

格安SIM各社は、ソフトバンクの通信回線を借り受けてサービスを提供しています。ソフトバンク回線が利用できる格安SIMは少ないので、価格の安さ・利便性の良さに定評があるワイモバイル・mineo・LINEモバイルなどを利用してください。

  • ワイモバイル
  • mineo
  • LINEモバイル
  • nuroモバイル
  • QTモバイル
  • b-モバイル
  • U-モバイル
  • ロケットモバイル
  • H.I.S.モバイル
  • スマホドックモバイル

ソフトバンクからの乗り換えで特に人気が高いワイモバイル、mineo(マイネオ)、LINEモバイル、nuroモバイル、QTモバイルの料金や特徴を一覧表にまとめたので、比較してみましょう。

格安SIM名 ワイモバイル mineo LINEモバイル nuroモバイル QTモバイル
音声通話SIM料金プラン
(3GB)
スマホプランS
1,980円
Sプラン
1,950円
SNSデータフリープラン
1,760円
Sプラン(2GB)
1,680円
データ+通話コース
1,240円
通話料金 無料
(1回10分間)
20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
購入可能iPhone iPhone 7
iPhone 6s
iPhone SE
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s iPhone 8
iPhone SE

格安SIM5社を比較してみると、料金プランに大きな差はありません。しかし、通話料金と購入可能iPhoneを見てみると違いが明らかです。

通話料金に関してはワイモバイルのみ、10分まで通話料金無料です! 通話の面ではワイモバイルが他4社よりも頭一つ抜けていると評価できます。他4社は一律30秒20円という料金なので、お得に通話するならワイモバイルです。

販売しているiPhoneで比べてみると、各社取り扱いiPhoneが違います。人気のあるiPhone 7はワイモバイルのみ、mineoではiPhone8シリーズを販売しています。iPhone SEはワイモバイルと、QTモバイルのみが取り扱いしています。

iPhoneを格安SIMで購入すると安く購入できるので、格安SIMで販売しているiPhoneの機種で比較するのも一つの方法です。ただし、格安SIM各社のiPhoneは時期・在庫によって取り扱っているiPhoneが異なります。また、各社SIMフリーiPhoneとして販売されていますが、ワイモバイルのみSIMロックがかかっています。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM

続いて、ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを紹介します。ソフトバンク回線の格安SIMなら、ソフトバンクを現在使っている人は、SIMロック解除しなくても乗り換え可能です。

今iPhoneを使っている場合も、格安SIMで問題なく使えます。大半の格安SIMがiPhone 6s以降の機種であれば問題なく使えます。

もちろん、iPhone 6s以前の機種に対応している格安SIMもあるので、詳しくは各格安SIMの公式サイトで確認してくださいね。ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを見ていきましょう!

ワイモバイル

ワイモバイル
ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして提供している格安SIMです。ソフトバンクと同等品質の通信回線と速度が期待できる上に、ソフトバンクの月額料金の半額以下でソフトバンク並みのサービスが受けられます。

全国に約1,000店舗あるワイモバイルショップはもちろん、約4,000店舗あるソフトバンクショップでも対応してくれるので、ワイモバイルは全国どこでも対面のサービスが受けられるのが魅力です。

また、通話を頻繁にする人は、ワイモバイルを利用すれば1回10分まで通話無料なので気軽に電話できますよ。プライベートだけでなく、ビジネスでもワイモバイルは使い勝手が良いです。

■ワイモバイルのスマホプランの月額料金

スマホ ベーシックプラン S M R
データ容量 3GB 10GB 14GB
通話 1回10分以内なら電話かけ放題
月額料金 基本 2,680円 3,680円 4,680円
新規割適用
(翌月から6ヶ月間)
1,980円 2,980円 3,980円
参照:ワイモバイルの新料金プラン

ソフトバンクと同様のサービスを受けたい人にピッタリなのがワイモバイルです!

公式ページで購入する

▼ ワイモバイルについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

mineo

mineo
mineoはドコモ、au、ソフトバンク全ての回線が使えます。しかし、回線によってサービスが多少異なります。

ソフトバンクだったら通常有料の留守番電話サービスが無料で使えるので、筆者は最もサービスが良いのは、ソフトバンク回線のSプランだと評価しています!

500MB〜30GBまで柔軟な料金プランを選択できます。スマホをあまり使わない人向け、大容量データで動画やゲームを心ゆくまで楽しみたい人向けの料金プランが用意されている点もmineoが高評価を得ているポイントです。

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円
参照: mineo ソフトバンクプラン(Sプラン)

他にも家族・友人内だけでなく、mineoユーザー全員でパケットをシェアできるフリータンク機能も使えるので、月のデータ通信容量が無くなってしまっても、データシェアしてもらえば大丈夫ですよ。

総合力が高くSIMカードを差し替えるだけですぐに利用できるmineoの公式サイトをチェックしてください!

公式ページで購入する

▼ mineoについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

LINEモバイル

LINEモバイル
LINEモバイルは、ベーシックプランに以下2つのデータフリーオプションを追加するシンプルな料金体系となっています。

  • SNSデータフリーオプション(月額280円)
  • SNS音楽データフリーオプション(月額480円)

筆者としては、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICが使い放題になる月額480円のSNS音楽データフリーがおすすめです。

SNS音楽データフリープランだと、主要SNSであるLINE、Twitter、Facebook、Instagram使用時のデータ通信量がカウントされません。すなわち、無制限でSNSができます!

データ容量 データSIM (SMS付き) 音声通話SIM
500MB 600円 1,100円
3GB 980円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円

SNSを頻繁に活用する人は、LINEモバイルのベーシックプランにSNS音楽データフリーオプションの追加がおすすめです。LINEモバイルでお得にSNSを活用して月々の携帯料金を大幅に削減しましょう!

公式ページで購入する

▼ LINEモバイルについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

nuroモバイル

nuroモバイルは、データの前借りサービスがお得です。スマホの使用量は毎月一定している訳ではなく、使う月はとことん使い、使わない月は全然使わないという人も少なくありません。

nuroモバイルでは月のデータ通信容量を前借りできるので、月のデータ通信容量が無くなっても安心です。また、前借り機能を上手に活用すれば、最低限のデータ容量プランで契約でき、結果的に月のスマホ代の節約に繋がりますよ!

■ソフトバンク回線の料金プラン

プラン名 データ通信量 データ専用 音声通話付き
お試しプラン 0.2GB 500円 1,200円
Sプラン 2GB 980円 1,680円
Mプラン 7GB 2,300円 3,000円
Lプラン 13GB 2,980円 3,680円

参照:nuroモバイル 料金プラン

通話料はかかってしまいますが、国際電話サービスの基本料金が無料なので、たまに国際電話を利用する人も助かります。データの前借りプランを活用したい人はぜひ!

公式ページで購入する

▼ nuroモバイルについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

QTモバイル

QTモバイルは、九州電力株式会社の100%子会社で九州を地盤とした使い勝手が良い格安SIMを提供しています。

QTモバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンク回線が利用できる上に本記事で紹介している格安SIMの中で月額料金が安い点が魅力です。

■データ+通話コース

使用回線 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
1GB 890円 890円 1,140円
3GB 990円 990円 1,240円
6GB 1,690円 1,690円 1,940円
10GB 2,690円 2,690円 2,940円
20GB 4,690円 4,690円 4,890円
30GB 6,690円 6,690円 6,890円

一般的な3GBプランであれば、最初の12ヶ月間は1,240円から使えます! 安くスマホを使いたい人におすすめです。

また、無制限かけ放題オプションもあり、月額2,500円です。キャリアと変わらない無制限かけ放題プランなので、電話を頻繁に使う人は必須ですね。期間限定でデータ容量アップ・割引が適用される「ばり得キャンペーン」も実施しています!

公式ページで購入する

▼ QTモバイルについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

ソフトバンク回線から格安SIMに乗り換える手順

ソフトバンク回線から格安SIMに乗り換える手順
続いて、ソフトバンク回線から格安SIMに乗り換える手順を紹介します。乗り換え手順は大きく分けると、5ステップあります。

  • 乗り換え後に使うスマホを決める
  • 格安SIMの動作確認端末一覧で動作確認済みか確認する(機種変更しない場合)
  • MNP予約番号を発行する
  • 格安SIMを契約する
  • SIMを差し替え、回線切り替え手続きやAPN設定を行う

ソフトバンクから格安SIMに乗り換え後に使うスマホを決めましょう。今使っているスマホをそのまま使うのも良し、機種変更するのも良しです。

今使っているスマホを格安SIMで使う場合は、乗り換え先の格安SIMの公式サイトで動作確認済み端末一覧を確認してください。動作確認済みで無かったら、スマホを変えるか格安SIMを変える必要があります。

電話番号を引き継ぐ場合は、MNP予約番号をソフトバンクで発行してください。MNP予約番号は、電話・My SoftBank(オンライン)・ソフトバンクショップで手続き可能です。MNP予約番号の発行が終われば、ソフトバンクで行う手続きはありません。

下記記事でソフトバンクのMNP予約番号発行の手続方法を詳しく紹介しています。あわせて参考にしてください。

次に乗り換え先の格安SIMでSIMの種類と料金プランを選びましょう。ネットで簡単に契約できるので、わざわざ店舗に足を運ぶ必要はありませんよ。

最後に自宅にSIMが届くので、ソフトバンクで使用していたSIMから格安SIMに差し替えて、MNP転入手続き(回線切り替え)とAPN設定を行えば乗り換え完了です! 他社への回線切り替えが完了したら、ソフトバンクを解約完了です。

下記記事でAPN設定の方法を詳しく紹介しています。あわせて参考にしてください。

ソフトバンク回線を乗り換えるときの注意点・ポイント

ソフトバンク回線を乗り換える時の注意点とポイントを紹介します。実際に乗り換える前に注意点を把握しておけば、スムーズに乗り換えができるので、しっかりチェックしておきましょう。

ソフトバンクのiPhone・スマホを利用する場合はSIMロック解除

ソフトバンクiPhoneまたはAndroidスマホを利用する場合は、SIMロックを解除しましょう。ソフトバンク回線であればSIMロック解除なしでも使用できますが、SIMロック解除をしておくと、他の回線や海外でも使用できます。

SIMロック解除しても、デメリットは一切ありません。オンラインだったら手続きも無料です。ソフトバンクiPhone・Androidスマホは、事前にSIMロック解除を行っておくことを推奨します。

音声通話SIMかデータSIMを選ぶ

格安SIMで契約できるSIMにはいくつか種類がありますが、簡単に言えば、電話ができるかできないかの違いです。

電話を使う人や電話番号を持ちたい人は、音声通話SIMを選びましょう。通話はLINEなどのアプリで行い、090/080/070の電話がかかってこないならデータ専用SIMで問題ありません。

あなたのスマホの使い方によって、どちらのSIMが最適か選んでくださいね!

MNP有効期限は15日間

電話番号を引き継ぐために必要なMNP予約番号の有効期限は15日間です。有効期限を過ぎてしまったら、再度MNP予約番号を発行する必要(再発行手数料は無料)があります。

また、格安SIMによって契約の際に必要なMNP期間(MNP転入手続き・事務手続きなど)は異なります。

余計な手間をかけないためにも、MNP予約番号を発行したら、すぐに格安SIMに乗り換える手続きをしましょう。

MNP有効期限が切れた後、すぐに再発行手続きをすると即日でMNP予約番号を発行できないケースもあります。

まとめ

ソフトバンク回線の人気格安SIMと、ソフトバンクからの乗り換え方法を紹介しました。

ソフトバンク回線で人気の格安SIMはそれぞれ異なる魅力を持っていますが、料金やサービスなど総合的な観点から見ると、ワイモバイルが最もおすすめです!

ソフトバンクの子会社なので、安心感が高いだけでなく、通話料が無料になるサービスが料金プランに含まれているのは、お得としか言いようがありません。

ソフトバンクからの乗り換えも簡単なので、ソフトバンク回線の格安SIMを使うなら、ワイモバイルで月のスマホ代を節約しましょう!

最後に本記事をおさらしておきます。

■本記事のポイント

  • ソフトバンクからソフトバンク回線の格安SIMへの乗り換えはSIMロック不要
  • iPhoneはソフトバンク回線の格安SIMでも使えて、購入もできる
  • ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるのは、とても簡単
  • SIMの種類やMNPの有効期限など気をつけないといけない点が多いので、乗り換えは素早くやるのがおすすめ
  • ソフトバンク回線の格安SIMなら、ワイモバイルが最もお得

投稿者名: スマツー編集部 格安SIM

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す