メールマガジンの登録受付を開始しました
スマツー ロゴ

キャリア別のテザリング料金一覧!オプション申し込みの必要性を解説

スマホ

  更新日:2019.12.23 

スマホ テザリング料金

利用しているiPhoneやAndroidスマホに受信している電波を、スマホ同士はもちろん、タブレットやiPad、パソコンなどに電波を飛ばしてWi-Fiルーターのようにして使用できるテザリング

インターネット環境がない場所で、インターネット接続機器を使うのに便利なオプションですが、ドコモ、au、ソフトバンクや格安SIMでは料金が異なります。

本記事ではキャリア別のテザリング料金と、申し込みが必要なのかどうか、テザリングの設定方法をまとめて紹介します。

各キャリアや格安SIMのテザリング料金が知りたい人はぜひチェックしてください。

  • テザリングの料金はキャリアや料金プランによって異なる
  • 格安SIMは基本的にテザリング料金無料かつ申し込み不要で利用できる
  • テザリングを利用する際は通信制限に注意が必要

キャリア別テザリング料金の比較

テザリング

ドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアと、mineo、UQモバイル、ワイモバイルの人気の格安SIMのテザリングについて調べました。

下記の表はテザリング料金、申し込みの有無、テザリング通信量の上限をまとめた表です。

キャリア名 テザリング料金 申し込みの有無 テザリング通信量の上限
ドコモ 0円 × ×
au 0円もしくは500円
ソフトバンク 0円もしくは500円 ×
mineo 0円 × ×
UQモバイル 0円 × ×
ワイモバイル 0円 × ×

上記の表を確認すると、auとソフトバンク以外はテザリング料金は0円で申し込みも不要で利用できます。

auとソフトバンクはプランによっては0円で使えますが、有料(いずれも500円)の月額料金がかかる場合があり、いずれの場合もテザリングオプションの申し込みが必要です。

本記事で紹介したmineo、UQモバイル、ワイモバイルのほかに楽天モバイルや下記のような格安SIMもテザリング料金は無料で利用できます。

  • BIGLOBEモバイル
  • LINEモバイル
  • BIC SIM
  • IIJmio

上記は一例であり、そのほかの格安SIMもほとんどがテザリング料金の費用は必要ありません。

テザリングはテザリングのみの通信量の上限は設けられていませんが、テザリングを使っている最中も月間で決められている通信データ量を消費していきます。

月間データ量を超過すると、通常のインターネット通信もテザリングを使ったインターネット通信も通信制限にかかってしまうので注意してください。

ドコモ

ドコモのテザリングは月額料金無料・申し込み不要で利用でき、いつまでなどの期間も設けられていません。

契約プランにも特別な指定はなく、新プランの分離プランになる前のプランを契約している人も月額料金無料・申し込み不要です。

ドコモのスマホを契約している人は、自動的にテザリングオプションが追加されていることとなるので、申し込みをせずに今すぐテザリングを利用できます。

通信量は契約しているプランのデータ量までは通常通り利用できますが、月間データ量を超えると通信制限になるので注意してください。

もしテザリングを頻繁に使ったり、テザリングを使って重い通信を頻繁に行ったりする場合は、スマホの契約プラン自体を大容量のプランに変更すると安心して利用できます。

au

auのテザリングは契約している料金プランによってテザリングが無料で使えるプランと月額500円がかかるプランがあります。

下記に0円で利用できる料金プランと500円の月額料金がかかる料金プランをまとめたので確認してください。

テザリングの料金 料金プラン名
0円 ・auデータMAXプラン Netflixパック
・auデータMAXプランPro
・auフラットプラン7プラスN
・新auピタットプランN
・auピタットプランN(s)
・カケホ(ケータイ)/スーパーカケホ(ケータイ)
・VKプラン/VKプランS/VKプランM
・LTEプランS
500円 ・auフラットプラン20N/25 NetflixパックN
・タブレットプラン20

上記の表を確認すると現在受付中のauの料金プランの場合は「auフラットプラン20N/25 NetflixパックN」と「タブレットプラン20」のみ月額500円が必要ですが、他のプランは無料でテザリングが利用できます。

現在受付を終了しているプランに関してはau公式サイトをご覧ください。

有料プランを利用している場合テザリングの申し込みを月の途中から行った場合であっても、月額料金の日割りは行われず、いつ申し込んでも1ヶ月につき500円の料金が必要となるので注意してください。

無料で使えるプランを利用している場合でも、そうでない場合でもテザリングを利用するためには申し込みが必要です。

申し込みは、原則当日から適用となりますが、My auで20時以降に申し込んだ場合のみ翌日からの適用となります。

テザリングでの通信のみでの通信制限は原則設けられていませんが、下記の料金プランを利用している人は制限あります。

料金プラン名 制限
・auデータMAXプランPro
・auデータMAXプラン
テザリング、データシェア、世界データ定額合計で20GB
auデータMAXプランNetflixパック テザリング、データシェア、世界データ定額合計で2GB

上記以外のいずれのプランも月間で決められているデータ量を超過すると通信制限にかかるので注意してください。

ソフトバンク

ソフトバンクのテザリングは契約している料金プランによってテザリングが無料で使えるプランと月額500円がかかるプランがあります。

下記に0円で利用できる料金プランと500円の月額料金がかかる料金プランをまとめたので確認してください。

テザリングの料金 料金プラン名
0円 なし
500円 ・データプラン50GB+
・データプランミニ
・データプラン1GB(ケータイ)
・データプラン100MB
・データ定額スマホデビュー

現在新規申し込み受付中のソフトバンクの料金プランはすべて月額料金が500円かかるプランとなっています。

過去のプランの中には無料で使える料金プランもあるので、ソフトバンク公式サイトで確認してください。

ソフトバンクのテザリングオプションはいずれの場合も申し込みが必要です。

申し込みはMy SoftBankやソフトバンクショップで申し込みが可能で、申し込み当月は日割り計算で請求がされます。

テザリングでの制限は設けられていませんが、決められている月間データ量を超えると通信速度制限にかかるので注意してください。

テザリング料金無料のおすすめ格安SIM

上記で紹介した通り、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアだけでなく、格安SIMでもテザリングが利用できます。

ここではテザリング料金が無料の格安SIMを厳選して紹介していきます。

mineo

mineo

mineoはドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応している格安SIMです。

テザリングはプランに関係なく月額無料。申し込み不要で利用できますが、月間データ量を超えると通信速度制限にかかってしまうため、mineoでテザリングを利用する場合は下記のプランがおすすめです。

データ量 Aプラン(au) Dプラン(ドコモ) Sプラン(ソフトバンク)
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円

テザリングを利用するとデータ量を消費するため10GB以上使える大容量プランがおすすめです。

mineoには節約モードが用意されており、通信速度が最大200Kbpsに制限される代わりに月間データ量を消費しないで使えるというメリットがあります。

ただし節約モードは通信速度が遅いので、動画視聴やインスタの閲覧など重い通信は向いていません。

軽いテザリングであれば節約モードでも十分に使えるので、節約モードをうまく活用してデータ量を節約しながらテザリングが使えて便利です。

UQモバイル

UQモバイル

プランS プランM プランL
データ容量 3GB 9GB 14GB
かけ放題 月額1,700円の24時間かけ放題プランを別途契約
月額700円の1回10分かけ放題プランを別途契約
月額500円の1ヶ月60分間利用できる通話パックを別途契約
月額料金 通常 1,980円 2,980円 3,980円
UQ家族割 適用時 1,480円 2,480円 3,480円
参照: UQモバイルの新料金プラン

UQモバイルでテザリングを利用する場合は、9GBまで使えるプランMや14GBまで使えるプランLの大容量プランがおすすめです。

テザリングは無料かつ申し込み不要で利用できますが、テザリングだけに限らず月間データ量を超えると通信速度の制限がかかります。

UQモバイルには節約モードが用意されており送受信最大300Kbpsに通信速度が制限される代わりに、月間データ量を消費せずに利用できます。

画像、テキストが中心のSNSや音楽のストリーミング、ネット検索程度の軽い通信であれば節約モードでも十分に利用可能です。

通常の通信と節約モードをうまく使いこなすことで月間データ量を節約しながら利用できます。

ワイモバイル

ワイモバイル

スマホ ベーシックプラン S M R
データ容量 3GB 9GB 13GB
通話 1回10分以内なら電話かけ放題
月額料金 基本 2,680円 3,680円 4,680円
新規割適用
(翌月から6ヶ月間)
1,980円 2,980円 3,980円
参照:ワイモバイルの新料金プラン

ワイモバイルでテザリングを利用する場合は、9GBまで使えるMや14GBまで使えるRの大容量プランがおすすめです。

テザリングは無料かつ申し込み不要で利用できますが、テザリングだけに限らず月間データ量を超えると通信速度の制限がかかります。

ワイモバイルには他の格安SIMにあるような節約モードはないため、通信制限には注意が必要です、

ワイモバイルには「Yahoo! JAPAN」などのサービスを使ってマイルを貯めると貯まったマイルに応じて追加のデータ容量をもらえるサービスや、月額500円でデータ容量を増やせるオプションがあるので、データ量が足りない場合は活用してください。

テザリングの設定方法【iPhone・Android】

テザリングの方法

テザリングを使うには設定が必要となります。

iPhoneとAndroidではやり方が異なるため、下記の表を参照に設定をしてみてください。

iPhoneの場合 Androidの場合
設定方法 1.設定アプリを開く
2.「インターネット共有」>インターネット共有をオンにする
3.「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップする
4.接続したい機器でパスワードを入力して接続
1.設定アプリを開く
2.「無線とネットワーク」>「テザリングとポータブルアクセス」>「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」
3.アクセスポイントを設定する
4.Wi-Fiアクセスポイントをオンにする
5.接続したい機器でパスワードを入力して接続

iPhone、Android別のテザリング設定方法の詳細は下記の記事をご覧ください。

まとめ

本記事ではキャリア別のテザリング料金と、申し込みが必要なのかどうか、テザリングの設定方法をまとめて紹介しました。

テザリングは契約している携帯会社や料金プランによって無料・有料や申し込みの有無が異なります。

今使っている携帯会社や料金プランを確認して、自分の契約の場合テザリングを契約するにはどうしたらいいのかを本記事を参考に確認してください。

テザリング利用中は月間データ量を消費するため、大容量のデータを使えるプランを契約したり、格安SIMであれば節約モードを活用したりして、通信制限に気をつけて使用してください。

最後に本記事のおさらいをしてテザリングについて理解を深めましょう。

  • ドコモはどのプランを契約しても無料かつ申し込み不要で利用できる
  • auは料金プランにより月額500円が必要で、申し込みが必須
  • ソフトバンクは現行プランはすべて月額500円と申し込みが必須
  • mineo、UQモバイル、ワイモバイルをはじめとする格安SIMのほとんどはテザリング無料かつ申し込み不要
  • テザリングは利用する際は設定アプリから設定が必要
  • テザリングを利用する場合は通信制限に注意
  • 節約モードを利用すれば通信速度は制限されるが月間データ量は消費されない
  • 節約モードは速度が遅いので重い通信には向かない

投稿者名: missan スマホ