日本全国配送料無料
スマツー ロゴ

かけ放題や通話定額プランがある格安SIM10社!料金プラン・使い勝手

格安SIM

  更新日:2020.08.31 

格安SIM スマホを使う男女

かんたん格安SIM比較 | お得な格安SIMはこれ!

UQ mobile

UQ mobile

Y!mobile

Y!mobile

BIC SIM

BIC SIM

格安SIMのかけ放題プランは、毎月定額で電話がかけ放題になるお得なプランです。

24時間無制限で何回も電話ができる完全かけ放題のプランや、何度でも10分かけ放題・5分かけ放題など、長時間の電話や短時間の電話まで、それぞれのライフスタイルに合わせてお得に使うことができます。

本記事では通話定額プランの音声通話SIMについて、各MVNOとキャリアの料金を比較しながら紹介していきます。

  • 格安SIMの通話定額プランは無制限と10分以内・5分以内のかけ放題がある
  • 専用の通話アプリから発信するかけ放題プランが多い
  • キャリアのかけ放題プランと比較すると圧倒的に安い

かけ放題・通話定額プランの特徴

通話かけ放題
格安SIMには通話定額サービスとして、お得な料金で電話ができる通話かけ放題プランがあります。

キャリアスマホでも通話かけ放題のプランがありますが、料金を比較すると、格安SIMの場合は月額料金が50%以上安いです。

かけ放題・通話定額プランの特徴は下記の通りです。

では、格安SIMの通話かけ放題プランについて詳しく紹介していきます!

キャリアよりも安く通話ができる

キャリアの場合、かけ放題プランを使うと、基本のデータ使用料に加えて、有料オプションとして月額2,000円〜3,000円ほどかかります。

一方、格安SIMのかけ放題プランなら、データ通信料を含めても月額2,000円〜と、圧倒的に安く使えます。

また格安SIMの専用通話アプリを使って電話をすれば、通常の通話料が30秒で20円のところ、30秒で10円と、半額の料金で通話可能です。

普段の生活で電話をする機会が多い人は、格安SIMのかけ放題プランに乗り換えた方が月々のスマホ料金を安くできますよ!

10分以内のかけ放題と無制限の完全かけ放題がある

格安SIMでは1回10分以内のかけ放題と、時間や回数が無制限の完全かけ放題の2つのパターンがあります。

基本的に相手のキャリアは関係なく、誰に対してもかけ放題の対象になります。

MVNOによっては家族間の通話が無料になったり、同じ通話アプリを使えば通話無料になるサービスがあります。また、5分以内だったら国内通話がかけ放題のサービスも提供されています。

電話アプリ(プレフィックス)による通話が多い

格安SIMで電話をする方法は、通常ダイヤルの他に、格安SIMごとに提供されている専用通話アプリ(プレフィックス)を使った方法があります。

プレフィックスとは、電話番号の先頭に決められた番号をつけて発信する方法のことで、例えば非通知で発信する時に先頭に「184」をつける方法と同じです。

格安SIMでは専用アプリからダイヤルすることで、自動的にプレフィックス番号をつけて発信する仕組みになっています。着信を受ける側は、通常の電話番号が表示されるので、不審に思われることはありません。

以下の表では、通常通話、プレフィックス、IP電話のメリットとデメリットをまとめました。

特徴 通常通話 プレフィックス IP電話
メリット 通話品質が安定 通話料が安い 通話料が安い
デメリット 通話料が高い 専用アプリが必要 緊急電話ができない
通話品質が低い

キャリアスマホは電波が最も安定しているので、通話音質はいいですが、料金が高いデメリットがあります。

一方、格安スマホの電話アプリ(プレフィックス)では、通話料が半額になる格安SIMもあり、月々の電話料金を安く抑えることができます。

IP電話(050番号)は通話料が安いメリットがありますが、インターネット回線を使った電話なので、通話品質はやや劣ります。

IP電話は、110番や119番などの緊急通報ができないのがデメリットです。携帯2台持ちをする場合はIP電話でも十分ですが、メインのスマートフォンとして使うには、あまりおすすめできません。

かけ放題対象外の通話がある

定額のかけ放題プランに加入していても、以下の場合は、かけ放題の対象外になります。

  1. 国際電話
  2. ナビダイヤル
  3. 通話アプリから発信しなかった場合

基本的に、国際電話や、0570番号から始まるナビダイヤルは、かけ放題の対象外になります。

また専用の通話アプリから発信しなかった場合も、かけ放題の対象外になるので注意しましょう。

かけ放題・通話定額がある格安SIM10社を徹底比較

スマホの速度を比較
通話かけ放題プランについて、人気がある格安SIMの料金プランを比較していきます。それぞれのかけ放題プランの内容や、月額料金、通話方式をみていきましょう。

かけ放題プランを格安SIM10社で比較

以下の表では、かけ放題プランのある格安SIMの料金を比較しました。

特徴 BIC SIM UQモバイル ワイモバイル LINEモバイル mineo BIGLOBEモバイル 楽天モバイル イオンモバイル OCNモバイル ONE U-mobile
かけ放題プラン 10分
830円
10分
700円
10分無料
1,000円 無制限
10分
880円
10分
850円
10分
830円
0円 無制限(IP電話)
1,500円
10分
850円
新規受付終了
月額料金 6GB
980円
3GB
1480円
3GB
1480円
3GB
1,480円
3GB
1,510円
3GB
1,600円
2,980円 2GB
1,380円
3GB
1,480円
新規受付終了
通話方式 アプリ アプリ不要 アプリ不要 アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ 新規受付終了

UQモバイルとワイモバイルはアプリ不要で、それ以外の格安SIMは専用の通話アプリが必要です。

無制限のかけ放題プランがあるのは、ワイモバイルとイオンモバイル(IP電話かけ放題)のみです。

通話定額プランを格安SIM4社で比較

通話定額プランとは、毎月決められた通話時間内の電話料金が通常料金よりも安くなるプランです。

MVNOによって「通話定額プラン」や「通話パック」というプラン名で呼ばれています。

では、通話定額プランのある格安SIMを比較してみましょう。

特徴 UQモバイル mineo BIGLOBEモバイル U-mobile
通話定額プラン 最大60分無料
500円
30分840円/月
60分1,680円/月
60分600円/月
90分830円/月
60分800円/月
月額料金 3GB
1480円
3GB
1,510円
3GB
1,600円
3GB
1,580円
通話方式 アプリ不要 アプリ アプリ アプリ

最安はUQモバイルのスマホプランS(3GB1480円〜)です。

UQモバイルは別途プラス700円で1回10分の電話が何度でもかけ放題と500円で60分かけ放題の通話パックが選べます。

その他、mineo、BIGLOBEモバイル、U-mobileも有料オプションとして通話定額プランがあります。
最大30分から90分の通話時間から選べるので、ライフスタイルに合わせてお得に電話をすることができますよ。

かけ放題をキャリアと格安SIMで比較

定額のかけ放題プランについて、大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)と、格安SIM(BIC SIM)で料金比較をしました。

特徴 BIC SIM ドコモ ソフトバンク au
かけ放題
月額料金
1回10分以内
830円
無制限
2,200円
無制限
1,500円
無制限
2,700円
月額基本料金 6GB
980円
5GB
5,000円
5GB
5,480円
5GB
5,480円

キャリアのかけ放題プランは、24時間いつでも無制限で国内通話がかけ放題という特徴があります。
しかし、1回の通話時間が10分以内で済むなら、圧倒的にBIC SIMが安いです。

スマホの基本料金を比較しても、格安スマホがいかに安いかわかります。

さらに格安SIMでも、通話が無制限かけ放題になる定額プランを提供しているMVNOがあります。

格安SIMでも音声品質が安定していて使いやすいSIMはたくさんあるので、スマホ料金を安くするなら今すぐ格安SIMに乗り換えましょう!

無制限・完全かけ放題がある格安SIM

通話無制限かけ放題の定額サービスがある格安SIMは以下の通りです。

ワイモバイル

ワイモバイル
ワイモバイルは月額1,000円で、24時間いつでも何時間でも通話がかけ放題です。

■料金プラン

スマホ ベーシックプラン S M R
データ容量 3GB 10GB 14GB
通話 1回10分以内なら電話かけ放題
月額料金 基本 2,680円 3,680円 4,680円
新規割適用
(翌月から6ヶ月間)
1,980円 2,980円 3,980円
参照:ワイモバイルの新料金プラン

相手のキャリアを問わず電話がかけ放題なので、通話相手がキャリアスマホでも、格安スマホでも、固定電話でも、完全かけ放題になります。

時間を気にせずにゆっくり電話をしたい人や、家族や友達と長時間電話をすることが多い人におすすめです!

公式ページで購入する

▼ ワイモバイルについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルでは月額料金1,500円で、050番号のIP電話が完全かけ放題で使えます。
国内通話なら24時間いつでも誰にでもかけ放題で、データ通信のみの料金プランでも使えます。

■料金プラン

データ容量 音声プラン データプラン シェア音声プラン
500MB 1,130円 - -
1GB 1,280円 480円 -
2GB 1,380円 780円 -
4GB 1,580円 980円 1,780円
6GB 1,980円 1,480円 2,280円
8GB 2,680円 1,980円 2,980円
12GB 3,280円 2,680円 3,580円
20GB 4,680円 3,980円 4,980円
30GB 5,680円 4,980円 5,980円
40GB 6,980円 6,480円 7,280円
50GB 8,980円 8,480円 9,280円
参照: イオンモバイル 料金プラン

ただし、050通話(IP電話)のため緊急通報ができないデメリットがあり、メインのスマホとして使うには不安があります。

格安SIMで無制限の完全かけ放題プランを選ぶなら、ワイモバイルが最もおすすめです。

公式ページで購入する

▼ イオンモバイルについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

10分電話かけ放題がおすすめの格安SIM

1回10分以内の電話がかけ放題の格安SIMは以下の通りです。

BIC SIM

BIC SIM
BIC SIMでは2種類のかけ放題プランがあります。

・月額600円のかけ放題プラン
家族間:10分以内
誰でも:3分以内

・月額830円のかけ放題プラン
家族間:30分以内
誰でも:10分以内

BIC SIMでは、同一契約者名義の家族間の通話がお得になるメリットがあります。
月額830円のかけ放題プランの場合、基本は1回10分以内ですが、家族間だと30分もかけ放題です。

■料金プラン

データ通信SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
ミニマムスタートプラン
3GB
900円 900円〜 1,600円
ライトスタートプラン
6GB
1,520円 1,520円〜 2,220円
ファミリーシェアプラン
12GB
2,560円 2,560円〜 3,260円
参照: BIC SIMの料金プラン

通話は専用のアプリを使って発信すると、かけ放題の対象になります。iPhoneとAndroidのどちらにも対応しているので、誰でも使いやすいですよ。

スマツーストアで購入する

▼ BIC SIMについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

ワイモバイル

ワイモバイル
ワイモバイルでは1回10分以内の無料通話が基本サービスとして含まれています。
オプション不要で10分以内の通話が無料なのは、業界の中でもトップクラスのサービスです。

スマホプランなら契約する料金プラン問わず、誰でも10分かけ放題なので、普段から電話をする頻度が多い人にはかなりおすすめです。

さらに月額1,000円で24時間いつでも何時間でもかけ放題になる定額プランもあります。
長時間電話する機会が多い人や、仕事の電話で法人契約する人にもおすすめです。

公式ページで購入する

mineo

mineo
mineoは「mineoでんわ」のアプリを使った通話が、月額850円で10分かけ放題になる定額サービスがあります。

■料金プラン

ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,400円 700円 1,310円 790円 1,750円
3GB 900円 1,600円 900円 1,510円 990円 1,950円
6GB 1,580円 2,280円 1,580円 2,190円 1,670円 2,630円
10GB 2,520円 3,220円 2,520円 3,130円 2,610円 3,570円
20GB 3,980円 4,680円 3,980円 4,590円 4,070円 5,030円
30GB 5,900円 6,660円 5,900円 6,510円 5,990円 6,950円
通話料 20円/30秒
参照: mineoの料金プラン

mineoの電話は、アプリから発信すると通話料が通常の半額(10円/30秒)になるので、月に40分以上電話する人は、かけ放題プランをつけた方がお得に使えます。

公式ページで購入する

▼ mineoについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

ガラケー向けのかけ放題プランがある格安SIM

スマートフォンだけでなく、ガラケー向けのかけ放題を提供しているMVNOもあります。

スマホの操作に慣れない高齢者の方や、ビジネスで携帯電話2台持ちをしている人にもおすすめです。

BIC SIM

BIC SIM
BIC SIMでは、SMS機能と音声通話のみ使える「ケータイプラン」が月額920円で提供されています。
データ通信なしのシンプルな料金プランなので、「携帯電話は電話ができればいい」という人におすすめです。

BIC SIMは通信大手のIIJ(みおふぉん)が提供するサービスなので、音声品質も安定していると好評です。110番などの緊急通報や緊急地震速報も使えるので安心してください。

スマツーストアで購入する

ワイモバイル

ワイモバイル
ワイモバイルでは「ケータイプランSS」という通話のみのガラケー向け料金プランがあります。

月額基本料金は934円で、データ通信を使いたい人はパケット定額をつけることでネットが利用できます。

2019年10月以降は2年縛りも撤廃されているのでいつでも解約可能です。

公式ページで購入する

ワイモバイルでは、法人向けにもガラケーの通話料金プランを提供しています。

最安のかけ放題プランを提供する格安SIM

楽天モバイル
最安のかけ放題プランを提供している音声通話SIMは、楽天モバイルです。

楽天モバイルでは月額基本料金2,980円のみでデータ容量無制限・専用アプリでの通話がかけ放題になります。(楽天モバイルで契約すれば、10分間の時間制限なしでかけ放題できます。)

公式ページで購入する

業界の中でも安いプランですが、楽天会員への入会などの必須条件があります。楽天ユーザーなら非常にお得に利用できます。

まとめ

本記事では、格安SIMの通話定額制かけ放題プランについて、MVNOごとに料金比較をして紹介しました。

ぜひ普段の生活を振り返って、どのくらい電話をかけているのか思い出してみてください。
自分にぴったりの通話かけ放題の格安SIMを選んで、毎月の通話料をお得にしましょう!

本記事で紹介した情報は以下のとおりです。

■格安SIMのかけ放題プランのメリット

  • キャリアと比較すると通話料が圧倒的に安い
  • 普段の通話頻度に合わせて通話定額プランを選べる
■おすすめの通話定額プランの選び方

  • 時間を気にせず電話をするなら無制限タイプの定額プラン
  • 短い電話を何度もするなら10分かけ放題の定額プラン
  • データ通信なしの通話かけ放題ならガラケーの定額プラン

投稿者名: スマツー編集部 格安SIM

スマホ × ケースを探す
スマホ × フィルムを探す
スマホ × 充電器を探す
スマホ × ケーブルを探す