人気機種を緊急値下げ!限定SALE開催中
スマツー ロゴ

WiMAXルーター端末の初期設定の手順!圏外・繋がらないときの対処法

モバイルWiFi

  更新日:2020.06.06 

モバイルWiFi WiMAX 初期設定
限定セール限定セール

WiMAXのルーター端末の初期設定はとてもシンプルです。初めて利用する人でも簡単にできるので安心してください。当サイトでは、モバイルルーターとホームルーターに分けて、WiMAXが手元に届いてからインターネットに接続するまでの初期設定手順を紹介します。

後半では、wimax 2+の初期設定をしたもののインターネットに繋がらず圏外となってしまったときの対処法について触れているので、あわせて確認してください。それでは早速、WiMAXルーター端末の初期設定を見ていきましょう。

  • 同梱品の確認を最初に行うこと
  • SIMカード挿入の際は、向きの確認が大事
  • モバイル・ホームルーターどちらも初期設定が簡単で誰でもできる

WiMAXモバイルルーターの初期設定

SIMフリーモバイルルーター

WiMAXモバイルルーターを利用する人に向けて、初期設定の手順を紹介します。

モバイルルーターの初期設定は大きく分けて以下の手順です。

自宅に端末本体が届いたときから電源を入れるまでの流れを詳しくまとめているので、手順を一緒に確認しましょう。

WiMAXが届いたら必要なものがそろっているか確認する

まずはじめに、WiMAXのモバイルルーターが自宅に届いたら同梱品など必要なものが揃っているか確認してください。

一般的に同梱されているものは以下の通りです。

  • ルーター端末本体
  • SIMカード
  • 取扱説明書
  • 保証書

充電に必要なACアダプタは入っておらず、変換ケーブルのみの場合もあります。もし不足品があった場合は同梱の「お問い合わせ情報」を確認して対処しましょう。

基本は同梱されている取扱説明書通りに設定することでインターネットに接続ができます。

ルーター端末にSIMカードを挿入する

同梱品に問題がなかった場合、次にルーター端末本体にSIMカードを挿入します。ここではSpeed Wi-Fi NEXT W06を例に紹介しますので参考にしてください。

W06のSIMカード挿入手順は以下の通りです。

  1. 端末側面にあるスロットカバーを開ける
  2. IC(金属)面を上にし、切り欠き部分で方向を確認
  3. SIMカードをまっすぐ「カチッ」と音がするまで差し込む
  4. スロットカバーを閉じる

SIMカードは台紙から取り外し、SIMカードの向きが正しい向きであることを確認してからSIMスロットに挿入しましょう。正しく装着されていないと端末ディスプレイが圏外表示になります。

SIMカードの挿入は、機器の電源を落とした状態で行ってください。

ルーター端末の電源を入れる

SIMカードの挿入が完了したらルーター端末の電源ボタンを長押しして電源を入れます。

もし電源ボタンを長押ししても端末が起動しない場合は充電不足の可能性があるので、充電後に再度試してください。

電源を入れてからからインターネット接続までの手順は以下の通りです。

  1. 起動後ホーム画面が表示されるので設定ボタンをタップ
  2. 「アップデート」をタップし、最新ソフトウェアがあれば更新を選択
  3. 最新ソフトウェアがなければ戻り、設定ウィザードでSSIDとパスワードを確認
  4. スマホのWi-Fi設定画面に「SSID」と「パスワード」を入力してインターネット接続

SSIDはwimaxの設定画面「SSID情報」からいつでも確認が可能です。また、同梱されているWi-Fi初期設定シールにも記載があります。

接続に用いるSSIDはスマートフォンやパソコン、タブレット、インターネット接続が可能なゲーム機など様々なデバイスで入力すれば接続できます。ただし、ルーター端末ごとに最大同時接続台数が定められているので事前に確認をしましょう。

古い端末から新しいWiMAX端末に機種変更をした際、「Wi-Fiお引越し機能」を使えばこれまで利用していたSSID・暗号化モード・暗号キーを新しい端末に引継ぎできます。この機能は「かんたん設定」から「WiFi設定お引越し」を選び、「WPS」ボタンを押すだけ。対応していない機種もあるので機種変更を行う際は確認しておきましょう。

WiMAXホームルーターの初期設定

SIMカードの差し替え方法

WiMAXホームルーターを利用する人に向けて初期設定を紹介します。

ホームルーターの初期設定は大きく分けて以下のような手順です。

難しい手順はないので、一緒に確認していきましょう。

ルーター端末のSIMカバーを開いてSIMカードを挿入する

自宅にホームルーター端末が届いたら、SIMカバーを開いて同梱されているSIMカードを挿入しましょう。

利用機種ごとにSIMカードの取り付け方法が異なりますが、ここではSpeed Wi-Fi HOME L02を例に紹介します。

  1. 付属カードからSIMカードを取り外す
  2. 端末底面のSIMカバーを開く
  3. IC(金属)面を上側、切り欠き部分を右にしてSIM カードをまっすぐ「カチッ」と音がするまで差し込む
  4. SIMカバーを閉じる

SIMカードの向きやきちんと押し込まれているかを確認してからSIMカバーを閉じましょう。入りにくいからといって無理に押し込んでしまうと破損や故障の原因になるので要注意です。

SIMカードの挿入は、機器の電源を落とした状態で行ってください。

ルーター端末にACアダプタを接続する

SIMカードの取り付けが完了したら端末本体にACアダプタを接続して電源を入れましょう。

ホームルーターには電源ボタンがありません。ルーターは、端末にACアダプタを接続し電源プラグをコンセントに差し込むことで起動します。

もしホームルーターの電源を切りたい場合は、ACアダプタを端末から引き抜いて電源プラグをコンセントから抜きましょう。

受信ランプが点灯しているか確認する

ホームルーターが起動したら受信ランプが点灯しているかを確認ください。引き続きSpeed Wi-Fi HOME L02を例にランプの確認事項を紹介します。

受信ランプの点灯の種類 Speed Wi-Fi HOME L02
アンテナランプが2つ以上点灯 黄点滅(3回):通信モードの切り替えエラー
赤点滅(3回):アップデート失敗
アンテナランプが1つのみ 緑点灯:ハイスピードモード利用
黄点灯:ハイスピードプラスエリアモード利用
黄点滅:通信モード自動切替オン
赤点滅(遅):アップデートあり
赤点滅(速):アップデート中
1つも点灯しない 圏外(電波ランプ)

ホームルーターには「電波ランプ」「Mode/Updateランプ」「Statusランプ」「Data Usageランプ」があり、それぞれ点灯します。もし電波ランプが消灯していた場合は、正しくインターネット接続ができていないので見落とさないように気をつけてください。

端末機種によって点灯や点滅の仕方、ランプの色ごとの意味が異なるので利用機種ごとに確認しましょう。
>>WiMAX製品一覧

スマホやパソコンで接続する際はホームルーター本体下部に記載されているSSIDとパスワードを各デバイスのWi-Fi設定画面に入力します。正しいSSIDとパスワードを入力しても通信が安定しない場合は、端末の置き場所を電波の良いところに変えて再起動してください。

WiMAXが繋がらない・圏外になるときの対処法

ここではWiMAX端末がインターネットに繋がらず、圏外になるときの対処法を紹介します。

繋がらない・圏外表示のときの対処法は、以下の通りです。

これら以外にもSSIDやパスワード入力で大文字・小文字・数字などに誤りがあった場合は接続が失敗するため再確認をしましょう。

SIMカードの向きが正しいか確認する

圏外表示でインターネット接続ができないときはSIMカードの向きが正しいか確認してください。

SIMカードはIC(金属)部分が表面になります。取り外しの際は金属部分に触らないように気をつけましょう。SIMカードの向きが正しくないと圏外表示になるので、挿入の際は向きの確認が大切です。

IC(金属)部分を上方面にしてSIMカードの切り欠き部分を先に挿入してあることを確認して再び端末を起動してください。

電波のいい場所に移動して再起動する

電波が弱く通信が安定しない場合は、窓際など電波のいい場所に移動して再起動しましょう。

再起動は電源ボタンを長押しし、画面から「電源を切る」を選ぶことで行えます。電源が切れたら再び電源ボタンを長押しして端末を起動してください。

もし再起動してもアンテナが1本または圏外と表示される場合は、利用地域で工事が実施されている可能性があります。工事中は通信が繋がりにくくなるので要注意です。

ルーター端末を初期化する

初期設定後、正しく通信できない場合はルーター端末を初期化することで解決できる場合があります。

しかし、初期化をしてしまうと工場出荷状態になるため、初期化をする前に以下の確認をしましょう。

  • 端末に最新ソフトウェアがないか確認(アップデート)
  • バッテリーが十分になるまで充電
  • 電波のいい窓際に端末を置いて再起動

これらの方法を行っても通信が改善されないときは最終手段としてルーター端末の初期化を行ってください。

ルーター端末の初期化方法をモバイルルーターW06とホームルーターL02別に紹介します。

Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi HOME L02
初期化方法
  • 電源を入れた状態でResetボタンを約5秒以上押す
  • Speed Wi-Fi NEXT設定ツールの「システム設定」から「オールリセット」をクリック
  • 電源を入れた状態でResetボタンを約2秒以上押す
  • Speed Wi-Fi HOME設定ツールの「システム設定」から「オールリセット」をクリック
  • どの端末も2種類の初期化方法があるので、好きな方法で初期化をしましょう。Resetボタンは小さい穴にあるので先の細いもので押す必要があります。手元にない場合はブラウザの設定ツールから初期化してください。

    もし初期化を行っても改善されないようなら初期不良の端末である可能性があります。サポートセンターに問い合わせをすることで端末交換ができるので相談しましょう。

    モバイルルーターのパフォーマンス設定の変更方法

    モバイルルーターは通信速度や消費電力のバランスを設定できるパフォーマンスの変更が可能です。

    パフォーマンス設定は主に「ハイパフォーマンス」「スマート(ノーマル)」「バッテリーセーブ(エコ)」の3つがあります。機種ごとに名称が異なることもありますが、機能はどれも同じです。

    それぞれの通信モードの詳細は、以下の表を確認ください。

    パフォーマンス設定 ハイパフォーマンス スマート(ノーマル) バッテリーセーブ(エコ)
    概要 通信速度のパフォーマンスが重視された通信モード パフォーマンスと電池持ちのバランスが良い通信モード 電池持ちを重視した通信モード
    最大接続時間 約7時間10分 約9時間 約11時間40分

    wimaxの通信モード切替設定画面は、ホーム画面の「パフォーマンス設定」をタップすることで表示されます。

    おすすめの通信モード設定はWiMAXの利用頻度や目的ごとにさまざま。日常使い程度ならスマート(ノーマル)のままでも問題ありませんが、用途ごとの使い分けを推奨します。

    普段からあまり使わない人や外出先でも利用する際は、バッテリー持ちを良くするバッテリーセーブ(エコ)がおすすめ。容量の大きいデータを送受信する場合は、通信パフォーマンスを重視したハイパフォーマンスモードに切り替えると良いでしょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    本記事では、WiMAXルーター端末の初期設定方法について紹介しました。モバイルルーターやホームルーターはSIMカードを挿入するだけで簡単にインターネット接続できます。SSIDやパスワードは入力を間違えると接続できないので最初はダブルチェックを行うと良いでしょう。

    もしインターネットに繋がらない際は電波環境の良い場所で端末を再起動することで解決することも。WiMAXをこれから利用する人は正しく初期設定を済ませて快適にインターネットを利用しましょう。

    最後に、本記事のまとめをおさらいします。

    • 正しい向きでSIMカードを挿入すること
    • インターネットに繋がらないときは電波の良い場所に移動すること
    • SSIDやパスワードに誤りがないように気をつけよう

    投稿者名: aya モバイルWiFi